スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007冬 5日目-2 白金の森とブルーリバー 2007.2.24

美瑛では、今回、初めての現地半日ツアー参加です。
美瑛というか、美瑛からさらに車で20~30分ぐらい先の白金温泉近くで、森の中を歩き、
ブルーリバーというところを見に行きます。

正直、私は基本的にツアーというものは苦手なのですが、
森の中を歩いてブルーリバーを見る なんて、個人で行くなんて絶対に不可能ってことで、
思い切って参加することとなりました。

美瑛駅まで送迎に来ていただいてから、あと2箇所まわって、全員揃ってから
ウェアと長靴とスノーシューを借りました。


こっちのスノーシューは、ストックもついてた。知床のにはなかった。
これけっこう歩きやすかったです。
それもだけど、やっぱり、ウェアと長靴があるのっていいね!
断然動きやすかった。

ブルーリバーはかなり歩かないと見られないと思っていたら、
上の方から見下ろす程度でいいなら、温泉ホテル街近くの橋から簡単に見ることができました。
まず最初に、ちょっと小さめの橋の真ん中あたりまで行って眺めたのが、↓これ。


おおお!本当に青い!
この時はちょっと曇ってたんですが、曇ってる方が青く見えるらしいです。
最初はリップサービス?なんて思ってたんですが、その直後、一瞬日が差し、
そしたら本当にあまり青く見えなかった…曇ってた方が青いというのは本当です…。


その後は、いったんブルーリバーから離れ、森の中を歩きます。
自分じゃ絶対迷うような道をざくざく行く。雪の感触が楽しい…。




朝まで雪だったので、木の上にも雪が残っていて綺麗~。
前日午後は雨で、やっぱり10℃ぐらいあって、旭川では2月の観測史上最高気温だったらしい、
というのが信じられないです。

↓こんな感じで森の中を歩いてます。

夏は歩けないような森の中の道なき道を歩いて行きます。
体力的に大丈夫?と思ってましたが、大丈夫でした。(知床の方がかなりきつかったです。)
ツアーといっても、全部で7人。
でも、この時期に7人っていうのは、かなり多いらしいです。
この日も午後なら2人だったらしいです。
本当は、私は最初「ネイチャーフォトトレック」という、写真撮りたい人のペースに合わせた
ツアーにいけたらいいなと思って問い合わせてたんですが、
この日はすでに他の予約が埋まっていたので、「森歩き」のコースに混ぜてもらうことになったんです。
普段ならもっとすいてるので、写真のツアーも取れるんみたいなんですけどねー。
(聞いてみれば、1人でも催行してくれるらしいし…。)
まあそれはまたの機会があれば…って事で。


この日はとにかく天候の変動が激しくて、ころころとよく変わってました。
基本、晴れて行く方向な感じだったので、これもまたよかった。



知床でスノーシューをした日は気温が高めだったからかもしれませんが
美瑛の方がすっごく雪質がよかったです。
写真にはうまく撮れてませんが、木に積もってる雪を見ると、全部が結晶の状態なのです。
初めてマクロレンズがほしくなった…もっと寄りたい…。
↓分かりにくいので等倍のをトリミングしてみた…。


なので、もちろん雪はサラサラ。
知床では、スノーシューに雪がくっついてきてちょっと歩きづらかったんですが、
美瑛ではそれがなくて、本当に気持ちよかった。
やっぱりせっかく北海道まで行ったんだから、寒い方が絶対いいです…。
この日が普通の2月の寒さで本当によかった…。



この木、幹に、縦に割れ目が入ってますが、これはめちゃくちゃ寒い日にできるんだそうです。
「北の国から」で、純も言ってたらしい(笑)。見てたけど…覚えてるような覚えてないような…。


そうこうしているうちに、木の向こうにブルーリバーが見えてきました。


さっきよりもかなり近づいてきてますねー。写真撮りまくりです。
ここからはしばらく、横にブルーリバーが見えたり隠れたりしながら進みます。



さっき上から見た状態よりも、さらに真っ青!
ああ、ここまで来てよかった。感激です!
立ち枯れた木がいっぱい。そして、ちょっと凍ってるところもあってなんという幻想的な光景!

