スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007冬 2日目-3 オホーツクタワーとゴマちゃんランド 2007.2.21

ガリンコ号のあとは、セット割引券を買った、オホーツクタワーへ。

今更ですが、ちょっと整理をすると、
私は、数年前に1度、紋別には来たことがあり、その時は今回よりも流氷の状態ははるかによく、
ガリンコ号もしっかり乗り、オホーツクタワーにも行っています。
(しかし、今、その時の写真が行方不明で、その時の細かい流氷の状況などがあまり思い出せない、
という大変な事態なんですが…。)
あの時は何の苦労もなく見られたのと、紋別で宿泊はしなかったのとで、
そういった意味でも今回とはかなり状況が違います。
なので、行った感想はまた全然違うものだったりします。


さて、で、オホーツクタワーというのは、↓これ。

写真撮るの忘れてたので、ガリンコ号が沖から戻ってくる時に撮った写真を…。
小さくしか写ってませんが、画面の左の方にある、海に突き出た建物です。

実はここ、行きたいと思っていつつも、迷っていた点が、料金の他に、
「開館時間が、10時から」だということ。


ガリンコ号から降りたの8時40分頃ですよ。
流氷もないガリンコステーションで1時間20分つぶすのか…と思っていたら、
なぜか、この時間に、入れてくれました。
ガリンコ号乗船者の特典か何か?? な、なんと良心的な…。

オホーツクタワーは、ガリンコステーションから、
ちょっと離れているので(といっても徒歩10分ほどの距離)、
ガリンコ号を降りたらすぐ電気自動車にのせてつれてってくれました。勿論無料。
写真撮るの忘れたのをちょっと後悔しています。



中に入ると、一応、順路みたいなのがあって、地下から見るようになってたようなのですが
私は、今日のこれからの動きを決めたいので、
とりあえず流氷の状況を見たい!って思って、最上階から攻めました。


皆、素直に地下から行ったのか、私1人でした。ははは。(後から人は来ましたが。)
ここ、簡単な喫茶コーナーがあるのですが、さすがにそこは10時にならないと開かないらしく、
マジで1人でした。いやすごいよ…。

で。沖を見てみたものの…。


タワーからはたしかに目視でも確認できるんですが、沖の方に細い線一本の状態です。
陸上からは見えそうな気配がありません。
この後は陸上からの計画なのにどうしたものか…。



びっくりしたのがこれらの双眼鏡。あちこちに配備されてるのですが。
普通、100円とかじゃないですか。
ところがこれ、無料なんです!勿論見ましたよ~。すごく近くに見えましたねー。
(100円だったら絶対見てないだろう。断言する。)
いろいろと良心的なサービスに、かなりいい印象の紋別…。

      *   *   *

ひとまず流氷の様子は確認したので、今度は地下へ。




こんな窓があって、海中が見えます。

ここの地下は、流氷が接岸していたら、流氷の下の海の様子が見られる ってことが
最大の売りなんですが…まあ、接岸してないので、ただの海です…。
何年か前に来た時は、海を泳いでるクリオネをここから見たんですが、今回はいませんでした。

なので、水槽のクリオネで我慢するとしよう。


小さくて透明なので遠目には分かりませんが近づくといっぱいいました。うようよしてました。
写真に撮ろうとしましたが、これが意外と動きが早く…。
しかも、この場所、とにかく暗く…。
ろくなのが撮れなかったんですが、まあ中でも一番マシなのを一枚…。



      *   *   *

その後、別の階の展示室なども見て(流氷オタ、気象オタの私としてはけっこう興味深い
データや資料なども揃っていてそれなりにおもしろかったけど、まあ写真に撮るのはダメかな
と思って撮ってないですが。)、タワーを出ました。
たぶん私が、同時に入った人の中で最後だったでしょう。

