スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

北海道2007秋 5日目-2 豊富周辺 2007.9.16

2007年9月16日(日) その2


車で道北まで来たからには、ぜひ実現したいことがありました。それは、
「快晴のオロロンラインの道道106号部分を、日の高い時間に南から北へ走ること。」
そう簡単に実現しないと思っていました。
しかし、今日ならできる!! 天気的にも時間的にも。
ってことで、稚内から一旦天塩まで南下し、その後、道道106号を通りながら再び稚内に戻る。
なんていう、アホなことを企画しました。
今日の目的地は旭川なのですが、つまり、

1 稚内から天塩まで1回南下(約80km)
 ↓
2 道道106号を北上して稚内に戻る(約80km)
 ↓
3 稚内から旭川に向かうのに、また天塩を通る

1と2の部分が全くの無駄です。160kmも…。
普通に、稚内から旭川に行く途中に、南向きにこのルートを取れば無駄がないんですが、
快晴の日に南下すれば眩し過ぎて風景が楽しめないし、逆光であまりきれいじゃないし、
なんといっても、北向きに走った方が、利尻を見ながら走れる距離がかなり長いのです。
こんな機会、2度とないと思うので、やるしかありません。

とはいっても、同じ道を3回も通るのはさすがにアレなので、
まずは、内陸の国道40号を通って、豊富まで行ってみました。

豊富といえばサロベツ原生花園。


遠くーーーに利尻が見えてるの、分かります? 陸続きみたいです。
サロベツ原生花園は、元々、ごく一部の時期を除いて、花は少ない場所なんですが、
この時期になると本当に原野…。
まあ、花がないのは分かっていて、最初から原野を見るつもりできたので、別にがっかりはしませんでしたが。
でも、たとえ遠くにでも利尻が見えなきゃやっぱりつまらないかも、と思う。
晴れは、その景色の良さを300%ぐらいアップしますね。

花がないとは言いながら、よく見ると、こういうのは時々あった。

これってリンドウ? 礼文にもあったのと同じかな…。
何にも咲いてないと思ってたので、ちょこちょこでも見つけると嬉しい。


レストハウスで飲んだ、豊富牛乳。
今日の昼ごはんです…。
私は、晴れの日は昼ごはんを食べてる時間を惜しんで駆けずり回るので、昼抜きになりがちです。
一人旅はこういう無茶が気兼ねなくできるので楽しい…。



ついでに、町営大規模草地牧場にも行ってみました。

延々と牧場が続いているのですが、一体どこら辺が一番の見どころなのかがついに分からず…。
全体的に牛も少なめ。
でも、二日目に、帯広で、ナイタイ牧場に行ってなければけっこう感動したかもしれないと思う。
方向性として似てると思う。(ナイタイ牧場の方が、見やすい感じはしたけど。)


いちばん近寄れた牛は、柵の中だった。
人間にはついに一人も会わなかったです。立派な駐車場もあったけど、車は全く止まってなかった。
3連休中日の日曜なのに…。
そういううらびれた感を味わうなら、こっちの方がおもしろいかもしれない。




牧場の中の道。
自分以外の車もいないし、とても気持ちよかったです。


撮ろうと思うと意外とチャンスが少ない、牧草ロール。
白いのに包んである理由は知りません…。


町営大規模草地牧場を出た後は、さらに少し南下。
途中の道にはやはり、牧場が多い。

それにしても、人間は一体どこにいるんだろう…。





牛を見かけると、止まって写真撮ったりしつつ、のんびり走りました。
天塩まで、思ったよりも短かったです。


このあと、やっとオロロンラインに入ります。


5日目-1.利尻~稚内 に戻る←   →5日目-3.オロロンラインを走る へ進む



北海道2007秋 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/294-b07e40ef




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。