スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

棚田巡り・長崎~佐賀 2日目-6 浜野浦の棚田・夕景

2013年5月2日(木) その6


※更新が大幅に遅れていて、この記事は2016年に作成しています。
 いろいろ時間の経過としておかしい部分があったり、
 当時と今でその場所の状況が変わっている場合がありますが、ご了承ください。



大浦からさらに道を進むと、浜野浦の棚田があります。
ちょっと道を間違えたりして、想定より時間がかかってしまって、
車を停められるかかなり心配したんですが、無事、駐車場に停められました!
撮影場所も何とか割といい場所確保できました!よかった!

翌日からGWだし、この日は文句なしの晴天だったし、混雑が心配だったんです。
混む混まないは、どうも、あれこれ考えてもけっこう予想外しますね。

今回は、写真が多いので、記事を2つに分けようかと思ったのですが、
更新も遅れていることだし、もう一気にアップします。
なので、延々と写真続きますが、どうぞよろしく・・・。


そんなこんなで、割といい感じの条件の中、撮影開始です。


17:56
とはいっても、なかなか夕日タイムにならない。
既にけっこう待っているけど、まだこの状態。
予定より遅れて入ってさえも、けっこうな待ち時間。
場所は確保できたものの、後からけっこう人も増えてきて、三脚びっしりになってきたので、
席は外しにくく・・・。けっこう待ちました。



18:07
少し色がついてきましたかね・・・でもまだまだ。



18:29
ようやく始まってきました。



1枚目の写真と同じような構図ですが、やっぱり色がつくと違いますね~。



キラキラしている時間帯。

18:30



18:36
本当は、こんなふうに、もっと太陽を入れて撮りたいんですけど、
太陽を入れようとすると、電線が・・・邪魔をするんです・・・。
もう少し沈んでこないと、太陽が入れづらい。

基本、電線はそこまで排除派じゃないんですけど、ここのはキツイ。
新潟の星峠の棚田の電線もきついけど、
やっぱりここ浜野浦が一番キツイ場所だと思う・・・。




18:37



18:38



18:38

美しいオレンジ色に染まる棚田・・・。

前にも同じことを思ったけど、両側を山に囲まれた場所にこんなに水田があって、
ちょうど田植で水が張られるこの時期に、この狭い谷間にうまく太陽が沈むなんて、
奇跡的な確率だと思うのです。
狙ってさえも、ここまでそうそう揃うものじゃないですよ。
本当に、何度来ても、感動を覚えます。


で、過去にここに来た時は、この辺まではよかったものの、この後、失速っていうパターンが
多かったんですが、今回は、この後もけっこうよかった。
刻々と変化する色に、飽きている暇がありません。



18:40



18:43
やっと、画面に太陽を入れても、電線が入らない位置まで来た。


18:46
過去、ここに来た時は、黄砂だかPM2.5だかで、まずこんなに空気が澄んでなかったし、
そもそも、なぜかいつも、水平線上に分厚い雲があって、
18時40分頃には、太陽は蜘蛛の中に入ってしまっていたのだ。
が、今日は違う!
あの忌まわしい雲がない!
ここから先は、初めて見る光景だと言っても過言ではない。



18:48
特に、この淡い感じのグラデーションは、すごくよかった・・・。
ああ、ここまで来てよかったな~。
今回もまたあの分厚い雲があったら、また無駄打ち??
と思うと、来るのを躊躇しそうになったんですが、
無駄打ちを恐れていては絶景には出会えないのだ。




18:48
電線がなければ、広角命の私は、もっと引いた構図もいっぱい撮るだろうに・・・。






18:50



18:50



18:51
やがて、紫系の色に変化していきました。
深い色も美しいです・・・。




18:54
まあ、贅沢言うようですけど、水平線の雲はなくてうれしいけど、
頭の上には少しぐらい雲があればよかったなと・・・。
この天気じゃ、焼けはいまいち期待ができない。

それにしても、電線が邪魔で・・・。



18:55



18:55



18:56



18:58

夕日、なかなか粘ります。




18:59
ここで、ついに夕日は雲に沈みかけ。


19:00



19:01
なかなか粘りながらも、うっすらとでも太陽が見られたのは、ここまででした。




19:02
沈んだ後も幻想的です。
天気がいいから、青い色もきれい。



19:05



19:06
後ろ髪を引かれながら、ここまでで、撮影終了しました。

できれば、もう15分ぐらい粘りたいとこでしたが、
この日は宿泊地が長崎市内だったので、遠いし、疲れがピークに達していたので自重しました。
まだまだいい写真が撮れそうな時間帯だとは思うのですが、みなさん撤収の早いこと早いこと。
私が帰った時点で、残ってるの数名でした。



今回は、過去に訪れた中でいちばん良かったので、けっこう満足度高かったです。
しかも、前に来た時は、1週間程度遅い時期だったので、稲がもう少し伸びていたのですが、
今回は田植えして間もない状態だったのもあり、そういう意味でも美しかったです。
やっぱり、GW明けじゃ、気持ち遅いんですよね~。
かといって、GW中は九州まで行く気にまずなれないし。
(浜野浦が混んでるのか混んでないのかは知らないけど、途中の交通や道路の混雑、
宿やレンタカーの予約が困難、しかも、ヘタすると料金も高額、など、とても遠征する気になれない。)
ここも、GWに阻まれる場所だわ・・・。


とにかく今回は、このために来た旅行だったので、ここが当たって本当に良かった。
最後、空が焼けなかったのは残念だったけど、それはまたいつかの楽しみに。
でも夕日がここまで粘ること自体が少ない場所なので、
一度、こういう条件で見てしまうと、次、これ以上が見られるかどうかというと、
何だか見られない気がして、次の挑戦に二の足踏んでしまいます。
結局これを見たのが2013年、その後、2016年まで行ってません。

またそのうち、行きたいとは思いますけどね。
棚田は消えゆく風景なので、見られるうちに、心ゆくまで見ておかないと。



2日目-5.大浦の棚田 へ戻る ←    → 3日目-1.長崎空港 へ進む

棚田巡り・長崎~佐賀2013 index 


      *






  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント:2

コメント

おはようございます

棚田のお写真とても素敵ですね!
夕方の空、水田にうつる微妙な色の感じが美しい!
棚田と山と夕日でこんな場所があるんですね、、、
美しい景色いいですね〜心に響きます。
  1. 2016/10/06(木) 08:13:34 |
  2. URL |
  3. MT #-
  4. [ 編集]

Re:

MTさん、こんにちは!

ここの棚田は、かなりおすすめですよ!
かなり不便なところにあって、行くには覚悟がいりますが、
行く価値がある場所だと思います! 
不便な割には、道路はちゃんとしていて走りやすいので、
時間がかかることを除けば問題ないですし。
もし4月末か5月初旬に九州へ行く機会があれば是非。
  1. 2016/10/06(木) 17:58:28 |
  2. URL |
  3. かわ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する





旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。