スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007冬 2日目-4 ガリンコ号第2弾… 2007.2.21

再びガリンコステーションに戻ってきました。


この日の予定は、このあと紋別公園という高台の公園から町と流氷を眺めて、
さらにその後、流氷岬ってとこで、海岸線からの流氷を見てー ってつもりだったのですが、
流氷岬は、接岸してなくても流氷の残骸があるだろうからいいとして、
この状態じゃ紋別公園はすっごいつまんなさそうな…。

でも行く場所が流氷岬だけでは時間がものすごく余ってしまう。
2時間ほど時間つぶせて楽しめるとこ、ないかな。
できれば少しでも流氷が見られるところ…どこかない?
で、思いついたのが、
「ガリンコ号、もう1回乗ろうかな」でした…。
こんなバカなことする奴は他にいるのだろうか…。
でもこの時、紋別で流氷見られるのって、ガリンコ号だけだったんで…。

次の便は10時45分。30分前に戻ってきてみると、
次の便はけっこう乗客も多いようで、既にかなり並んでいて団体が2組入ってる模様。
私は予約も入れてないし、まあダメだったらあきらめようと思って聞いてみたら、
普通に大丈夫でした。


いやー、本当、けっこう迷ったんですよ。
3000円は決して安くないし、天気も悪くなってきてるし、肝心の流氷は風でどんどん沖に流されていってるらしい。
流氷自体の状態も朝よりはよくないでしょう。
でも、乗らない限り、流氷は見えないと思うと…。


なんだか前の便が遅れてるようで、時間になっても戻ってこないので、
待ってる間に、土産物屋で売ってた海鮮まんじゅう?だったかを食べたりしてのんびり待つ。



結局前の便が戻ってきたのは10時50分。
次の便の出航時間をもう過ぎている!
普通の便もチャレンジ便の状態です…(笑)
私が乗った10時45分発のはずの便は、結局11時に出航しました。



今回はもう、流氷帯に入るまでは船内でどっしりと待つことにしました。


座席は皆様、窓側にぎっしりつめて座ってる人が多かったので、
真ん中の席、ゆったりでしたね~。
ただし、流氷帯を見て、港に戻る時は、皆様もう普通の海には関心ないらしく、
あちこちにばらけてて、真ん中の席も均等に混んでたけど…。



朝は開いてなかった売店が営業してたので、カニマヨボールという、
かにのほぐし身がいっぱい入った揚げたてのかまぼこ?を食べたりしてました。
けっこう美味しかったのに、写真撮り忘れた…残念。
ていうか、食べてばっかり…。

にしても、なかなか流氷帯が見えてきません。
↓こういう、はぐれ氷はあるんですけどねえ。


これが初乗船だったら「え!?まさか、これで流氷とか言うんじゃないだろうな!!」と思っただろうが、
まあ、朝の様子からして、目指しているのはちゃんとした流氷帯だと信じてるので、
なかなか辿り着かなくても朝ほどの焦りはありません。


まあいろいろと朝とは違うすごし方をしてたら、「まもなく流氷帯です」のアナウンスが。
…出航から40分もかかっている…!!

40分て!だって、このクルーズって1時間のはずでは!?
今すぐ帰っても戻れないんじゃ???
て感じなんですが、ガリンコ号では比較的こういうことはあるようです。
流氷帯までが遠いので、流氷帯の滞在時間は10分ほどになりますがご了承ください とのこと。
うん、まあしょうがないですね…。




流氷は、朝ほどのピシッとした感じはなく、全体にシャーベット状な感じ。
そして、やっぱり天気が悪いと、引き締まって見えないと思った。
でもとりあえず、水平線までのは見れたし、網走で見たのよりはやっぱり状態はよかったので、
ギリギリOKってとこかな。(て、何様なんでしょうかね私…。)




かなりどんよりしていたんだけど、それでも流氷の、薄い青の色は見えてた。
やっぱりキレイ…。




ガリンコ号は、手すりの隙間がけっこうあります。
うっかりデジカメ落としたら海に落ちます!
でもこれも臨場感を味わえていいんですよねー。
かなり流氷を近く感じられますよ。

10時45分の便の方が混んでた、といっても、まあけっこうゆったりしてました。
流氷帯に着くまで、着いてから港に戻るまで、の船内は混んでるんですが、
デッキは流氷帯に居る間も混雑してどうしようもないわけじゃなかったです。
(寒いから出たくない人とかいるのか?)




