スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪景色の京都 1日目-1 大原参道 2008.1.18

2008年1月18日(金) 晴れ

前日ネットニュースで見かけた、「京都 大原で積雪10センチ」。
写真も出ていたけど、ものすっごい降りっぷり。
1日たったら融けてしまってるかも!? と、迷いつつも、
この機会を逃したらもう雪の日なんてないかもしれない、と思い、行くことにしました。
(実際は、その後、大原では雪の日も多く、この日よりも雪が多い日はいっぱいあったのだが…。
まあでもそれは結果論なのだ…。)

京都に着いたものの、京都市街地は快晴で、雪の欠片もなく、どんどん不安になってくる。
でも、八瀬の辺りを越えた頃から、急に山に雪が見え始め、対向車は車の上に
けっこうな量の雪が乗っている。
ノーマルタイヤな私は逆の意味で心配になってきたほどだったけど、何とか到着。
まあ、着いてみると大原のあたりまでならノーマルで全然問題ない道路状況でしたが。



雪は、残ってるといっていいのかよくないのか、な程度。
でも、欠片も残ってなかった京都市の中心部から見ると、かなり残ってるんですよこれでも。


駐車場が、一体どこに停めるのがいいのか、さっぱり分からなくて、
それどころか、どこもガラガラすぎて、営業しているのかすら分からなくて、
ようやく何とか営業してそうなところを見つけて駐車したものの、
どうもけっこう遠くのに停めてしまったようで…まあいいけど。
夏なら、歩く距離は1mでも短くあってほしいけど、冬の歩きは気持ちいいですからね。
でもやっぱり、道中、次々ともっと近い駐車場があったのはちょっとがっくりでした。
どこもガラガラでした。

それにしても、紅葉の時期などから見ると、信じられない過疎ぶり…。
昨日のニュース見て駆けつけてきてる私のような人がいっぱいいると思ったのに全くいない…。
…私、何か間違ってるのだろうか?

駐車場からの通りすがりの景色なども写真に収めつつ、ゆっくり歩きます。
遠くの山もちらちらと白かったのがよかったです。



道を進めば進むほど、道が凍結気味で、ノーマルタイヤでは怖そうだったので、
遠くの駐車場に停めて景色見ながら歩く っていうので正解だった気もします。
(いや、まあ無理やりそう思い込もうとしているとも言う…。)


そうこうしているうちに、本格的な参道らしき場所に出ました。
右側の石垣と壁は三千院。



みやげ物屋や茶店なども、雪だと尚のこと風情がありますねえ…。


それにしてもこの日は…本当に迷惑なほど天気がよく…。
いや、好きなんですよ!? 雪の白と空の青の組み合わせ。
北海道に行く時などは晴れてないと絶対に嫌だし。
でも、近畿地方で雪が見たいと思ったら、晴れてたらダメなんですよ! すぐ融けちゃうから!
ゆっくりじっくり雪を愛でたいのに、午前中しか持ちませんからね…。


雪の白と橋の赤の組み合わせもいいです。



ところで、この日はこんな感じの木をやたら見かけたんですが…。

雪が綿のような感じに少しずつ塊になって枝にくっついているという…。
なんだか不思議でしたね…。
降ってすぐだともっと枝の1本1本に均等に積もると思うし、
降って時間が経つと枝からは雪は落ちるものだと思っていましたが…
この現象は一体何なんだろう???




日陰ではこのような感じ。やっぱり日が当たる場所とは融け方が全然違う。
これぐらい残ってたら、普通の靴だと危ないかも?
私は逆に気合入れすぎて雪用の靴を履いていて、それはそれで恥ずかしかったですけど…。
(寺で参拝する時は靴脱いで上がったりしますからね…。)



参道の突き当たりに勝林院。

重厚感があっていい感じだったんだけど、この日は、とにかく宝泉院と三千院には絶対行きたい
と思っていたので、一応、その2箇所を見てから、まだ雪が残っていそうだったら寄ろうということで
まずは通過…。

で、宝泉院と三千院を見た後に見てみると…。

このような状態(屋根の雪がかなり減ってる)になっていたので、やめておきました…。
やっぱり朝に屋根が真っ白のを見てると、ちょっとこの状態はがっかりというか…。


↓これも、宝泉院と三千院を見たあとに、どうしようか迷った、実光院。

外から見た感じはかなりいい。
が、しかし、私、本当に不勉強で、実光院がどの程度のものなのかわからず、
どんどん融けてゆく雪を見て、ほんの30分がけっこう貴重だけど、
その時間を割く価値があるのか???
と、迷った挙句、結局やめたんです…が、後でちょっと調べてみるとけっこうよさそう?
やっぱり出かける時はちゃんと色々調べとかないとなあ。
そもそも前日に突然行くこと決めたあたり、ダメってことか…。
とりあえず、門の外から中を見た写真だけ撮っときました。

これだけじゃあ、中がどんな感じか、全然想像できなかったんですよねー…。



これもやっぱり、宝泉院と三千院を見た後の参道。

悲しいほどに…雪が減っている…。
本当、京都で雪見ようと思ったら、午前中が勝負ですよ!!
いや、まあ、降り続いている状態だったら午後でも大丈夫ですけど。


てことで、とりあえず次記事は、最初に拝観した宝泉院へ。


 
雪景色の京都2008 index←   → 2 大原・宝泉院 へ進む





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/386-df0dfca0




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。