スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

京都紅葉2006・3日目-1 嵐山・渡月橋~大覚寺

2006年12月1日(金)晴れ時々曇り   

本当は、この日、もっと他にいろいろと行きたい場所があったんだけど、
紅葉の終わり方がめちゃくちゃ早くて、もう既に見頃終わり、もしくは終盤 のところだらけ。
29日も相当ひどかったけど、当然ながらこの日はもっと終わっている地点が多く…。
「何とかまだ見られる場所」を必死で探して行く、という、最初から期待薄な1日となってしまいました。
万全の体勢で準備してたはずなのに、天候とカレンダーがことごとくうまく合わなくて
計画の半分も実行できなかった…。
…なんでこんなことに…。

とりあえず、嵐山からスタート…。

本当は、常寂光寺がすごく見たかったのですが、見頃過ぎてしまっているようだったので、
終わりかけの紅葉を見てその場所自体にガッカリしたくないのでやめて、
この周辺で今まだ見られるとの場所を数箇所回ることにしました。
なので、気合は入ってなくて、何も朝一で来ることもないかなと思ったのですが、
まあ、嵐山というと、すごく混むイメージだったので…。

嵐山の市営駐車場が8時からなので、8時5分前には着いとこうと思ったのに、
実際に着いたら8時30分…。(また、このパターン…。)
でも、まだじゅうぶんすいてました。まあ平日だしね…そして12月だし…。
平日でも11月なら混んでるかも…。

駐車場を出てすぐの場所が渡月橋だったので、渡月橋の写真を何枚か撮る…。





辛うじて、なんとか、山の色づきが残っているかな といった程度。
まあ、色的にはけっこう褪せてきてはいるんだろうけど、贅沢もいえません。
このあたりは、朝がよいですよー。昼過ぎから逆光になってしまうので、あまりきれいに見えません。

それにしても、何を焦っていたか、渡月橋を渡って戻ってこようと思ってたはずなのに、
すっかりそのことを忘れていた…。残念。



渡月橋の写真を何枚か撮った後は、大覚寺へ行ってみることにしました。
歩きではかなり遠いので、渡月橋の近くから大覚寺方面のバスに乗り、辿り着いたものの…。

うーん・・・明らかに紅葉は終わっている…。





寺自体の規模はとても大きく、建物的にもなかなか見ごたえがありました。
しかし…紅葉は少なかった…。



順路に沿って進んでいくと、ようやく紅葉が見えてきました。










ってことで、寺の中でも、大沢の池に面した部分には、何とか紅葉のある場所が…。
これ書いてる今頃(2007年11月)になって知ったのですが、
どうも、ここは、寺の中に入るよりも、池の向こう岸の方に行って、
そこから寺と紅葉を眺めるのがイイ! みたいですね…orz
私は、この時、大覚寺に行くことを、前夜急に決めたので、下調べが足りなかったよ…。
まあ、とはいえ、この紅葉もかなりくすんできていて、最善の状況でもなかったから、
別にいいか…もう…。


順路に沿って進むと、再び大沢の池からは離れ、紅葉はちょろちょろ、程度でした。
まあ、建物は本当に立派で、延々と続く回廊は本当に見応えあるんですけどね。
あと、人が少ないのも、雰囲気があってよかった。








しかし、人出に関しては、2007年のJR東海のCMで取り上げられてしまったので、
その後の混雑具合は分かりませんが。
しかも、そんなことになるとは想像もせず、この年、適当に流しての撮影って感じでしか撮ってなく、
写真がしょぼいのが、私の中途半端なとこです…。

本当は、この後、大沢の池の周辺ぐるっとするべきだった気がしますが…。
なんだか池の周りの道を歩くのに200円とか言うし、
紅葉の見頃も明らかに過ぎてしまってる感が漂っていたので、もうやめて、次に向かいました。

でも、後で知ると、かなり景色よさそうなので、200円程ならケチらずに行けばよかったかも、
とちょっと思ってる…。(もっと高い場所なんていっぱいあるのに…。)
大沢の池には是非リベンジしたいです!


2日目-7.永観堂・夜間拝観 に戻る←  →3日目-2.清凉寺 へ進む

京都紅葉2006 index





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/311-3337ce6b




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。