スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007冬 3日目-5 知床の流氷と夕日 2007.2.22

夕陽を見るためにもう1本早いのに乗るべきだった! と悔やみつつ、
誰もいないバス停で、バスを待ちます。




なんか、本当にいい感じの空。というか、もう遅い?ああ夕陽…間に合うのか?
こんな時に限ってバスは5分ほど遅れて到着。
このバスが最終なのに、降りてくる女子2名がいるではないか。
どうも景色見ながらウトロまで歩くらしい。
気合い入ってんな~…と思ったけど、その理由は、バスに乗ってしばらく後
プユニ岬を通過するあたりですぐに分かったのでした。



ゆ・・・夕陽が・・・!
しかも、朝には全くなかった流氷がかなり増えている!!
さっきの女子2名が自然センターから歩いて戻ろうっていうのも分かるよ!
これだったら私だって歩きたいよ!
でもなんで!?どういうこと!?
今日は流氷は離れていくんじゃなかったの!?
この写真は窓越しなのでいまいちだけど、とても綺麗なのです!
客は私だけだったので、ヒンシュクかってでも窓開けて撮ろうと思ったけど、
窓がかたすぎて開きません!!!

そのうち、下り坂を降り切り、幌別というあたりまで来てしまったら
これがまた・・・!


ありえない、この光景…。
無情にもバスは去ってゆく。
幌別のバス停付近がこんな状態だったと思うのですが、
そうだ降りよう!と思った時はもう過ぎてしまっていた。
(ついでにいうと、降車ボタンがとても分かりづらく、即座に決断していてもたぶん間に合わなかった。)

が、今、冷静になって思えば、少々バス停を過ぎててもここは北海道。そして乗客私一名。
「今のとこ降ります!」
と、一言叫べばよかったのではないか?
もしダメだと言われても、結果は同じなんだし、別にいいじゃないか?ねえ?

しかし、その時の私にはそこまで思考をめぐらすことができなかった。
最初から流氷がこんなに来てることを知ってたらそれぐらい考えて乗ってたけど、
朝はこの辺、流氷は皆無だったし、さらに離れていくっていう予報が出てたし、
流氷があるなんて思ってもなかったから…。
しかも窓が開かなくてパニクってるし…。
そして、「幌別」っていうバス停があることも知らなかったし。
せめてこれ知ってればまた変わったんだろうけどね…。

なんだかすごいきれいなものを見ているのに、一生に一度のチャンスを逃してしまったような、
かなり微妙~~~な気分です…。

とりあえず、落胆しつつも、次のバス停、「グランドホテル前」で降車。
あわててもと来た道を引き返しましたよ。



これはこれでけっこう綺麗だし、なかなか見られない風景なんだけど、太陽が見えてきません!
夕陽が沈むのってかなり早いから、もしかしてもう既に終わってしまったとか!?
と、焦りつつもさらに早足でどんどん行くと…。




ま、まだあったよ夕日!! よかった。
さっき見た場所のように一面の海とはいかないけど、これなら何とか納得できる!



それにしても、この一面の海の流氷は一体…? 朝は一面青海だったのに。
1日で接岸したとか、1日で沖に行っちゃったとか、そういうのはよく聞くけど、まだ半日よ?
しかも、天気が荒れてたならともかく、こんな穏やかな日にこんなに動くとは…orz
流氷ってものをまだ分かってなかった。
開拓地コースを歩いてる場合じゃなく、一刻も早くウトロに戻るべきだったよ…。

とりあえず、さっきの、幌別まで歩いて戻ってたら、絶対夕日は沈んでしまうので、
妥協して、グランドホテル前 と 幌別 の中間ぐらいのあたりでじっくり撮ることに…。



ベストの状態では見れなかったけど、でもとてもすごかった。
本当に自然ってすごいな…と…ああボキャブラリーが貧困…。
きっと一生、流氷と夕日なんて見ることないんだろうなあ…。
この日、行き合わせたのも本当に運がよく、前日までの数日間は夕方になると天気が崩れ、
この翌日からは流氷はしばらく離れていて、
私がいた5日間のうち、夕日が見れたのはこの日だけだったらしい…。
(紋別や網走は、海が北東側にあるので、夕日はたぶん無理。)
最高の条件で撮るチャンスは逃したけど、見れただけでもかなりラッキーなわけで
文句など言っちゃいけません…。

結局、わずか10分ほどで見えなくなってしまいましたー。


でも本当、ぎりぎりでも間に合ったよかった…。

↓こっちはプユニ岬側。


岬のけっこう上の方に道が通ってるのが分かると思うのですが、
ここから夕日と流氷を見たいとは思うんだけど、プユニ岬で沈むのを見たら、帰りが…。
距離から考えて途中で絶対真っ暗になってしまう。
真っ暗な中坂道下ってくのはかなり不安で。凍結してすべってこけそうだし。
で、自分的には却下になったんですよね。
ここでも、痛切に、冬道を運転できるスキルがあれば…と思いましたね…。
車でだったらプユニ岬からウトロなんて5分かからないし。

まあ、降りきったとこの、幌別でも流氷と夕日がばっちり見れるんだということが
今回分かったので、いつかきっと…まあ次の目標ですね。


あとは、暮れてゆく空と海を見ながら、また今度は温泉街方面へ戻りました。




暗くなってくると、もう、流氷なんだか岩なんだか分からないんですけどね.
でも、流氷がなかったとしても見応えのある、綺麗な空でした。


ベストの状態では見れなかったけど、それでも全てにおいてとても綺麗だった。
今回の旅行では、流氷を見られるのはこの日までなのですが、最後が締めくくれてよかったです。


そんなふうに、この日はとても素晴らしくて、とても満足な1日でした。
見るもの全てが美しかった。
北海道まできて本当によかったと思いましたよ。
翌日は天気が最悪で、雨予報とか出てて流氷も離れるのですが、
この日1日で2日分以上の価値があったので、翌日の雨も許せるか、って気分です。

て、もう終わりそうですが、
とりあえず、一応、夜に、オーロラファンタジーも見たので、次回はそれものせます。



3日目-4.森の中のスノーシュー に戻る←  →3日目-6.知床オーロラファンタジー へ続く

北海道2007冬 index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/207-db15fe9f




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。