スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

餘部1 ローカル列車を乗り継ぎ、餘部へ

2006年2月13日(月) 快晴

いつかは見たいと思っていた餘部鉄橋。
2006年にも架け替え工事が始まる、という話を知ったのは、2005年の秋頃。
(その後、結局、2007年春からになったとかなんとか。詳細は不明…。)
こ、これはいかん! 今のうちに行っておかなければ!!
ということで、2006年2月13日、快晴の中、行ってきました。

この日は朝、雪が残ってるかも?と少し心配だったので、車で行くのは断念し、珍しく鉄道で。
現地ではあまり移動できないので、がっつりと1日かけて餘部を見ることにしました。

餘部へ行くまでの乗り継ぎは猛烈に悪いので、
朝6時48分姫路発の播但線に乗ることを目指し、
朝6時過ぎには家を出る。
夏ならまだしも、2月だと真っ暗…。
(かすかに明けかけ?)
冬好きなのでこういうのが既にわくわく。
楽しい!


JR姫路駅で、夜明けを迎える。
冬の夜明けは反則的にきれいだと思う。
ますます盛り上がる旅気分。
JR姫路駅は、2006年3月22日で高架化されることが決まっていたので、見れてよかった。
(注:播但線と姫新線に関しては、それ以後もまだ高架化はしていませんが。)


当然朝食は食べてきてなかったので、
姫路駅名物、駅そばでも食べようと思っていたら、
朝が早すぎて、まだ開いてなかった…。
こんな時間に姫路駅に来たことないから知らなかった…。
しょうがないので、途中の乗換駅で食べることにした。


播但線の出発する姫路駅31番ホーム
姫路駅に30本ものホームなどない。
なぜか10番台ホームの次の番号がいきなり30番台なのだ。
散々な待遇である。




途中、寺前で1回乗り継いで、8時20分、やっと和田山駅着。
各駅停車に乗ってきたので、ここまでで、姫路から1時間30分…。
それにしても、和田山は雪!
前日に降ったという情報があったので期待してたけど、
ここでもう雪が見れるとは!
播但線はここまでで、和田山から、山陰線に乗り換え。
このあと乗る豊岡行きの列車は8時58分発。乗り換えの待ち時間、38分…。
いよいよローカルな旅らしくなってきました。



時間があるから和田山でそば食べようと思ってたのに、ここでも…。
こんな貼り紙してあるけど、向かいのホームのも閉まってた…。
でも、雪があって楽しかったので、写真撮って過ごしたりした。



和田山は内陸部で日本海側とは言い難いと思ってたけど、
姫路からわずか1時間半で、こんな別世界とは新発見。

そんなこんなで和田山を出発。



そこから先は、車窓風景もすっかり雪景色。



車内。
とても恐ろしいのだが、扇風機があるというのは一体どういうことだろう?
まさか、冷房がないということじゃないだろうな…。
夏の豊岡は関西屈指の猛暑地帯なのだが…。
今はもう扇風機は使われていないことを祈らずにいられない…。



車窓からは円山川も見えた。
というか、普段、どこか行く時はほとんどが車なんだけど、
車だと効率よくいろんなところを回れていいけど、
電車だと車窓風景が撮れて楽しいですねー。
(まあ好きなとこで止まれないのは残念ですが。)


豊岡で、さらにもう1回乗り換え。
結局乗り換え3回を経てやっと日本海が見えてきた。
これは、たぶん餘部の1個手前の、鎧 駅のちょっと手前ぐらい。
(だったと思うけど、自信なし…)
とにかく真っ青な海がめちゃくちゃ綺麗。


そしていよいよ餘部鉄橋を渡る。




今、まさに渡っている状態での、車窓からの風景。
ついにここまで来たよ…! いやもう本当に感激!



10時27分、ようやく餘部駅に到着。
餘部駅は、鉄橋を渡りきってすぐの場所。
姫路駅を出発してから、3時間40分。長かった!
思ってたよりも多くの人が降りてちょっとびっくり。(といっても、20~30人程度だが。)
みんな考えることはおなじということか…。



ちょっとブレ写真だけど、餘部駅。
もう1個上の写真もそうだけど、餘部駅は、山の北側にあって、おそらくほとんど1日中日陰。
なので、またも、写真のホワイトバランスが狂いまくり、
駅を撮った写真はほとんど妙な色合いになってしまった…。

まあ、そんなこんなで、天気も申し分ないことだし、このあとじっくりゆっくり餘部観光開始。


→餘部へ列車の旅2 餘部駅付近からの鉄橋 へ進む

但馬旅行2006 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/146-bfe1f6f2




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。