スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の奈良5 吉水神社の一目千本、そして山を降りる

中千本の山が想像よりよかったのと、想像よりも距離があったのとで、
気付けば予定より1時間ぐらい押してしまっている!
中千本付近の参道に戻ったのは14時近く…。

幾度も幾度も弁当を広げてゆっくりしていらっしゃる方々を横目に、
私はろくに茶すら飲まず、そして全く食べず、ひたすら桜を見ることと写真を撮ることに
没頭しているにもかかわらずこんな時間に!なぜだ!?
もう本来ならここを出発している時間ではないか!
4時間あればじゅうぶんと思ってたけど全然足りないのですが!



急いで歩くものの、けっこう人が増えていて歩きにくい。(この写真は少なめだけど…。)
両脇にびっしり土産物店があるので、立ち止まっている人も多数で、流れが悪いのだ…。
中千本の山の中の道は人はまばらだったのに…なぜ?
というか、ここにいる人たち、こんなとこにいないで山の中に行った方がいいと思うんだけど…。
もったいないよ、参道をうろうろしてるだけじゃ…。



予定時間を過ぎていたので急ぎつつも、参道脇に、吉水神社、というのがあり、
ここから、上 中 一目千本 というポイントがあるというので寄ってみることにする。
↓これは、吉水神社へ向かう途中の道。

参道から一歩脇道にそれると、こんな落ち着いた佇まいに…。落ち着く…。
今まで気付いてなかったけど、どうも私は土産物店びっしりは苦手なようだ…。

軽い坂を下って、そして登った先に吉水神社はあった。
神社手前に、一目千本ポイントがある。人がたまっていた…。

見晴らしポイントの一番前にはもちろん人がしっかりいるので、かき分けて前に行く。
あんまり広くないので1箇所にたまってしまうのはしょうがない。
平日だったから普通に見れたけど、休日だったらけっこうきびしそうな気が…。

あ、一応まともに桜だけのも撮りました。

本当に、山いっぱいの桜。
やはり写真はあれだけど…なんでこんなにヘタなんだ…本当はこんなにくすんでません…。

吉水神社の中には屏風?だかなんだか値打ちのあるものが公開されていて、
しかも、写真撮影可という太っ腹な状況らしいのですが、
急いでいたのでそれはあきらめ、桜だけを集中して見る…。
全然分かってなかったけど、ここって、義経と静御前ゆかりの場所なんですね…。
去年、大河ドラマでみたけど、追われて逃げ回っていたあんな奥深い山が、
今はこんなことになってるのか…。
あまりにもの変貌に驚きますよ。でもそれが残ってるというのもまたすごいと思う。


…。
本来なら、ここで、もっと吉水神社の境内とか、鳥居とか、いっぱい撮るであろうはずなのに、
猛烈に急いでいたのですっかり撮るのを忘れていた…後悔…。
ま、まあここは、かなり吉野の中央部というか、便利な場所にあるので、
もしかしたらまた行く機会があるかもしれないし…ということにしとこう。


再び参道に戻り、帰りを急ぐ。なんだかさっきよりますます人が増えてるような。

とにかく、午後はものすごく人が多くて、サクサク歩けない。朝はあんなにすいてたのに。
9時半に着いた時は、出遅れた!と思ってたけど、別に出遅れてはなかったようだ。
昼頃から、やたらヘリコプターが頭上をバラバラ飛んでいて、よけいに気が急く。
たぶん新聞社のヘリだろう。
次の日の新聞(関西版のみでしょうが)に、吉野を上空から撮った写真が出てたし。


中千本の山の途中からというもの、ゆっくり見る→走って移動 の繰り返し。
金毘羅宮行ったときと全く同じパターンだ。なぜいつもこうなってしまうのか。


車を預けていた下千本の駐車場に近付くと、
行きにも見た下千本の七曲りの辺りが見えてきて、やっぱりその中を歩きたい!と思いつつも、
中千本で桜の中は歩いたし、下千本はもうかなり散りかけているからやめておこう、という
理性の方が勝って、七曲りはあきらめることとしました…。
いつかまた吉野に来ることがあって、その時、下千本が満開だったら見よう…。
たぶんそんな時はない気がするけど…。


結局14時30分頃までいました。滞在5時間。でもまだ見足りません。
七曲りと、あと、如意輪寺は時間なくてあきらめたので未練。
吉野は見所多いから丸1日要る…心からそう思った。まあ開花状況にもよりますけどね。
(逆に桜が咲いてなかったり、雨だったりしたらすることないと思う…。)
次来ることがあったら、奈良で一泊するのもいいかもしれない…。
それか、5時出発か。6時半では遅かった。

ともかく吉野、すごくよかったです。
ここ数年、
「桜は、周囲の景色との調和が重要なのであって、山に桜が咲いてるだけじゃダメだ」
という考えに転びかけていましたが、ここは別格だと思った。
午後になって、多少景色が霞んできたのが(また黄砂?)残念ですが、
でも、これだけ咲いてて日差しがあれば、大満足!
写真はいまいちなのばっかりだったのがあれですが…でも満足度かなり高し!
きっといつかまた来ようと思います~。

で、この後は、少し遅くなってしまったけど、又兵衛桜を見に、北へ数十キロの宇陀へ向かう。



4.満開の中千本 に戻る←   →6.宇陀・本郷の又兵衛桜 へ進む

桜の奈良index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/130-049ab01a




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。