スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007秋 2日目-4 三国峠 2007.9.13

2007年9月13日 その4

タウシュベツ橋梁を見た後はさらに国道273号を北上。
このへんはもう、道路が1本しかないので、迷いようがなく、しかも交通量もなく、すいすい進む。
峠越えというから、どんな悪路だろうなどと思ってたら、想像と正反対ですごく快適だった。


舗装の状態もいいし走りやすいけど、ただ、ずーーーっと緩やかな上り坂です。
道路脇に、時々標高表示が出てましたが、どんどん数字が増えてゆく。
それはともかく…だんだん曇ってきました…ああー。やっぱり北へ行くほど天気悪いのか。


ここまでは、目的地から目的地の時間が予想より多めにかかってしまってた場所ばかり
だったのですが、三国峠には割とあっさり着きました。え?もう? って感じ。
北海道内の国道で、いちばん標高が高い場所を走る道だというので、もっと到達するのに
苦労するかと思ってたので、ちょっと以外でした。

三国峠橋を渡るとすぐに、レストハウスがあって、車が停められるので、ちょっと停めてしばし写真タイム。



でも、この場所から見える景色は↓こんな感じ。



ふと見ると、駐車場に、なんだか見覚えのあるバスがいた。
さっき、タウシュベツで見たバスですよ…。4キロもずーっと後ろ走ってたのですぐ分かった。
乗ってる人もカメラ関係の団体のようで、年配の男女の方々皆さん一眼持ってるという
特徴のある団体さんなので、間違いない…。
その人たちが、レストハウスのあたりから、100mほど手前の、三国峠橋のあたりに行って
写真撮ってたので、私も真似して行ってみた。

橋からの風景は、さっきの「三国峠」の看板付近からよりかなりよかった!


こういうのは写真にしづらいんですが、とにかく広大な、どこまでも続く樹海!
写真には全く入りきってないのでこの程度、ですが、実際に見るとその雄大さは本当にすごかった。
ああ、これで晴れてればねえ…。
でもまあ標高が高いところだし、霧もなくくっきり見えただけいいのかなー。と思うことにしよう。
写真の真ん中へんの道は、さっき走ってきた道です。




さて、このあたりでちょうど12時。
この後、考えてることが2種類。、
1. 銀泉台で紅葉を見る(銀泉台はけっこう近く。でも紅葉はまだかも?)
2. 層雲峡を軽く写真撮りながら走ったあと、士別でめん羊牧場を見てジンギスカンを食べる。

どっちにしようかなーと思いながら、ふと山の上の方を見たら、けっこう色づいてる部分が。


これは、思い切って1案にしよう! と決定しました。

てことで、次は銀泉台へ。



2日目-3.タウシュベツ川橋梁 に戻る←   →2日目-5.銀泉台(~稚内) へ進む


北海道2007秋 index


  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/284-248d655e




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。