スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007秋 3日目-3 礼文島 桃岩遊歩道 2007.9.14

2007年9月14日(金) その3

澄海岬へ行った後は、いったんフェリーターミナルに戻り、次は桃岩遊歩道へ行きます。
ここは、歩くのがメインだったので、フェリーターミナルに車を置いて、遊歩道の入口までバスで行くことに。

利尻が見えないし、花も咲いてないこの時期に、ここ歩く意味はあるのか?と思いつつも、
雨も降ってないし、やめたからといって他にすることがあるわけでもないし、
って感じの消極的な感じでの決行です。

フェリー乗り場から、元地行きのバスに乗り、途中の、桃岩登山口で降ります。
で、バスの運転手さんに、桃岩展望台はどこから行けばいいのか聞いてみたところ、
距離が長いけどゆるやかな方の道と、きついけど距離が短い方の道 を教えてもらいました。
何を思ったのか、私は、きついけど距離が短い方を選んでしまいました。
いつもなら、長くてもいいから楽な方選ぶのに…どうしたんだ私…。
結果、死ぬほどきつくて後悔しました…次行くことがあれば遠くても楽な方で行きます…。

急な登り坂を15分~20分ほど登りきって、ようやく桃岩展望台に到着。
展望台からはこの眺め。

天気が中途半端なので海がくっきりしてない上に、季節的にもちょっと枯れ始めていて
条件的にはまあ中途半端だったのですが、それでも、やっぱり圧倒されてしまう景色でした。
なんかもう、手つかずの大自然、というか、秘境、というか。
桃岩は、右側の岩です。まあ上から見たらあまり桃に見えないけど。


これは、さっき登ってきた道のり。
下の方ーーーの道に、バスが小さく写ってますが、あの辺りから上ってきたんです…。
一気に上るのはやっぱり私のようなひ弱な人間にはなかなかきびしい…。

桃岩展望台は、割と広くて、ベンチなどもあり、休んだりできます。
ここまでは、人もけっこう来ます。団体さんも来てました。
が、私が目指すのはもっと先。

ここから続く遊歩道、元地灯台まで2.5km、さらに、島の南端の知床まで2km、計4.5km歩く予定。
…まだここは入口なんだけど、既にこんなに疲れていて大丈夫なのか??? と思いつつ、
とりあえず、出発。



こういう道を歩きます。
人が1人歩くのがやっとの幅。
植物はなるべく痛めないように、触れないように歩きたいのですが、
柵を越えてきてるものもあり、なかなか気を使う。
この日は、本当に人が少なかったのでまあ歩きにくいということはなかったけど、
人の多い時期だとかなり歩きにくいのではないかと思う。


それにしても、この日は人が少なかった。
季節的にもう花はないし、利尻は見えないし、そんな道を4.5kmも歩こうなんて物好きはあまりいないのか…。
でも、せっかく礼文まで来てるんだから、もう少しいるかと思ったんですけどね。
結局、4.5km歩いて、会った人、合計2人だった…。人少ないにも程が…。
さすがに、急に具合が悪くなったり、足くじいたりしたらどうしよう、とちょっと思いました…。
途中、茂みの中で、割と大きめのガサガサいう音がした時もかなり怖かった。
小動物?ぐらいの音の大きさだったので、走って逃げました。


利尻が見えないので、最初はテンション低かったのですが、
それでも歩いていると、自然の風景の素晴らしさに浸ることができました。
特に、島の西側の海岸線は絶景で、30分ほど歩くと、だんだん楽しくなってきました。



海に浮かんでるのは、猫岩。
この角度だと猫にはなかなか見えづらいですが…。


遊歩道のすぐ脇は、6~7月には花畑になると思われる草原。
花が咲いてたらすごくキレイだろうなあ…などと、思いを馳せつつ歩く。
人が少なめの時期がいいと思ってたけど、ここまで少ないのは望んでなかったので、
人が多いのを恐れずに7月に来ればよかったかも…と思った。
というか、きっとまたリベンジしに来たいと思ってるので、その時はそうします。



どこまでもどこまでも続く、一本道。
すごいでしょう、こんなに遠くまで見えるのに、前にも後ろにも誰もいないんですよ!
こんなに独り占めできる機会もまあないだろうので、それはそれで貴重な機会だったかと思う。
この見晴らしの中、1人歩いてる時はかなり楽しかった。
たしかに利尻は見えないし、曇りがちだけど、この日は風も弱く、視界もそれなりにあり、気温もほどほどの、
コンディション的にはさほど悪くない条件だったと思うんですけどね。



