スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007秋 5日目-1 利尻島~稚内 2007.9.16

2007年9月16日(日) 晴れ

前日の予報では、 雨のち曇り のはずだったこの日、起きてみると、
雨は止んでいるようで、雲の合間から空も見え始めてきていた。
とはいえ、残念ながら、利尻山は雲の中…。まあしょうがないか…。


今になって思うと、せっかく晴れてきてたんだから、どこか景色のいいところに行けば、
少なくとも前日よりは綺麗な景色が見られたんじゃないかと思うんだけど、
でも一応昨日基本的なとこは一通り見たし…と思って、朝食におにぎり買って、
車の中で食べつつ天気待ち。

本来の私なら勿論、島1周、行くだけ行ってみただろうけど、前日に入れたガソリンが
あまりの高額だったので、無駄になるかもしれない1周をする気になれなかったのだ…。


びっくりです…ガソリン…島価格…いや本当…。輸送費とかかかるから?
稚内よりも30円以上高いです。怖くて10リッターしか入れられなかった。
なので、残りのガソリンが心もとなかったんですねー。

おにぎりは、セイコーマートで。
セイコマはいいね、美味しかった、おにぎり。手作り風味な感じで。
チンして温めるんじゃなく最初から温かかった。
冬にローソンでおにぎり買った時は、地元で売ってるのと同じようなのしかなかったけど、
セイコマの方が地域色あるんじゃないかなと思う。(って、地元じゃセイコマ行かないので知らないけど…。)


さて、今回の目的だった、ペシ岬から利尻山を見る というテーマですが、
ペシ岬の方はけっこう晴れてきてるのに、利尻山には待っても待っても雲が…。

↑ペシ岬



↑利尻山があるはずの方向

たいしたことなさそうですが、近くで見ると、ペシ岬、けっこう高くて、登るのきつそうなんです。
利尻山が見えてないのに登るのはかなりごめんです。


ここで、私、ものすごく悩みました。
予約していた稚内行きのフェリーは 9:10発-10:50着。 次の便は、12:20発-14:00着。
今までの様子を見てると、空きは十分にありそうで、次の便への変更はできそう。
朝から見えていたら、6時にホテルでて、3時間ほどで行きたい場所回って…って思ってたけど、
利尻山は一向に見えてこないので動けない。

もし、このあと、山が見えてくるのであれば、1便遅らせるべきだと思う。
でも、10時ぐらいまでに山が見えてこないのならば、早い便で稚内に行きたい。
最悪の事態は、見えてくるのに賭けて遅い便にしたのに、結局山が見れなかった場合。

なので、9時10分のフェリーに乗り込まなきゃならない時間までに山が見えなかったら
もうあきらめる…ということにしました…。

・・・結局、フェリーが来ても利尻は見えず…。早い方の便にしました。
逆側はこんなに晴れてるので、かなり悩んだんですけど…。



フェリーに乗って、甲板から山を見ると、なんだか、さっきより明らかに雲がばらけてきてる。
し、しまった、やっぱり残るべきだったか!?(といってももう遅い。)



そして、いざ出航~。ものすっごい、いい天気になってきてます…。
海の色もめちゃくちゃ綺麗です。この色です。待っていたのは。


にしても、もう3時間早く回復してくれてたらなあ。
というか、そもそも、山が見えてこない気がしてたのは「雨のち曇り」の予報のせいでもあるのだ。
当日朝の予報でそれなのよ!?なのに、この快晴は何!?

さて、お約束ですが、出航の10分後には…





頂上、見えてきましたねー。
山の上、雲ありません。
下から見たら上まですっぽり雲だと思ってたけど、離れてみると、想像以上に雲は薄くなってたらしい…。
これならあとの便にしてたら見れてたな…。
もう海の上なのでどうしようもないが…。
まあ、移動手段であるフェリーで、遊覧気分を味わえたと思えば得したかな…。



中腹に雲があるとはいえ、全体像はとてもはっきりくっきり綺麗に見えました。空も青いし。
こういうのを礼文島から見たかったのだよ…。


こっちの、背の低いべたーっとした島が礼文島。利尻島とは対照的な形。
礼文島にも今日はほとんど雲がかかってない。
きっと向こうからも利尻がきれいに見えてるんだろう。
全てにおいてそうだったんだけど、今回は、日程を一日ずつ後ろにずらしてれば
かなりいい感じに回れたと思う…。ちょっと惜しい。



このフェリーの周りにもカモメがいっぱいいました。
えびせんやってる人がいた。まあそりゃカモメも来るだろう。


利尻山は終始きれいに見えていて、1時間40分の船旅は、本当にあっという間だった。
天気もいいし、ずっと外にいました。
帰りも全く揺れず、全く酔わず。快適な船旅でした。
この航路、酔うのが不安だったんだけど、今回全く大丈夫だったので、
次はもっと気軽に行けると思う。うん。


さて、稚内の町が見えてきました。利尻島をバックに。
ここまで来るとちょっと霞んできますね…やっぱり島まで行く価値はあるなと思う。



フェリーから見た宗谷岬方面。





フェリーを降ります。
朝の便だから混むのかと思えば、普通にすいてた。
この時期なら予約なしでも全然OKなのね…。(あ、でも最初の、稚内-礼文の朝一便は混んでたけど。)
このフェリー、バックで乗せるのが大変なんだけど、3回目になるとかなり慣れてきて、楽々乗せられた。
やはり、鍛えたらそれなりに上達するものなんだね…。


稚内に着きました。もう、見事に快晴です。(しつこいが、どこが、雨のち曇り なのかと…。)

↑これは、防波堤ドーム。
一応名所らしいので。
タクシーとバスがちょっと邪魔すぎて、写真としてはどうかと思うが…。


日本最北端の駅、稚内駅。




そういえば、最北端の線路が、改札に入らなくても見れるんだっけ? と、探してみた。
駅の裏側、というか、北側にありました。

てことで、「最北端の線路」


数日ぶりの晴れ、というか、こんなに揺るぎない晴れは、この旅行で初めてです。
結局1日中晴れてたのは、この日だけだったという…。
まだまだ続きます。




4日目-3.オタトマリ沼と利尻山 に戻る←   →5日目-2.豊富周辺 へ進む



北海道2007秋 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/293-47ac821c




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。