FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の東北1日目-2 八幡平・曽利滝

2011年10月11日(火) その2


大場谷地湿原を出て、更に道を進んでいくと、紅葉がとても素晴らしいポイントがありました。

とにかくこの旅、出発の2日前に計画立て始めるというバタバタぶりだったので、
一体どこにどういう見所があるのかさっぱり分からない状態だったんですが、
一応、この日は、大沼という所を目指しつつ走っていたら、さっきの大場谷地湿原があり、
そして、ここ、曽利滝もあったという感じです。

ここは見所なのかどうかよく分からなかったものの、
きれいなのでちょっと車停めて写真撮りました。


曽利滝橋です。
橋にそう書いてあったので、ここが曽利滝だと分かった。
じゃないと、最後まで、ここがどこか分からないまま終わった予感。



この時は知らなかったけど、下まで降りられるらしいです。
下りるのはいいけど、登って戻ってくるのがあまりにきつそうなので、
上から見るだけで十分…。








ここで写真を撮ってる時、何度か、
ピントが全然合わず、シャッターを切ることすらできないという現象が起きました。
(AFだと、ピントが合って、ピピッという音がしないとシャッターボタンが押し込めません。)
新しいカメラだけ持ってきたことを心から後悔した…。
その後も、こういう写真(画面全体に紅葉がいっぱいみたいな写真で、コントラストが小さく、
細かい図柄、そして近いものと遠いものがあまり混在してないようなの)を撮ろうとすると、
シャッター切れないことが多数…。
なぜか空入れた構図だと大丈夫なんですけど。

旅行後、ニコンのSCに持って行って聞いてみたところ、
やはり、ピントが後ピンの状態だそうで、調整してもらいました。
ピントが合わずにシャッターが切れない現象が頻発した旨を言うと、
それは後ピンが原因ではないかといわれました。
たしかに、ピント調整してもらった後は、シャッターが切れないなんてことは
なくなりましたが…。
それにしてもよりによってこの日に…ってのは泣けます…。
やっぱり、ある程度みっちり使ってからじゃないと、新カメラ1本で旅に出るのは危ないな…。
車で行ける場所なら、いつもカメラ2台持って行ってるんですが、
飛行機や鉄道使っていく時は、それなりに荷物を持たないとダメなことも多いし、
私は全く腕力ないので、なかなか難しいんですよね…。



1日目-1 八幡平・大場谷地湿原 へ戻る ←   →1日目-3 八幡平・大沼 へ進む

紅葉の東北 八幡平・八甲田2011 index 


      *












  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する





旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。