秋ならではのちょっと寂しげな風景も、見慣れると悪くない。
そう、花はなくてもまあ許せるのだ…これで利尻さえ見えてればかなり満足できたはず…。
返す返すも、見えなかったのが残念でならないです…。
だけど、見えないからといって、歩かなきゃよかったってわけでもない。
歩かなかったよりは、満たされたものはいっぱいあったと思う。



この日は特に利尻側の方が霞んでいて、海の色もはっきりしないぐらいでした。
フェリーがなければ、そこが海だと分からないような色…。



元地灯台付近から。
この辺りから見た西海岸部分は本当に絶景。日本離れした景色。
ちょうど日も差してきて、本当に美しかった。



真横に急斜面、そしてその下は海。
本当はもっと深い、もっときれいな青のはずなんですが…まあこの天気じゃしょうがないですね。



元地灯台。
小さな小さな灯台でした。
すぐ近くまで行きましたが、ここがいちばん、道が草でふさがれてて、困難でした。
なぜだ!? ここまで来た人、灯台のそばまで行かないの!?

とはいえ、特に休む場所があるわけでもなく、立ったまま景色を眺めただけだったけど。



元地灯台から、ゴール地点の知床までは、あと2km。
ここまではアップダウンもあったけど、ここからは全て下りなので、
写真撮りながら歩いたとしても、45分ぐらい見とけば余裕で着くでしょう。
知床からバスに乗って帰るつもりだけど、バスの時間まであと1時間30分近くあったので、
とりあえず、ここで30分ほど、写真でも撮りながら利尻が見えるのを待ってみることにした。
(結局ここでは見えなかったけど。)



おそらく、画面まんなかあたりの、雲が固まってるところに、利尻山があるのかと…。
全体的には天気よくなってきつつあるのになあ…。





ほとんどの花が枯れてしまってた中、この花だけは所々咲いてました。
元地灯台付近のがいちばん多かったです。



こういうのをやたら見かけた…。
元の姿は一体どんなだったんだろう?








まあい、いろいろと写真撮りつつ待ちましたが、やはり利尻は見えてこないので、
しょうがないから、ゴール地点の知床へ向かうことにしました。


名残を惜しみつつ。
あとは、下りばかりなので、楽!です。
道幅も広く、歩きやすいです。
花がない時期なら、知床-元地灯台の往復だけでもいいかも、と思った。

半分ほど下ったところで、ふと気づくと…。


・・・目の前に利尻が!!!

頂上のあたりしか見えてないけど。
私が求めていた海も山もパキッとくっきり見えている、という状態でもないけど。
それでも、ほんの少しだけでも、こうやって姿を見せてくれただけで、こんなにも嬉しいなんて!!!
ちょっと感涙ものです。
だって、ここまで来たのは利尻島を見るためなんだから。




それにしても、利尻は思っていたよりも大きくて、圧倒的な存在感があった。
やっぱり利尻はいい。
中学生の時に、写真見て、一目惚れして以来、永遠の憧れなのですが、今回ますますその思いを強くしました。


が、それも束の間。
知床の集落に近づく頃にはだんだん薄れてほとんど見えなくなってしまった…。
見えてたのはほんの10分足らずだった気がします…。
いや、たとえ10分弱でも、見えただけよかったですが。



下に着いた時にはもう完全に山は雲の中でした…。
天気はいいのに残念…。

知床バス停からは、バスで、香深のフェリーターミナル(ここに車を置いてる)に戻り、
桃岩遊歩道コースは、計角通り、こなすことができました。

利尻がもっと見えれてばいうことなかったですが、
西側の海岸線などはかなり見応えもあり、行ってよかったです。
これで、天気がよくて、空も海も青くて、利尻もくっきり見えてたら、一体どんなに素晴らしいんだろう…。
やっぱり、これは、最高の条件で見られるまで、何度もリベンジするしかないな!
と、思ってしまった…。

きっと礼文にはまた来ようと思います!
9月は天候が安定していて、すっきり晴れる日が多い。
なんていう一般情報を信じて9月を取りましたが、天気なんて、いくら確率が高かろうが低かろうが、
晴れるときには晴れるし、曇る時には曇るし、雨降るときは降る。
今回それを痛感したので、今度は、花と、バフンウニがある季節に挑戦してみたいです。


て、もうこの日は終わったみたいな締めですが、
日没まで車でちょろちょろ走ってみたので、まだちょっと続きます。



3日目-2.スコトン岬と澄海岬 に戻る←   →3日目-4.礼文島 西海岸 へ進む



北海道2007秋 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/288-5f045082




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。