スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007秋 4日目-1 朝の礼文島 2007.9.15

2007年9月15日(土) 曇りのち雨


前日から、もうこの日は捨ててました…。
天気予報、雨。
もうどうしようもないですよ、離島で雨って。
とりあえず、朝は、まだ降っていなくて、うっすらと利尻も見えました。

もっと最悪の状態を想像してたので、意外。
今日の方が天気が悪いはずなのに、分からないもんですね。
でも私が求めている利尻はこういうぼやーっとしたものではなく、
青い空と青い海の中にくっきり浮かび上がる姿なわけで、
この状態のが見えたからと言ってだからどうと言うわけではないのだが…。



もし、昨日も今日も晴れだったら、昨日、桃岩遊歩道を歩いて、今日は北の4時間コースを歩く
というのが第一希望でしたが、曇ってる中歩いてもパッとしないだろう、というのと、
4時間も歩いてたら途中で降り出すと厄介だ、というのがあって、4時間コースは完全に断念。
とりあえず、ホテルやフェリーターミナルからも近く、気軽に行ける桃岩展望台にまた行ってみました。


前日以上の霧です…。



前日は、はるか遠くまで見渡せた遊歩道も、先が見えません。
こんな日だとちょっと怖くて歩けないかも…。



昨日は、西側ばっかり写してたので、フェリーターミナルのある、東側の海も写してみる。


なんて事をしていたら、ふと見ると、
ここでもうすーーーく、利尻が見えていました。


本当にうすくなので、かなり微妙なのですが…。
裾の方は霧のせいか、どこまでが海なのかすら分かりません。
それでも昨日は見えなかった利尻が見える。今日のが天気悪いのに。本当に不思議。


と、思うと、霧が流れてきて見えなくなったりもする。
どうも、利尻自体には雲はかかってなくて、もっと手前の霧が原因で見えたり見えなかったりしてる模様。



またうっすらと姿を見せた利尻。
でも、見えてる時間と見えてない時間では、どう考えても見えてない時間の方が長い。
しかも、見えてる時も、うっすらとしか見えない。空は曇天。


礼文といえば花。
でもこの付近では、この程度しか見れない。

なんか、もういいか…って気分になってきた。
とにかく、今回も礼文では天候に恵まれなかったのは事実だ。
これから好転する可能性はゼロだし、これはしょうがないことなのだ。
あがいたところで天気が変えられるわけじゃない。
もう今回の礼文はあきらめよう。
そして、また来るよ。こんなにダメだったら逆にすがすがしい。
2年前、流氷が全くなくて、網走の地でリベンジを固く決意した時と同じ気持ちです。
絶対リベンジしようと固く心に誓う。


ということで、本来なら午後の便で利尻へ移動するところ、
もう1便早いのに変更することにしました…。
今利尻に雲がかかってないなら、利尻島ではなんとか見られるかもしれないし。


これが、礼文島から見えた最後の利尻島。
この後はもう港からも知床からも見えませんでした。



フェリーまでの待ち時間に、礼文での記念?にウニのおすしを食べときました。
美味しかったですよ。
ムラサキウニなら、うに丼よりも、寿司ぐらいの方が私はいいかも。



それじゃあ、さようなら、礼文島、絶対また来るからね~。
礼文島、好きなので、また来る理由ができた、と思うことにしよう。
逆にいい条件で見られた場所にはもう行かないことが多いので(次はがっかりするから)
これはこれで縁があるってことでしょう。うん。
いつか、思い描いているとおりの利尻が見られるまで、礼文には行こうと思います。


礼文島・香深港~利尻島・沓形港 の便は、恐ろしくすいていて、
車乗せてるの、私含めて3台!! ここまですいてるとはびっくりですよ。


沓形行きは特にすいてるのかな…。季節便のようだし、中心のフェリーターミナルは鴛泊の方だし…。
客も少なく、礼文島名物?の、民宿・桃○荘の見送りの姿は見ることができませんでした…!
これはちょっと残念だった…。

船室もガラガラだったので、天気も悪いことだし船室内で過ごしました。
このタイプの船室(カーペット敷きで、靴脱いで上がって、地べたに座ったりゴロゴロするようにできてる)は
混んでる時にはちょっと苦手…ですが、すいてるとけっこう快適だったです。

こうして、昼頃、利尻に到着です。



3日目-4.礼文島 西海岸あたり に戻る←   →4日目-2.雨の利尻島 へ進む



北海道2007秋 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/290-8e698437




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。