スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

佐用町・南光ひまわり畑 東徳久地区 2007.7.29

2007年7月29日(日)晴れ時々くもり

今年は、7月11日にも1回向日葵を見に南光町まで行ったのですが( →そのときの様子はここ )、
その時は、空が曇っていて、青空バックに向日葵っていうわけにはいかず、
それだけがなんとなく心残りだったので、梅雨明け後、再挑戦してみました。
前回は宝蔵寺地区でしたが、今回は、この日満開だった東徳久地区へ。



しかし、あんまり思ったように日が取れなくて、結局行けたのは、7月29日(日)。
この日は、梅雨明け後にもかかわらず、当初、雨予報が出てたりして、思ったほど快晴!っていう感じでもなかった。
朝、少し早めに行ったので、余計にそうだったと思うのですが、着いた時はなんだか景色も霞みがち。
向日葵そのものも、これまた少し見頃を過ぎてしまった感じが。そもそも花自体も小さい品種みたいだし。
(去年はそんなことなかったんですけどね。)
11日に宝蔵寺地区に行った時の方が、いろんな意味で条件がよかった気がする…。



到着したのは午前7時20分頃。
去年も梅雨明けに来たのですが、暑さで死にそうになったので、今年は梅雨明け後なら絶対朝に行く
と決めていたのです。それぐらいの時間だと、やっぱり空気がかなり爽やか。
でも、まあ向日葵には朝の柔らかい日差しよりも、日中のギラギラした太陽の方が似合うのかも…と思った。
11日に宝蔵寺地区に行った時は、薄日程度だったけど、あの時の方が日差しもするどくて、
そのほうがいい感じに写真が撮れた気がする…。
ただ、花見つつのんびり散歩、ならば、絶対朝です、朝いいです。日曜でもすいてます。






朝早くにくると駐車場が開いてるか心配だったのですが、
とりあえず、そこは正しい場所なのかどうかは別として、停めることができました。よかった。
来た時は誘導する人がいなかったので、お金払わずに停めてて、しめしめ…と思ってたら、
帰りにしっかり取られました。そりゃそうだ…。




南光町は、そもそもが山間部なので、向日葵の本数は多くても、田んぼが段になってたり、
すぐそばが山だったり、民家がすぐそこにあったり、など、
北海道などのように広大な台地に延々と広がる向日葵畑っていうのではないけれど、
人の生活感の中にある感じがここの個性で、それもまたよいなーと思う。


どうでもいいけど、1本だけ、やたら背の高い向日葵。(なんで???)



こっちは、1本だけ、色が全然違う向日葵。(なんで???)

たぶん、この色が違うやつは、なんか、違う品種の種が混ざったんだと思いますが…。


なんてことをしている間に、だんだん晴れてきた!




空の下の方はやはり雲が主体だったので、見上げるような構図になってしまいましたが、
とりあえず、やっと青空をバックに撮れた…よかった。
っていうか、前日の予報では、曇り だったのを知ってて強行したので、これぐらい晴れれば満足。

太陽の強さも、これぐらいになってきた方が向日葵には合うと思う…。
ちょうど、このへんで朝8時ぐらい。
しかし、8時をすぎるとやっぱり暑くなってくる…暑いのダメな私的にはそろそろアウト。



なんとなくぼやけていた景色もだんだんはっきりしてきました。
ああ、これで、暑くさえなければ…。
向日葵畑はとにかく日陰がないので、私には1時間ほどが限界です…。根性ないです。
まあ、今回は朝で涼しかったので、まだ余力はあったような気はしますが…。

最後に、↓これは、去年、向日葵畑になってたあたり。


右の方にチラッとだけ見えてるのが、今年の向日葵畑です。
休耕田を利用して…というのはよく聞いてたけど、本当なんだなあ…と、しみじみ…。
なので、同じ地区でも、毎年風景が変わる…はず。

来年も、時間さえあればまた来たいです。
とりあえず、今年も、夏の唯一の恒例行事を無事終了しましたー。



佐用町・南光ひまわり畑 宝蔵寺地区 2007.7.11 に戻る

花風景 index





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/248-b67a5421




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。