にしても、やっぱり晴れてるのと曇ってるのとじゃイメージが全然違いますね。
晴れたのを見れたから言えるのかもしれないけど、
こういうのもまた寒々とした雰囲気でそれはそれでいいかもしれない。


で、朝の便では見られなかったオオワシ。


いや、まあ網走でも見たけど…。
でもこっちの方が流氷の状態がいいので絵になるかなーて。

この辺で今回の流氷帯は終了~。


今回は、流氷帯にいたの、10分強ほど。
ものすごい速さで流氷は遠ざかってるみたいです。
でも何とか間に合って本当、よかったです。

もちろん、朝の便ほどの迫力はなくて、天気もスカッとはしてなかった。
でも、やっぱり流氷が見られると嬉しい…!
だって流氷見に紋別まで来てるんだから。




帰りは、朝の便の時よりもさらにとばしまくるガリンコ号。
素人でも分かる。明らかにスピードが違う。なんだか必死な感じです。
・・・無理して遠くまで行ってくれたんだね…。
デッキにいたら水しぶきが飛んできたりしました(笑)
カメラのレンズのフィルターがしぶきまみれになりました。
フィルターつけといて本当によかったです。
というか、しぶきとはいえ、海水かぶって大丈夫なのだろうか…?




で、帰港したのは、12時40分~。 
1時間40分のクルーズですよ!
結局チャレンジ便より長い航行時間でした。(チャレンジ便の存在意義って一体…。)

9時30分、10時45分、の次は、12時 っていう便があるはずなんだけど、
時間延長が蓄積され続けたら一体どうなるんだろう???
と、他人事ながら心配してたのですが、
12時っていうのは臨時便らしく、この日は運行はなかったようです。
次は13時15分だそうなので、ここで取り戻すんですね…なるほど…。
(こういうこともあるから、一応 前日までの完全予約制 ってことになってるの
かもしれません…)

      *   *   *

さて、私は13時15分のバスでバスターミナルに向かう予定だったので、
約30分ほどしかありません。
めちゃくちゃ迷ったんですが、今日は夜がまともに食べれる保証がないので
できればここで食べときたい!
ってことで、大慌てで、ガリンコステーションの中にある店で、味噌ラーメンを注文。


ラーメンはぜひ行っときたかったんですよ。
ここ外したら、この後ラーメンに巡り合う機会はない気がしたので。


いやー、これが美味しかったんです、すごく。
美味しそうに撮れてないのがアレなんですが。
正直、全く味など期待せず頼んだんですが、何か味が本格的なんです。
隣に座ってた女性2人連れもめちゃくちゃ褒めちぎりながら食べてたし。
(「美味しいラーメンは一口食べただけで分かる!」とか言ってた(笑)でも本当にそうだった。)
時間ないけど食べてよかった。


慌てて食べたら、食べ終わってもまだ時間が15分ぐらいあったので、
これまた気になってたソフトクリームも行っときました。

↑なんとなく惹かれてしまったポスター…。

私は、ガリンコ号をバックに記念写真。

待合室が暗かったのでなんだか暗いソフトですが…。
しかし、これ撮ってる時、次の便に並んでる人がけっこういたので、
1人で、左手にソフト、右手に一眼レフで記念写真撮ってるとこ、けっこうな人数に
見られてたかもー。はずかしい。

にしても、マジで、食べてばっかりですね…。
ソフトクリームもいけてましたよ~。


そんなこんなで、思い切りいろいろと楽しんで、ガリンコとはさよならです。


本当、ここでは半日楽しく過ごせました。
ありがとうガリンコ号…いつかまたきっと乗りに来たいです。
去年・今年 と紋別はなかなかうまく接岸しませんでしたが、
きっとまたいっぱい流氷がくる年があることを信じて…。

でも温暖化はきびしいな…本当。
こんな素敵なものがいずれ見れなくなるなんて、本当に寂しくてなりません。



て、ことで、行きと同じバスに乗って、今度はバスターミナルまで行き、
さらにそこから次は紋別のちょっと北の方にある流氷岬を目指します。





2日目-3.オホーツクタワーとゴマちゃんランド に戻る←   →2日目-5.流氷岬 へ続く

北海道2007冬 index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/201-2ffd10a1




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。