FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

晩秋の信州2011 2日目-2 早朝の木戸池

2011年11月26日(土) その2


朝から志賀高原へやってきたのは、朝日が差し込む木戸池を見たい、と思っていたからなのに、
来る途中にちょっと寄り道してしまったので、既に完全に日なたになってしまってるかな、
と、ちょっと心配しながら、木戸池へ向かったのですが…。


7時を過ぎているのに、まだ全然日が当たってませんでした。
そんなに慌てる必要もなかったか。

ちなみに、路面ですが、蓮池の辺りまでは、全く雪も凍結もなし、
蓮池を過ぎたあたりからうっすらと雪だかなんだかよく分からんけど凍結してる感じ、
でも、スタッドレスさえ履いていれば、2駆でも問題なく走れる状態でした。

ともあれ、日が差し込むまでは、彩りに欠ける木戸池です。







やがて、少しずつ、日が当たり始めました。

7時46分。
木戸池に到着してから日が当たり始めるまでになんだかんだ30分は待ちました…。
でも、凍結しているような場所でバタバタするのも嫌なので、待つぐらいでちょうどいいですけど。







日が当たり始めた場所から、景色に色がついていく感じ…。



そして、日が当たる場所から輝き始める霧氷…。
朝だけの幻想的な風景です。
素晴らしい光景に感動しました。



池は、部分的にうっすらと凍っていて、凍っていない部分は水鏡の状態になっていて、
絶妙のバランスでしたね…。
もう少したくさん霧氷がついていたら、尚よかったのですが、この日の状態はこれでかなりよかった。


まだまだここに居たい気分だったのですが、
昨日見た、硯川周辺の霧氷も気になっていて、
こんなに天気がよかったら、日が当たるとすぐに溶けてしまうんじゃないかという心配もあったので、
心残りを感じながら、次へ向かいました。


2日目-1 北アルプスのモルゲンロート へ戻る←   → 2日目-3 霧氷三昧・硯川~陽坂 へ進む

晩秋の信州2011・霧氷を求めて index 




      *












  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する





旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。