正規の時間帯で、なおかつ、喫茶コーナーでも開いてたら、
3階の展望スペースでコーヒーなど飲みつつ海眺めてるのもいいんですけどね。

ここに来た時に乗った電気自動車は10分間隔ぐらいで走っているので
待ってみてもよかったのですが、
写真撮ったりしたかったので、歩いて戻ることにします。

こんな道。右の方に、ほんのかすかに赤いのが見えてるのがガリンコ号。




にしても、ふと気づくと、空に雲がかかり始めている…。
やっぱり「曇り時々雪」っていう予報はまんざら嘘でもなかったのか…。
晴れてたのはどうも本当に一時的なものだったらしい…。
この日はこの後もう青空は見れなかった。

港からはちょうど9時30分発のガリンコ号が出航していくところ。


やっぱりさっき乗ったのよりかなり人多いです。
ま、まあこのぐらいの賑わいならちょっと安心。
さっきはすいててよかったものの、あれじゃ採算取れないんじゃ?と心配だったんで…。

ガリンコステーションの方に歩いていくと、途中にアザラシが2頭、泳いでる場所があった。


「ゴマちゃんランド」っていうのがあると聞いてたので、これかと思って写真撮った。
やけに地味で小規模だなあ、と思ってたのですが、
後で分かったのですが、これはゴマちゃんランドではありませんでした…。
何でここに2頭だけいたのか、未だにわからない…。

なんてことをしているうちに、ガリンコステーションに着いた。


これはガリンコステーション側からタワー方向を見た写真。
にしても、紋別は網走よりかなり雪が多い印象でした。
最深積雪は大差ないんだけど、行く数日前から雪の日が多かったですからね。

      *   *   *

そういえば、よく紋別に行った人の写真を見ていると、
蟹の爪のようなオブジェの写真を見かけることが多かったので、私も撮りたいと思ってたので
今度はオホーツクタワーとは逆の方に出て、探してみたらあったんだけど…。


なんかめちゃくちゃ遠そうなんですよ、これが…。
望遠側200mm(35mm換算だと300mm)で撮っても、この大きさにしか写らない…。
手前にある階段は除雪されていない感じ…。
そうじゃなくても雪が深くて、最短距離では行けなくて、ぐるーーーっと遠回り
しなくてはいけない雰囲気…。片道徒歩20分ぐらいかかりそう。
…蟹の爪に往復40分はさすがに…。と思ってやめました。
後から調べたら、このすぐ近くに流氷科学センターっていうのがあって
-20℃の体験とか、シャボン玉を凍らせるとか、まあそういうのができたようなんですが、
それはやっぱり流氷時期以外に来た時に楽しむもんだよなあ、と思うんで
やっぱり知ってても行かなかったかな…。

      *   *   *

なんて思いながらふと見ると、間近に、ゴマちゃんランド があるではないか。
(さっき見たのは一体何だったんだろう…。)


こっちはもう本当に目の前だったので、入ってみることに。
ここはたぶん前回来た時はなかったと思うのですが…自信はないです…。
最近記憶がいろいろと危ない…旅行記をつけとくのは本当に重要ですよ。



ゴマフアザラシ、思ったよりいっぱいいましたねー。


どの子も氷が浮いたプールの中でやたら幸せそうな表情です。
けっこう近くで見られます。





んー、まー動きは乏しかったですけれども。
その割に、↓の写真のように、水に入るとこ撮ろうと思ったら、顔切れちゃったり。



まあ同じような写真ばかりになってしまうので、15分ほどで出ました。
なんでも、餌の時間帯に行く方がおもしろいらしいです。
私はそういうの調べてなかったので、なんとなく普段の状態、みたいなのを見ました。
30分待てば餌の時間だったようなんですけどね。
でもこの中でただ30分待つのは少々きついものが…。座るとことかないし、屋外だし…。
とにかく今回は超アップの写真とか撮れたのでいいんです。

      *   *   *

さて、ここまできても、まだ10時10分。
紋別から帰るバスは17時20分。
あと7時間もあります。

ってことで、とりあえず続きます。



2日目-2.ガリンコ号からの流氷 に戻る←  →2日目-4.ガリンコ号第二弾… へ続く


北海道2007冬 index





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/200-0b450d50




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。