スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

南九州 1日目-3 阿蘇・中岳火口付近

草千里の次は、中岳火口へ向かいます。
火口は、実は前日まで行くつもりがなかったものの、なんとなくガイドブック見てたら
よさそうなので急遽付け加えた場所。
でも、曇ってるのでテンション落ち気味なこの時の私はめんどくさくなってきた。
火口に行くにはロープウェイに乗らないといけないと思ってたし、
もし待ち時間がけっこう取られそうなら次の目的地にも差し障りがあるので、やめとこうかなー…
と思って、ロープウェイ乗り場付近まで行って様子を探ってみることに。

そしたら、どうもロープウェイに乗らなくても、車で上まで行けるみたいじゃないですか!
そ、そうだったのか! そんな便利なことになってるとは知らなかった。
有料だけど(500円ぐらいだったか…)ロープウェイ料金と大差ないじゃないか。
車で登れるんなら来てよかった。


3分ぐらい車走らせると火口近くの駐車場に到着。駐車場で降りて、すぐの光景が、↑これ。
こんなに近くまで車で行けるなんて。これは来ない手はない。
火口までは100メートルぐらい。ちょっと上り坂。



こういうのを見ながら火口に向かいます。


そして、火口到着~。

全く予備知識なしに来たので、中にこんな水色の液体がたまってるなんて知らなかった!
予想以上に迫力があり、臨場感もあり、ちょっと感激~! 
予備知識なく来る方がわくわくすることもあるものですねえ。

ちょっと角度を変えた位置から、また火口。(上のと似てますすみません。)



火口、アップ。

一眼買ってから、躊躇なく望遠が使えるようになって嬉しい。
コンパクトデジカメでは、望遠になると画質がいまいちだったので…。



火口の周辺は、↓こんな感じで遊歩道になっていて、
溶岩がゴロゴロしている中を歩くことができるのでちょっと歩いてみました。




火口以外はさほど期待してなかったというのに、けっこうなスケール。
ダイナミックな光景が次々と。かなり想像以上。

岩がゴロゴロと。


地層も、一体どうすればこんな形になるのかという、不思議な模様。


とにかく大きくて広い。向こうの方~まで遊歩道が延びている。
時間的に全部見るのはとても無理だ…。


それにしても、不思議な岩や土の色…。


赤い色の草もよりいっそう雰囲気をアップ。
これは枯れてこの色になってるのか、元々こんな色なのかよく分からないです。


いやー、見ごたえあります。イメージは、火星…。
いや、火星がどんなのかあんまりよく知らないけど…。



こういうコンクリートの建物が、至るとこにあるのですが(1個上の写真の中にもある)、
これって待避所らしい。噴火した時のための。活火山だなーと、改めて実感。

というか、活火山なのは分かってたので、だからこそ、こんな近くまでいけてしまうとは思ってなかった。
想像以上に迫力のある風景が見れて、なかなか楽しかったです。



思ったよりも時間を取ってしまったので、少々急ぎ気味で次の目的地に向かおうとしたら…。
晴れてきた…。なぜだ…。

どうも今回、天気に恵まれないなあ…。



さて、次の目的地は高千穂。
高千穂方面への道からは阿蘇っぽい景色が見れたので、ちょっと車とめて見てみた。

さっきにも増して、天候が回復…。草千里もこれぐらいだったらねえ…。



こっちもススキがはえてたけど、草原は緑だった。
ちょっと最初思ってた阿蘇のイメージに近いかも。


遠くでは牛が草を食べている…ああ、これぞ阿蘇…。



せっかく晴れてきたのでもう少しゆっくり写真撮りたかったものの、
あんまりもたもたしてると、高千穂を見る時間がなくなってしまうので、
そこそこで切り上げて再度出発。
あーバタバタしてる。



1日目-2 阿蘇・米塚と草千里 に戻る←   →1日目-4 高千穂峡 へ進む

南九州1泊旅行2006.10 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/165-8d3f2830




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。