スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の好古園・夕方編 2007.12.2 sun

2007年12月2日(日) 晴れ時々曇り

→ライトアップ編はコチラ
姫路城周辺の紅葉を見た後、西隣にある日本庭園、好古園に入りました。
姫路城には何度も行ってるけど、好古園は初めてなのでちょっと新鮮。
紅葉のライトアップもあるというし、姫路城より紅葉は見ごたえあるかも?
と、ちょっと張り切って臨んでいました。

しかし、姫路城の北側に紅葉並木があるとは知らなかったので
その分の時間を予定に入れずに来ていたので、
予定していたよりも30分以上遅く好古園に入ることになってしまった…。
もっと昼間のも撮りたかったのですが…まあしょうがないけど。

ってことで、門を入って順路に従って進んで最初の庭へ。


まあ、辛うじて何とか、紅葉は残っていました。
でも見頃最終って感じでしたが…まあ12月ですしね…。

最初の庭がいちばんの見所でしょう。広いし紅葉も多くて池もあるし。

しかし、まあ、↓ここなどは影になっててあまりきれいじゃなかったけど…。


池の方を向いた方が綺麗でした。


紅葉は、最初見た時、「おっ!けっこう鮮やかに色づいてるのでは!?」
って思いましたが、どうもじっくり見ていると、既にライトアップの電気で照らしていたようで…。
実際よりも鮮やかになってるものと思われます…。
いや、ま、いいんだけど。
夕方になると、紅葉の色も沈んでしまうしね…。


この好古園、姫路城のすぐ近くにあるので、庭園から姫路城が借景で見えるに違いない
と、勝手に妄想して行ったのですが、実際はほとんど見えませんでした…
無理して姫路城が入ってるのを撮ってみたものの、↓この程度が限度…。

…近すぎるとかえって入りにくいものなんですかね…。
姫路駅を出て、姫路城の方を向いた場所辺りの方がよっぽど距離的に遠いのに
よっぽどよく見えるというマジック…。


ま、姫路城を無理して入れるのはあきらめ、庭園に集中することに…。




とりあえず、ここまでが、最初の庭園で、たぶん一番中心となっているところです。
この後も、いくつかの庭園があったのですが、
どれがどの庭園か、帰った瞬間に分からなくなりました…ので、以下、写真の羅列で…。


いろんな花のあるゾーンがあったような。
この日は、この芙蓉の花がきれいでした。





時代劇の撮影などでも使われる場所らしい。
(時代劇ではむしろ姫路城の方をよく見かけますけどね。)



普通の紅葉とはちょっと違う、ピンク系の葉っぱ。不思議な色でした。何の木か見てくるの忘れた…orz



もちろん普通の紅葉もあります。


まわっているうちにどんどん日が暮れてきて焦る焦る。まだ16時30分ごろなのに。
紅葉もすっかりライトアップが始まっている状態です。


のじぎく。

のじぎくって、兵庫県の県花なんですが、正直、のじぎくって聞いてもどんな菊か
今まで知りませんでした。こんなのだったのね。よく言えば清楚、悪く言えば地味…。
っていうかですね、これ、我が家の庭に咲く正体不明の菊とそっくりなんですが…。
うちの庭にあるのものじぎくなのか、来年また検証してみよう…。
市内にあるのじぎくの群生地も割と近いはずなのでまた行ってみたい。
でも、紅葉の見頃と時期がかぶるので、なかなか時間が取れないんだなあ…。



順路的に最後の方にあたる庭の一角からも、辛うじて姫路城が見えるポイントがあった…。
まあここも、ほんの少しチラッと見えてるだけだったけど。
本当、もう少し何とか工夫して、もっと姫路城が見られるように作ればよかったのに…。


最後に大きめで縦写真2枚。夕暮れの紅葉も悪くはないですね…。




時間帯的にもっと悲惨なことになるかと思ってたのですが、
暗くなりきる前にライトアップ始めてくれてたので、紅葉は割と見られました。
けっこう親切だなあ。と、ちょっと感心。

それにしても、この日は、ライトアップ最終日。
日曜ってこともあるし、絶対もっと混んでると思っていましたが、夕方のこの時間帯、かなりガラガラでした…。
2日前の京都の喧騒が嘘のよう。
紅葉の規模も京都と比べるともちろんしょぼいけど、ゆっくり見られる分差し引けば
土日に関して言えばけっこういいんじゃないかと思います。
まあ、年によって紅葉の当たり外れがあるような気はしますが…。

さて、次は、本来の目的である、ライトアップ編です。


紅葉の姫路城周辺 に戻る ←  → 紅葉の好古園・ライトアップ へ進む

紅葉 index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/372-0209e993




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。