スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

長野 紅葉・黄葉の旅 3日目-3 大正池と田代池再び 2007.10.31

2007年10月31日(水) その3


田代池を見た後、河童橋方面へ更に進路を進んでいったのですが…。


日が当たってものすごく鮮やかなカラマツ。


水たまりに映ったカラマツと、空。落ち葉も浮いてる。


カラマツではない木の黄葉も残っているものもあり。
(基本的には落葉広葉樹の方が、カラマツよりも黄葉する時期は早いので、全然残ってないと思ってた。)


とにかく、綺麗なんです!!
特に、黄色く色づいた木は、日が出る前には存在にすら気づかないほど地味だったのに、
日に当たると、ものすっごく鮮やかになるんです。
景色自体も、霧がかかった幻想的なのもいいけど、天気がよくてくっきりした景色が綺麗。
山もさぞくっきり見えていることでしょう。
なので、ふと思いました。
日が昇ってからの大正池も見たい…。

で、また大正池まで、来た道を(1kmぐらい?)引き返すことに…。
往復しなきゃならないので2kmほどの無駄が…。
でもこんなに天候に恵まれるチャンスなんて滅多にないんだし、行かずにはいられない。

朝通った道だけど、最初に通った時はうっそうとした暗い林だなと思っていたのに、
今見ると、ものすごく明るい…。



大正池の端っこの方の、浅いところ。




焼岳アップ。

頂上やや右に、かすかに噴煙が上がってました。
はえてるカラマツの木の1本1本までくっきり見えて、迫力ありました。
この日は、焼岳がいちばんきれいだと思ったので写真撮りまくりました。


大正池の、更に奥の方へ戻る途中の道から。

ここは、朝通った時もきれいに水面に映りこんでいたけど、
この時はもう、どこまでが水面でどこからが本物の景色か分からないぐらい
見事に鏡状態でした。


で、いちばん最初の大正池。


朝と全然違う…! 天気で景色って本当に変わりますねー。
個人的には、穂高連峰は霧がある時の方がよくて、焼岳は晴れてきてからの方がよかったですね。

で、ひとしきり写真を撮ったら、また同じ道を引き返します…。

この道も、朝通った時と全然違ってた。
朝は、木は影になっててただただ暗かったので、
この木がカラマツだったことにすら気づいてませんでした。


そして、田代池…。


ここは、早朝の方が絶対にいいです…。まあ、もしかしたら午後もいいかもしれないけど。
これ撮ったのは10時20分頃でしたが、逆光で、なんだかろくな写真が撮れず。
朝はあんなにいっぱいいた人も、すっかりまばらに…。


それにしても、こんな予定外なことをしてしまって、既に計画していたよりも1時間ぐらい遅れている…。
なんだか既に、「最初に粘りすぎて、あとで時間が足りなくなる」という
いつものパターンを予感しつつ、とりあえず先を急ぎます。



3日目-2 田代池と田代湿原 に戻る←   →3日目-4 梓川沿いの風景 へ進む

長野 紅葉・黄葉の旅 index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/331-e8cf89ee




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。