スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

初夏の但馬3 山陰本線 鎧駅 に立ち寄る

2006年5月25日 その3

2月に餘部に来た時に、なんとなく気になっていた鎧(よろい)駅。
餘部駅と香住駅の間にある、小さな駅です。


JRの何かのキャンペーンで?ポスターになったこともあるらしい?
(すごい聞きかじりなので、ウラとってません。違ってたらごめんなさい。)
というのも聞いて、行ってみたいと思っていた。
けど、電車だと逆に行きづらい。
ここで降りちゃうと、また次、餘部に行くのに、1時間以上電車待たなきゃならないし。

今回、車だったので行くことができました。

マイナーにもほどがある場所で、駅に行くには国道から分かれた細ーい道を通って
行かねばならず、ものすごく不安になる。本当にこの道で合ってるの?と。
しかも、信じられないことに、駅のあたりまでで道は行き止まり…。
しかし、物好きは他にもいて、バイクで旅をしている風の兄ちゃんも来てました。


駅舎です。真ん中の小さな四角い建物がそう。
想像以上の小ささにびっくり。電話ボックスの大きさとの対比で想像してみてください。



駅の正面に回ってみました。究極のシンプルさが、とてもよいです。



でもね、ホームはなんと!ちゃんと2本あるんですよ!!
餘部は1本ですから!! 駅的にはこっちの方が立派?
画面手前の地下道入口からくぐって、向こうのホームへ行くのです。


地下道は人がとにかくいないので、正直不気味だった…。
下の方、かなり暗いし…。
しかも、なぜかものすごく深い。
にしても、めちゃくちゃ電車の本数少ないんだから、
警報機つけて、線路を渡る形にした方が…
と思うのは私だけですか…?




海側のホームに渡り、反対側から見た駅舎。



駅標と海を同時に画面に入れるのが、なかなか至難の業。



ホームから見た、鎧付近の漁港。日本海の美しさに感動~。



エメラルドグリーンの海。これ見ただけでも鎧に来た価値あり。

にしても、見てお分かりかと思いますが、かなり高い位置にあります、この駅。
けっこう山が、海ギリギリまで迫ってるわけです。
で、このままの高さで、餘部へ行き、あの鉄橋があるわけです。

↓画面奥の、このトンネルを抜けると、もうそこは餘部鉄橋の上。という。





どこまでもシンプルな駅がとても旅情って感じでした。
そして、本数のとても少ない時刻表。

とにかく、最初にバイクでの旅行者1名を見た以外は、誰もいず、
晴れててすごく明るいのに、ただただ静寂なのが何か違和感で、不思議な感覚に陥りました。
とにかく海がすごく綺麗だった。きてよかった。



てわけで、次はこのトンネルの向こう、餘部に行きます。
線路から行くとすぐだけど、陸路だとぐるっと回るのて10分ほどでしょうか。



初夏の但馬2 香住・大乗寺 へ戻る ←   →初夏の但馬4 餘部・初夏編 へ続く

但馬旅行2006 index




  1.   トラックバック:3|
  2. コメント:2

コメント

ご無沙汰しておりますが、
鎧駅をみつけて嬉しくなったので
コメントしてみます^^

JRのキャンペーンで利用されたのはおそらく
「青春18切符」のキャンペーンだと思います。

参考↓
http://www.sight-seeing-japan.com/img/18ticket_img02wi.jpg

印象的な駅デスよね。

     * * *

小説やドラマでも
宮本輝の長編小説「海岸列車」
NHK朝の連続ドラマ「ふたりっ子」
などにも使われていたりしています。


興奮して色々書いてしまいました、
お目汚しを申し訳ありません<(_ _*)>


  1. 2007/07/08(日) 00:48:18 |
  2. URL |
  3. kc #sSHoJftA
  4. [ 編集]

kcさん

お久しぶりです。いつもkcさんのページ、拝見させていただいてます。

kcさんも、餘部や鎧に行かれたのですね!
餘部が観光客で賑わっている隣で、鎧はそれが嘘のように静寂で
とても気に入った場所です。
すごく印象的な駅ですよね。

JRのポスターへのリンク、ありがとうございます!!
今見れるとは思ってませんでした。感謝です!
そうか…この角度もいいな…。と、改めて…。
また行く機会があれば再訪してみたいです。

小説やドラマでも出てたのですか!
私ももっとアンテナを広げないとなー…。
  1. 2007/07/09(月) 00:38:33 |
  2. URL |
  3. かわ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/155-2c64918b

餘部旅行記 I / Amarube Photojourney I

昨夏に訪れた餘部をシリーズにして。
  1. 2007/07/08(日) 00:52:28 |
  2. I heard she said...

餘部旅行記 II / Amarube Photojourney II

鎧の駅は1912年に出来たもので、もうすぐ100歳になるわけだ。
  1. 2007/07/08(日) 00:53:39 |
  2. I heard she said...

餘部旅行記 III / Amarube Photojourney III

鎧駅にて。列車は次の駅、餘部へ。
  1. 2007/07/08(日) 00:55:11 |
  2. I heard she said...




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。