スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

長野 紅葉・黄葉の旅 3日目-2 朝の田代湿原と田代池 2007.10.31

2007年10月31日(水) その2


大正池をあとにして、次は田代池へ向かいます。
林の中の道からは目の前には穂高が見えてます。


林を抜けてからも穂高が見えてます。まだ霧が取れきってませんね。

上高地というと、もっと人がいっぱいなイメージだったのですが、
このあたりは結構静寂が保たれていてよかったです…。

で、視界が開けた場所に出ました。ここが田代湿原らしい。

湿原の、水がたまっているところに、山が映っていてめちゃくちゃ綺麗でした!!!
こんな風景が見られるとは!!!


水たまりをアップで。
本当に鏡みたい・・・。


で、田代湿原からちょっとだけ入ったところに田代池がありました。

池から湯気みたいなのが上がってます。
冬の北海道でさえ見られなかったこの光景が、10月の長野で見られるとは…。




昨夜の雨の影響か、木には水滴がけっこうついてました。


この池の脇で、三脚立てたカメラマニアのおじさん方が、撮りもせずにじーっとしてます。
明らかに何かを待ってる様子。ん?一体何が起こるんだ???
と、思っていたら、太陽が出てくるのを待ってるらしい。
日の出時刻はとっくに過ぎていますが、目の前に山が迫っているので、この池にはまだ
日が差し込んでないのです。

ふと振り返って、後ろを見ると、山の影になってるこの池以外の場所は、もう完全に
スカッと晴れになっていました。

え?いつの間に霧がなくなったの??? 太陽が出たらなくなるのかな…?
カラマツの色も、日が当たってるところと当たってないとこで全然違ってて驚き。


そうこうしている間に、池に日が差し込んできました。







この、もやに、日が当たると、白さが際立って本当に綺麗…。
どんどん姿を変えるので、何枚も写真を撮ってしまった。
こんな風景が見られるとは思ってなかった…。





カラマツが色づいてるのもいいアクセントになってます。
ここは晩秋か、新緑がいいでしょうねえ…。


気づけば、さっきよりも更にすごくいい天気に。雲も霧も完全に消えた。眩しいぐらいの晴れ。



晴れると、もや も消えてきました。




ふと見ると、最初あんなにいた、三脚の人たちは消えていました…。
とっとと次へ向かったようです。いつの間に…。
私はどうも、この切り替えが遅いからいつも時間が足りなくなるんでしょうね…。



田代池は、周囲を木に囲まれてるので気づきにくいのですが、
視界の開ける田代湿原に出てみると本当にびっくりするような快晴になってました。
想像をはるかに上回る快晴です。
「晴れ」と一口に言っても、こんな綺麗は晴れは年に数回ではないかと思う。
旅行先でここまでの快晴にはなかなかめぐり合えないですよ。
こんな晴れは、2月の知床以来だな・・・。
本命場所でこの天気にあたるとは、ラッキーだとしか言いようがない。
特に山は本当に天気次第ではっきり明暗が分かれますから…。
前日までの2日間が冴えない天気だったのも、これで全て許せた。
もっと弱い晴れが3日続くよりも、2日微妙で1日文句なし快晴の方が絶対にいいです。

この天気を無駄にしないためにも、続きを急ごう!
まだまだ続きます。


3日目-1 早朝の大正池 に戻る←   →3日目-3 大正池と田代池再び へ進む

長野 紅葉・黄葉の旅 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/330-5f28337a




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。