スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都1日目-11 夜桜・再び円山公園と祇園白川 2007.4.5

最後を締めくくるのはやはり夜桜です。
昼間は少々物足りなかった円山公園にまた行ってみることにしました。
以前来た時も夜の方が感動したんですよねー。
しかし…。


もう既にこの辺りから、すっごい喧騒が聞こえてくる。
ものすっごい数の花見客がドンチャン騒ぎをしてるのだ…。
昼間の人の数なんて、比じゃないです。
もう、いたるところレジャーシートだらけで人がひしめいてます。

そういえば、何年か前に来た時もそうだったっけ。
こんな大規模な花見会場?には来たことがなかったので、びっくりした気がする。
ただ、たぶんその時はもう少し時間が遅かったので、人はもう少し減ってたんだと思う。
いや、まあ別にいいよ、シートの上で飲み食いしてることについては。
でもうるさすぎる…。
騒音計で測ってみたいぐらいのうるささです。勘弁…。

そして、桜。


あのですね、私、設定間違えていて、暗すぎる写真連発…。
本当はここまでオレンジ色じゃないです…。
せっかく写真撮るのに最適な感じの時間(空にかすかに青みが残ってる時間)に来たのに…ああ…。





とりあえず桜は、たしかに、夜の方がいいと思った。
ただ、かなり後になるまで設定の間違いに気づかなかったので、暗い写真ばっかりです。
本当はもう少し明るく、もう少し大きく見えました。
でもやっぱり、数年前に見た時のあの圧倒的な存在感はないですね…。
(なのに、あの時はカメラがしょぼく、ブレブレ写真しか残っていない…。)
その時は、桜に感動するあまり、花見客の喧騒も気にならず、
ただただ桜を眺めるだけで1時間以上その場にいたんですが…
今回は周りがうるさいのがかなり耳障りだったのと、白川にも行きたかったので
適当に角度変えて何ショットか撮って、帰りました。

      *   *   *

で、昼も来た場所続きでかわりばえしませんが、また祇園白川へ。
円山公園からだと、徒歩10分ほどぐらいでしょうか。


今度は辰巳神社側から入りました。
こっちも人はけっこういたけど、静かでよかったです…。
桜については、円山公園は、見所は1本の枝垂桜、祇園白川は風景全体
って感じで、好みは分かれるところかと思いますが。


夜の方が、昼よりも、しっとりとした感じでいいかも。
でも、人通りは夜の方が多かった気がする。



細い川を挟んで向こう側は料亭が並んでいます。
舞妓さんも見かけました。



そして、昼間も見た桜並木。

…写真では伝えきれてないですが、すごかったです、ここ!!
もう、とにかく満開!



しかし、ここもなかなか思ったようには撮れません。
昼の桜でも難しいのに、夜桜なんてもっと難しいです…。

それはそうと、1人で一眼レフ持ってウロウロしてると、写真がうまいと勘違いされて、
やたらシャッター押すのを頼まれるんですが、ここでもけっこう頼まれました…。
基本的に、できる範囲内でなるべく引き受けてますが、こういう場所は正直キツイ…。
慣れてるカメラでもなかなか思ったように撮れないのに人のカメラでこの環境では…。
ってことで、こういう難しそうな場所では、自信なさそうな顔してる人には
なるべく頼まないでくれると助かります…。
目をあわさないようにしてたら察してやってください…。




これは、真上を見上げた感じ。空が桜で覆われてる…。
本当、とにかく満開で、とてもよかった。
本当の色はもう少し、白っぽくてさわやかな感じなんですけどね…。
ホワイトバランスを研究してくるべきだった!




何度も何度も帰ろうと思っては、「いや、もうちょっと…」って感じで立ち去り難く、
ここはけっこう長居してしまいました。
かなり満足。
ただ、長居しすぎて、できればもう一箇所行きたかった夜桜に行けませんでした…。
しょうがない、そっちは来年以降にまた行こう。

それにしてもこの日はよく歩きました。
次の日は体中が筋肉痛でした。
他の記事でも書いたけど、微妙に早く来すぎた場所が多かったのがちょっと惜しかったです。
2~3日後がピークだったんじゃないかと思います。
桜の時期を読むのは本当に難しいです。

そういえば、この日見た場所全部、入場料・拝観料の類が要らない場所ばかりです。
京都に来た割には安く上がって、コストパフォーマンス的にもまた満足な1日でした。


4月5日編は、これにて終了です。




1日目-10.哲学の道・夕方 に戻る←  →桜の京都 2007春index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/227-2268f61b




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。