スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

京都紅葉2006・1日目-5 栂尾・高山寺 06.11.21

西明寺で、素晴らしい紅葉を堪能した後は、三尾めぐり、残りの1個、高山寺に向かいました。



それにしても、調べたところによると、
神護寺は高雄に、西明寺は槇尾に、高山寺は栂尾にあることから
「三尾(さんび)めぐり」と呼ばれています。

ということなのですが…。
神護寺の高雄は「尾」じゃなくて、「雄」なので、「三尾」というのは何故???
この謎が解ける日は来るのだろうか…?


さて、正直、神護寺と西明寺は、ネット上で紅葉情報を求めてうろついてる時に
ちょこっと見かけたことはあったんだけど、高山寺って、前日まで聞いたことすらなかった…。
行くのやめようかとも思ったのですが、せっかく三尾のうちの2箇所を既に回ってるし、せっかくだから、と
時間がなくなりつつも、行ってみることにしたのでした。



しかし、西明寺に向かってた時の紅葉とは違い、向かう途中の道の木もなんだか黄色い…。微妙だなー。

そして、天候は回復してきたものの、西側に山があるためか、なんだか暗めです。
日没までまだ時間があるはずなのに。


ところで高山寺、聞いたことがないなど恥ずかしいこと言ってますが、
実は世界文化遺産にも指定されてるそうです…。
西明寺よりも規模は大きいらしいし、
そもそもあんなによかった西明寺だって、ろくに知らなかったのだ。
高山寺にも素晴らしい紅葉が待っているかも?と期待しながら、
たぶん西明寺から徒歩10分ぐらいで到着~。


な、なんだかめっちゃ暗いです。
ここで拝観料400円を払って、中へ。

しかし中に入るともっと暗かった!

すごい規模の森です…。木の高さがすごく高い。
夕方の低い光など入ってくる余地もありません。写真もぶれまくりです。
そして、紅葉は、一体どこ???


うっそうとした木立の中、ここでも石段を登ります。
他の観光客の人が言ってたけど、「熊野古道みたい。行ったことないけど。」
私も全く同じこと思った。熊野古道みたいだー。と。
もちろん私も熊野古道には行ったことはない…。


どんどんのぼります。
うーん、ここは紅葉は期待できない感じ…。
この時点では、「この寺には紅葉する木自体がないのかも?」とも思ってたのですが、
後で少し調べた情報では一応紅葉の名所でもあるらしいので、
かなり遅れていたんだと思われます。たぶん…。
私が見たのはとにかくこのような状態だったのでなんとも断言はできませんが…。

紅葉だけが目的で来たらけっこうがっかりするような状態でしたが、
寺の雰囲気はなかなかよかったです。静かだし、杉の木も見事だったし。
寺なんだけど、自然 をとても感じました。
さすが世界遺産ですよ。


で、登りつめたところに、金堂。


大きくはないのですが、吸い込まれそうな存在感。
その時は気づかなかったですが、手前の木、楓っぽいですね。
全然色づいていないよ…。おそらく日当たりが悪いからだろうなあ…。


金堂をみた後は、横の方の道を下ってみました。


このあたりはちょっとは紅葉ぽい感じになってました。
この奥にあるのは、開山堂。
建物の周りには紅葉。




しかし、色づきはまだまだ。
そして、とにかく時間が遅すぎて暗い…撮影的にはシビアです。


開山堂の横にあった建物…すみません、建物の名前分かりません。
高山寺ではここの紅葉がいちばん綺麗だったかも…。






そのさらに向こうには、石水院。国宝らしいです。


しかし、この門の前で、しばし悩む…。


なんと!この先別料金、さらに600円かかるというのだ!!
600円って言ったら、三尾の各寺の拝観料よりも高いよ!?
神護寺なんて、あんなに広いのに400円よ!?
高山寺に入るのに既に400円払ってるんだから、ここ入ると合計千円!?ありえん!!
あまりにびっくりして思わず写真撮っちゃいましたよ。


しかし、如何せん、情報を知らない私。
600円取るからには、この中は素晴らしいことになっているのかもしれない。
もし、見ずに帰って、あとで、石水院の中が素晴らしい、という情報を知ったりしたら、
入らなかったことを悔やむだろう。
と、思ってしまって、入りましたよ!ええ!!

しかし、建物の中は、撮影禁止ってことになってるので写真はありません。
ので、外向いて撮った写真だけどうぞ…。




うーん…紅葉はやはりここも微妙…。
あとは、板張りの部屋の真ん中に像があってそれは変わった感じでした。
あと、一応最大の売りは、鳥獣戯画図の展示なんですけど、
それは本物じゃなくて複製だったので…。
あ、いや、複製といっても、かなり精密なもので、値打ちはあると思うんですけどね。

建物自体も小さくて、10分もかかりません。
やはり600円は高い。
…言ってることが小さくてすみませんです。

これで高山寺は終了。
…まあ石水院が別料金なのは、え~っ!? って感じだし、紅葉はかなり遅かったけど、
寺自体は雰囲気があってよかったです。
人も少なくて、静寂な感じも味わえましたしね。


高山寺を出ると、もう本当に夕方の風情。






三尾めぐりも終了です。
なかなか充実した一日でした~。
高雄だけで十分1日つぶせますね。
この日は、途中から少々急いだものの、じっくり見ることができてなかなかよかった。
かなり満足です。

神護寺から高山寺まで、地図を見ずに適当に来たので、最初の駐車場の位置が分からなくなってしまい、
なんだか変な道を小走りで行く羽目になり、最後に疲れましたが…。
後で見ると、どうも、バス停2個分(と思う)、早足で歩いた模様…。
そりゃ疲れるわ…。

駐車場に着いたのは16時30分過ぎ。
…けっこう予定が押している…。
16時30分にはもう既に次の目的地、貴船神社に着いてるはずだったんですけど…。

なわけで、次へ急ぎます。




1日目-4.槇尾 西明寺に戻る←  →1日目-6.夜の貴船 へ続く

京都紅葉2006 index
  1.   トラックバック:1|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/191-95f350eb

『高山寺』について

高山寺高山寺(こうざんじ)は、京都市右京区梅ヶ畑栂尾(とがのお)町にある寺院。栂尾は京都市街北西の山中に位置する。高山寺は山号を栂尾山と称し、宗派は真言宗御室派系の単立である。創建は奈良時代と伝えるが、実質的な開基(創立者)は、鎌倉時代の明恵である。「鳥
  1. 2007/02/18(日) 11:56:10 |
  2. 京都の宴




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。