スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

初夏の但馬4 餘部・初夏編

2006年5月25日 その4

鎧駅から車で10分ほど。餘部にやってきました。
どうしてもこの時期に来てみたかったので、無理して時間作ってきたのです。
水の張った田んぼの水面に写る鉄橋が見たかった。
余部鉄橋は、2007年春から架け替え工事が始まる予定、とのことで、
田んぼに水が入る時期に見られるのは今年が最後だと思われるので。

で、まあ、見れたんですが…。

い、いまいち写真がパッとしない…。なーぜーだー。
そもそも、餘部に着いた頃からなんとなく雲行きが怪しくなり始め…。
鎧駅にいた頃はあんなに爽やかだったのに。
ていうか、当日朝発表の天気予報でも「晴れ」一本であることを確認してきたのに
なんてことだーーー!!!

曇ってる時に普通に撮ると、空が真っ白に飛んでしまう。
それが嫌なので露出を下げる。
元々曇ってて景色自体が暗いのに、さらに露出も下げるから、どんよりとした写真に…
という典型的パターンにはまってしまった…。

↓これなどは、珍しく、あとで明るめに補正入れたぐらい。

しかも、私のデジカメでは、広角側がたりず、
鉄橋を、実物のと水面に写ったのと両方全景入れようとすると、きつきつに…。

これ撮った方のじゃないもう1個のカメラの方が、多少広角が広いんだけど、
歪曲収差が激しくて、こんなに上と下の端っこに鉄橋が入ると、
まっすぐなはずの鉄橋がぐにゃっと曲がってしまって見れたものではないし。
かと言って、縦構図ではいまいち迫力がない…。どうしようもないです。


そんなわけで、田んぼはひとまず置いといて、駅まで登ってみることにした。


駅に登る登り口付近の鉄橋のふもとには、黄色い菖蒲?の花が咲いていて、
近くのうちでは鯉のぼりが上がっていて、なかなかよい感じ。
(なぜか晴れてきてるし。)
この辺は、節句も一月遅れで、6月5日まで、でいいのかな?上がってるので、
5月末のこの日もまだ鯉のぼりがあったのでした。思わず見れて嬉しい。



もうちょっと登ったとこから、さっきの鯉のぼり。
やはり鉄橋、高いなあ…。



もっと上から見たら、他にも何軒か、鯉のぼりが上がってた。


…にしても!駅までの登りがキツイ!!何だこのきつさは!!息が上がりっぱなし。
同じの登るのでも2月だとどうってことなかったのに…。
やはり私は夏になると動きが悪くなってどうしようもない…。



そして、3ヶ月ぶりにやってきた、餘部駅~。
ていうか、まだこの時は3ヶ月しか経ってなかったのか…。
冬から夏になっちゃうのはあっという間やね…。



お立ち台からの定番撮影。
やはりここに来たからにはここから撮らなきゃね。
この時は、私以外2人しかいなくて、とてもやりやすかった。
前回の失敗を胸に、今回は少し考えて撮ったので、電車の位置とかはいいのじゃないかと思われる。
が、どうも色が変だ…難しすぎる…。



お立ち台から撮ったあと、ホームに下りてみる。
ワンマン列車なので、乗降に時間がかかるため、けっこう停車時間が長いのだ。
この日は特に降客が多かった。
その様子も写真には撮ったが、もろ降りてきた客の顔が写ってるのでアップするのは
やめておこうかと。
もうね、ホーム、ひしめき合ってましたね。30~40人ぐらいかな。
平日なのに、こういうこともあるんですねえ…。
バスツアーの行程の一部に入ってるらしく、たぶん香住あたりから乗ってきて、で、
餘部をちょこっと見たあと、バスに乗って去ってく模様。
そして、いきなりだだ混みなお立ち台。
この列車が着くまでは3人だったのに。
もう1回のぼるのはあきらめた。

ツアーってバタバタしてそうで大変だなあ…と思った。
けど、自分でここまで運転して来れないとなると、ツアーにでも頼らなきゃ、
京阪神あたりから日帰りってきびしそうだし、しょうがないのかな…。


駅がにわかに混んできたし、もう駅は前回も散々撮ったのでいいかということで降りることにした。

海側からの構図で。この時きた列車が長すぎて、入りきらん。
というか入りきることは入りきるが、逆光でそんなことをやってみても、
鉄橋の上の部分なんだか、列車なんだか分からないので、あえて全部入れるのはやめた。
ここは、北から鉄橋を見る感じなのですが…一体何時ごろがいちばんいいんだろう…。



さっき上の方から見えてた鯉のぼり。と鉄橋。
天気はいまいちだったけど、風が出てきて、それは鯉のぼり的にはいい感じ。



で、今度は鉄橋を越えて、再び鉄橋の南側(山側)へ戻ってみる。
一応、薄日は差してるんですよ…でもスカッと晴れてくれないという…。
前回来た時が、あまりに天気がよすぎて、今回も、天気予報さえ見て日を選んでくれば
1日中快晴なのがあたりまえだと思ってたのが甘かったなあ…。

…この程度の天気でブツブツ言うのも贅沢なんですけどね…。

で、再び最初にきた田んぼのあたりに。
今度は電車を待ってみました。

またさっきのと同じ長い電車。これは特急なんでしょうね…。
鉄道に全く詳しくないのでさっぱり分かってないんですが…。


今度は短い方の電車が来た。個人的にはこっちの方が好き。
電車の本数が少ないのに、来る時は、6~7分ぐらいの間隔で来て、で、次1時間以上来ない、
とかなので、その点は撮影に不向きだ…もっとまんべんなくしてほしい…。



餘部小学校裏手のちょっと高い場所から。



田んぼと、餘部小学校と、余部鉄橋。



今回は車なので、もう少し離れたとこまで行ってみた。

遠くに行くほど小学校が目立ちますね。
一面の田んぼの中、晴れてたらもっと気持ちのよい風景だろう。
しかしこのあたりで、雨が数滴ポツッと…。ああなんてことだ…。


さらに離れる。
写真じゃ分かりにくいかもしれないけど、道路に、
「さようなら余部鉄橋 ありがとう余部鉄橋」のゲートが。
ああ、こういうの見ると焦るなあ。


とにかく今回の餘部の写真は散々になってしまった…
田んぼとか、鯉のぼりとか、滞在時間の割には電車がいっぱい見れたりとか、
シチュエーションはけっこうよかったんですけどね…。
やはり天気は重要ですね…。

この記事書いてるのは2006年10月なのですが、
9月にデジタル一眼買ったので、もう1回、餘部に行っときたい!などと、ちょっと思っていて…。
でも如何せん、餘部は、兵庫県在住の私ですら遠い場所…。
行く時間があるかどうか。
まあ、またちょっと暇な時期にでも考えてみよう。
本当は、来年の、田植えの季節まで工事が始まらないでいてくれるのが
いちばんの理想なんですけどね…なんとか遅れてくれないものか…。


さて、雨を心配しつつ、次は豊岡に、コウノトリを見に行きます。
餘部で思ったより時間を取ってしまったので、予定が押してます。


初夏の但馬3 山陰本線 鎧駅 へ戻る ←   → 初夏の但馬5 コウノトリの郷公園 と 出石 へ続く

但馬旅行2006 index 



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/156-cde9652b




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。