スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜日記12 姫路・手柄山の葉桜と八重桜(2006.4.27)

2006年4月27日(木) くもり

もう私の中で桜は完全に終わっていたが、
歯医者帰りに、ちょっと寄り道して、姫路の手柄山に寄ってみた。
11日に雨の中見に来て呆然とした場所だ。

意外なことに、葉っぱが完全に出ているのにまだ花がついてる桜もあった。
しかもけっこうしっかりと。
19日に姫路城に行った時の桜は、完全に花が落ちてる状態だったのに。
品種の問題?よく分からない…。


木全体はこんな感じ。

      *   *   *

しかしこの日、満開だったのは八重桜…。
だが、私は、八重桜は嫌いなのだ。
桜が持つ、繊細で儚いイメージは微塵も感じられない…。


これなどは、まだ色も淡く、ちょっとかわいい感じだったが、
ほとんどのは濃いピンク…。どうもインスピレーション?が沸かない…。

とりあえず数枚、撮るだけ撮っておこう…ってことで撮って、帰ろうと思ったが、
ふと接写すればそれなりかも? と思って大きく撮ってみた。

大きく撮ればけっこう楽しめるかもしれない…。
たしかに儚さは全くないが、ゴージャスだ。


くすだまみたいでおもしろい被写体だとも思う…。


まあ全体像はこんななので、やはり近付いて撮る以外に満たされる方法はない…。

そして、来たのは夕方。しかもまた曇り。
あんまりパッとしない写真の連続になってしまった。

やっぱりどうも天候的に巡り合わせが悪い…。
翌日は晴れてたけど、わざわざ八重桜のために出直す気もなく、
今度こそ、地味に、桜シーズンを終了…。

はー、長かった。

    
    *   *   *

雨・曇り・黄砂 の連続で、結局ソメイヨシノの満開の日は全くきれいに晴れなかった2006年の桜シーズン。
満開になった途端の強い雨であっという間に散ってしまったし、本当に苦戦でした。かなり疲れた。
そしてすっかり黄砂恐怖症…あんな恐ろしいものはない。

でも、なんだかんだ言いつつ楽しかった。
やっぱり満開の吉野に行けたのがよかったですね。

ただ、時間を割いたわりには、成果が薄かった感は否めず…。
来年以降はもっとメリハリつけて、天気のいい日に最大限に動き、
天気悪い日や散ってるの分かってる日まで動くのはやめよう。
とりあえず来年こそは京都へ行きたい。

また来年以降も平和に桜が楽しめるように祈りつつ。


桜日記2006-11 姫路城・散る桜 に戻る←   → 桜 index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/121-929fe8f6




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。