スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

長野 紅葉・黄葉の旅 3日目-8 明神池~梓川右岸の遊歩道 

2007年10月31日(水) その8

嘉門次小屋で岩魚の塩焼きを食べて何とか体力復活したあとは、明神池へ。
一瞬、見るかやめるか迷いました。
なぜなら、ここだけは有料だったから…。300円だけど。
なんでも、神社になってるとかなんだかだそうなんだけど、
大正池が無料で見れるのに、明神池が有料なんて…と、思ってしまって。
入るのやめかけて、でも戻って…を、2度ほど繰り返し。どんだけ小さいんだ自分…。
あえて弁解しておくと、金額の問題ってよりも、歩いて自然を見るのにお金を取られるのが
なんだかちょっと興醒め的な気分がしてしまってどうも…。
でもまあ、やっぱり入りました。片道1時間、往復2時間もかけて明神まできてるんだし。
天気が悪かったらやめてそうだけど…。





入ったら、入ったなりに、綺麗でした。カラマツも見頃。
でも思ってたより狭かったので撮影には苦戦しました…。
もっと引いて撮りたい構図がいっぱいあったけど、カメラは広角側でもきびしいし。
それなら自分が下がりたくても、下がるスペースがないし。

もう少しゆっくり見たかったのですが、とにかく時間が心配なので15分ほどで退散。

これは、入口付近のカラマツ。


木でできた鳥居。

時刻は14時30分を過ぎていたので、16時頃のバスで帰るつもりだった私、
また焦りつつ、河童橋まで戻ります。
そもそも今日、兵庫の家まで帰るわけだけど…こんな時間にこんなとこにいて大丈夫なのだろうか?
なんて思いつつ…。

来る時に通った左岸の道とは対照的な感じで、右岸は湿地帯が多く、
川も入り組んでいるし、木の種類もいろいろあり、景色も変化に富んでてけっこうよかった。
秋の湿地ってつまらないんじゃ?と思ってたけど、そんなことなかったです。









カラマツの黄葉も、カラマツじゃない黄葉も、どっちもきれいです。





そして、↑ここの紅葉は特によかった…。
今回の旅行で見た中では、紅の色はここが一番だったと思う。



やはり綺麗な水の色。
それにしても急いでいたせいで、せっかくPLフィルター持ってきてたのに使いそびれ…。
こここそ使う場面じゃないのだろうか?? 滅多に使う機会ないのに…。



すみません、この池の名前は分かりません。
実物はもっと綺麗だったのですが、逆光ゆえ、うまく撮れませんでした。
それより、またちょっと雲が出てきたな…。この辺からちょっと光不足。



とにかく、1日中、これでもか!ってくらいの黄葉を見てきたので、紅が珍しくて…。


そんな感じで、けっこう遠いと思われた1時間の道のりは、割とすぐでした。
行きに通った道よりも短く感じた気がします。


さて、次でやっと最終回です…。



3日目-7 小梨平~明神橋 に戻る←   →3日目-9 上高地の夕暮れ へ進む
長野 紅葉・黄葉の旅 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/336-e22dd83f




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。