スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

餘部3 餘部集落(山側)から見た鉄橋

2006年2月13日 その3

次は集落に降りてみて撮った写真。
餘部駅はけっこう高い位置にあるので、駅付近から見るのと、集落から見るのとでは
全然違って見えました。

大きすぎて全体がなかなか入らない。



これは、上の写真よりもさらに近付いて撮ったもの。本当にデカイです。



川の向こうに見えているのは日本海。



小学校の裏手から。
この構図が一番お気に入りです。これに関しては電車もうまく入ったし。


(左)餘部小学校と鉄橋 (右)そこに向かう道   クリックすれば少し大きくなります。
…小学校の屋上から見たらきっといい感じに見えるだろうなあ…鉄橋。





鉄橋の下へ行く道。



その道をもっと進んだところ。



この上ともうひとつ上の中間ぐらいの位置から見たところ。
やっぱり地上からだと離れたところからでもなかなか全体は入らないですねえ。



ちょっと見上げる感じで。
左の写真、構図は気に入ってるし、せっかく電車が来たのに、見事に電車が画面から外れてしまった…。

駅の近くから撮った時も思ったけど、手持ちのカメラが、1枚撮ったあと、次撮るまでに予想以上に時間がかかり…。
この日までは特に思ったこともなかったのですが、この日1日で何度もコンデジの限界を見て、デジ一欲しいと思った…。
ついでに言うと、こういう、写真愛好家の集まる場所に来ると、その辺にいる人、ほとんどが一眼レフ持ってて、私のようにコンデジで液晶画面見ながら撮ってる人は圧倒的に少ないです。
この日はいろんな意味で違う世界を見た気がしました…。



集落にある寺。ここからも鉄橋が見える。
写真的には色が変になってしまって失敗…。



駐車場は10台ぐらい停められる無料のが鉄橋の真下にあります。
だいたいいつもかなり溢れかえっています。
(でも全く停められない感じではなくて、もしいっぱいでも、
まあちょっと待ってればなんとかなりそうではある。)



この白い建物、やたら写真に入りまくっていますが、喫茶店です。
微妙に景観と合わない…と思いつつも、この日、私は朝5時から起きて活動しているにもかかわらず、
昨夜から何も食べてなかったので空腹に耐え切れず、ついうっかり入ってしまいました。
で、これが注文したミックスサンドとアイスティー。
ミックスサンドはかなりボリュームがあった。
ちょうどお昼時は電車の間隔が開いてる時間帯だったせいか
店内、かなり混んでいました。




午後になるにつれ、だんだん逆光ぽくなってきた…。
でもとにかく、家の屋根のはるか上を列車が走ってるのを見ると、本当に迫力です。
(同じ位置から鉄橋見ても、やっぱり列車のあるかないかの違いは大きい。)

写真では全く伝わらないけど、電車がトンネルを抜けてきて、鉄橋を渡る時に、
ゴーーーガタンガタンガタン って感じの音が響いてくるので、迫力もさらに増します。
海の波の音も常に聞こえていて、臨場感がとてもよかった。


…でも今、改めて見たら、構図とかもっと工夫できたんじゃないかなーとちょっと残念な
気持ちにもなったり…。
5時間も粘った割に、きわめて平凡な写真ばかりになってしまった。

といいつつ、まだ、海側から見た鉄橋の写真へと続きます。


餘部2 餘部駅付近から見た鉄橋 に戻る←   →餘部4 餘部集落・海側からの鉄橋 へ進む

但馬旅行2006 index 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/148-1b0d7e37




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。