このあたりの位置は、冬しかこられないようなのですが、
それ抜きにしても、絶対、冬が綺麗だと思います!
白と青の組み合わせがとにかく美しくて…。自然って本当に素晴らしい…。

ブルーリバーは、そもそも、1年以上前から一方的にロムさせていただいているフォトブログがあり、
その中に時々ブルーリバーの写真があって、いいなーと思ってたんですが、
そのブログを運営されている方がネイチャーガイドをやってらっしゃると知り、
本来それだけではめちゃくちゃ慎重派な私は踏み切れない性質なのですが、
昨年夏、NHKの某番組内で(番組名失念…)その方が美瑛の案内をしておられ、
あ、MHKにまで出られるんならかなりしっかりしたとこかな…と信用するに至りました…。
年寄りみたいな発想ですみません…。
でも、本当、知識も豊富でいらっしゃって、楽しむことができてよかったです。
もう少し人数が少なかったら、写真のこともいろいろ聞きたかったんですけどねー。


こんな色の水だったら生き物なんて住めないだろうと思っていたら、
鴨がいっぱいいた。たくましいね…鴨。



このブルーリバー(美瑛川)は、砂防ダムになっていて、いったんせき止められていて、
そのあたりは広く、池みたいになってました。



ふと空を見上げると、木に積もっていた雪がパラパラーっと降ってきてとても綺麗だった…のですが、
うーん、なかなかうまく写真撮るのって難しいですね…。


さっきの砂防ダムになってるあたりを越えると、川の水量が減るんですが、
そのあたりで川のすぐそばまで下りることができました。




このあたりでいったん休憩。
雪の上に1人ずつシート敷いて座って、温かいチャイをいただきました。
これがまためちゃくちゃ美味しかった!
こういうのはツアーならではですねえ。自分じゃ用意できないし。


しばしの休憩の後は、帰り道。
来た時とは違う道を通って森の中を戻ります。


木の上には、なぜか雪の塊が…!落ちてきたら怖いんですけど!

木の幹や、木の上には、謎の形に積もった雪があちこちに。自然の不思議~。





クリスマスツリーみたいな木もそこらじゅうにいっぱいあったり。


そして、森歩きは終了。ああ、なんだかあっという間だった。
そして、個人で動いてると時間の使い方が自由ではあるものの、いつも最後バタバタ走り回って
けっこう大変なことになったりするんですが、
こういうツアーではちゃんと計画的に無理のない行程を組んでくれていて、
何も考えずに乗っかってればよくて、そういうのもある意味楽だなーと思った。

今回は人数が多いといってもそれでも7人なわけで、これぐらいの人数なら私でも大丈夫。
割と世代の近い人が多かったのもよかったかもです。
しかし、1人で参加してたのは私だけでしたが…。
道東の方にいくと1人でウロウロしてる人なんてけっこう普通にいるんですが、
こっちくると1人でうろついている人は少ない気がちょっとした…。
まあ道東の方がいろんな意味で濃いからなあ…。

      *   *   *

その後、最初のホテルのちょっと上の方まで行って、高い場所にある橋からもう1回
ブルーリバーを見に車で連れて行ってくれました。
↓この橋。


この橋は、一番最初に行った小さい方の橋からも↓こんな感じで見えてた橋です。


ここは、白金温泉のバス停に近かったので、ここ泊まってる人は普通に見れそう。
橋から見えた川は↓こんな感じで。でもやっぱり近くまで行けて良かったですけどね。




こっちは滝になってて、斜面の部分の水流れた後の色は、
やっぱり温泉だなーという感じ。


それにしても、天気がよくなってきて本当によかった。
雪も綺麗だけど、あんまりひどい降りようだと写真撮れないし、吹雪だとツアー中止だし、
回復してくるのは午後ってことだったんですが、午前中からいい感じになって
楽しみにしていたブルーリバーもちゃんと見ることができて満足です。
行程中こういう単発ツアーを組み込むのも、素人じゃ絶対にいけないところに行けたりして、
けっこういいものだなと思いました。
思い切って参加してみてよかったです。
(ツアーに1人参加、っていうのは、ある意味一人旅より勇気要りますけどね。)

またいつか、機会があったら来れるといいなと思います。
次は、是非フォトツアーの方で。
このツアーでもじゅうぶん写真を撮る余裕はありましたが。


ってことで、せっかく天気もよくなってきたことなので、最後までとことん、
次はちょっとの間ですが美瑛の丘めぐりです。



5日目-1.最後の朝、美瑛へ に戻る←   →5日目-3.束の間の美瑛の丘めぐり へ続く

北海道2007冬 index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/213-42b64527




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。