スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

京都紅葉2006・1日目-4 槇尾・西明寺 06.11.21

高雄の神護寺の後は、槇尾の西明寺へ行くつもりだったのですが…
時間が猛烈に押しているではないか!
足早に、神護寺の参道を下ったものの、14時30分を過ぎている!
(14時には西明寺についてるはずだった…。)


しかも、ご覧の通り、なんだか天気も曇ってきて冴えない…。ふ…。

時間がないのに、地図もなく、どうしたものだかと思っていたら、
この、清滝川沿いに行くと西明寺がある、という表示があったので、
わけ分からないなりに、それ信じていってみることにしました。
たぶん徒歩10分ぐらいの表示だったと思う…。
アップダウンもなく、ここまでの行程を思うとかなり楽な道のり。



道中にも、これがまた見事な紅葉が! 曇ってるのにこの色って!!
しかし、なんとなく先を急いでいたのと、メディアの残量が気になってたのとで、
適当に1枚だけ写真撮って立ち去ってしまった…勿体無かった…。

さらに進むと、西明寺らしきものが見えてきた。


これは、西明寺に渡る橋なんですけど…。
この紅葉は私の今年のベスト紅葉と名付けたいぐらい最高でした。
色といい、周りの景色との調和といい…これぞ京都!
今年の秋の気候は紅葉に適さないものだったので、今年の紅葉はダメだ、
っていうのを何度も聞いていたので、
まさかこんなきれいな色のを見れると思ってなかった分、感激も倍増。
こ、ここまで来てよかった。
上の写真とか見ても分かると思いますが、この道を使ってきてる人は少ないです。
西明寺に来る人は大勢いますが、ここの道から来る人はそんなには多くないかと思われます。
何も考えず表示に従ってやってきて本当によかった。
今回は、行き当たりばったりな場所ほどいいものが見れる、というパターンがほとんどでした。
(まあ逆に、狙ったものはほとんど全て外してしまったんですけど。)

しかし、ここも上と同様、先を急いでたのとメディアが心もとなかったのとで…以下略…。
いいんです、撮った枚数は少なくても、いいものが見れたんだし。(強がり…。)


そんなこんなで期待に胸を膨らませ、さっき見えてた橋のたもとまで来てみましたが。


…離れた場所から見てた方がきれいだったような…。

橋の上からの紅葉も…


これも離れた場所から見てた方がよかったような…。
いや、これも十分きれいだったけど…。


橋を渡ると、そこには料金所?が。ここから先は有料です。400円です。


まあこうやって、数箇所回ってたら誰しも思うことですが、
そのたびごとにじゃんじゃん拝観料取られて、けっこう懐が寒い…。
西明寺は神護寺と比べて規模も小さいけど、料金は同じ400円。
ってことで、ここで引き返す人まで見かけましたが、まあ気持ちは分からんでもない。
でも私はここまで来て、入らずに帰るってことの方がなんだか勿体無い気がするので、
もちろん入りましたよ。
西明寺は入って大正解でした。





この辺は、まだ料金払った場所あたり。
この辺の色づきは本当によかったですね。

で、ここもちょっとだけのぼります。


神護寺にのぼった後なら、この程度ののぼりは全然大丈夫。
惜しいのは天気だけですねー。晴れててほしかったなあ。


ちょっとのぼると、門。


やたらグネグネしてる石段に笑った。
それはともあれ、この場所から見たら、この門くぐった先が紅葉でいっぱいだ
なんて全然見えないんですけど、
実際にくぐってみると、それはもう一面の紅葉。なんというか、背景が、紅!




写真では臨場感を全くお伝えできていませんが、本当に一面が紅葉に見えて、
門くぐった瞬間、「おおっ!」って言ってしまいました。

ただしここは、さっきの神護寺内の地蔵院付近と違って、
木の真下に立つことができるので、人が常に間近で紅葉を眺めています。
写真的にはなかなか難しいです。
まだ、木の方を見てる人が入るのは全然OKなんですが、
ツアーで来てるお母さん方は、入れ替わり立ち替わり、いちばんきれいに見える場所の下に立って
こっち向いて笑顔作るので、シャッターチャンスは限りなく少ない…。切ない…。
まともに撮りたければ、もっと粘らんとダメってことですね…。

まあ木の下でポーズ取ってる人はともかくとして、ただただ木を眺めて立ってる人っていうのは
本当にここの紅葉は素晴らしかったので、すごく理解できるんですけどね。

とにかく本当によかったので、境内の写真をズラズラっといきます。















境内を見て、もう次行こうかと思ったのですが、
お寺の中にも上がれるようなので、せっかくなのでちょっと上がらせていただきました。






中には、畳の部屋に座って庭を眺められるような場所もあり、なかなかよい感じ。
ただし、屋内を撮るのは禁止、なので、建物内の写真はありません。
外観や、内側から見た外の景色のみです。




割と小さなお寺だったのですが、本当に紅葉がよかったので、予定より長居してしまいました。
名残惜しいけど、そろそろ次に向かいます。






次は、高雄の三尾めぐり、三箇所目の 栂尾・高山寺です。




1日目-3.高雄 神護寺境内に戻る←  →1日目-5.栂尾 高山寺 へ続く

京都紅葉2006 index
  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/190-7169835d




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。