スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨1日目-1 高山へ 2008.1.25 fri

2008年1月25日(金) 晴れ時々曇り

この日は、午前中京都で途中下車して嵯峨野を歩いたあと、再び京都駅へ戻り、
京都→名古屋→高山 と移動する、という、けっこうハードスケジュール。
そもそも、高山に雪さえあれば、京都に寄らずに最初から高山に行きたかったのですが、
今年の1月は高山は雪少なくて…。

ともあれ、名古屋から ワイドビューひだ という特急に乗車。
冬なので車で行くのは無謀な気がしてあきらめたんで。
列車の写真は撮るの忘れた…。ホームでは荷物が重すぎてそれどころじゃなかった…。
この線、名古屋~高山~富山 と結んでいるそうで、行きと帰りは違うルートの方がおもしろいだろうと、
どちらかを北陸線経由にしたかったのですが、この時は、途中、災害復旧中の区間があったようで
高山から富山には抜けられず、断念。行きも帰りも名古屋から行きました。残念。
現在はたぶん復旧されてつながっているはず。

ワイドビューひだ は、けっこう本数多くて便利にできてました。
意外と高山って近いと思ったですよ。まあ車の方がより楽で早いけど…。
席も余裕があって自由席でものんびりゆっくりで快適でした! 冬だからかもですが。


今回は珍しく、周遊券を組んでみました。日程中、新穂高にも行きたいと思っていたので、
そのバス路線にも使えるということで、元は取れるかなと。(実際、余裕で元取れましたよー。)



車窓風景はけっこう変化に富んでいて退屈しません。
渓谷の水の色もきれいでした。



飛騨牛めし弁当などを食べながらのんびりと。
これもなぜか蓋開けた段階の写真を撮るの忘れた…。
ちょっと食べてから、撮り忘れたことに気づく…が、食べかけを撮るのもね…。




進むにつれて、だんだん雪景色になってきた!!!


そうこうしている間に、あっという間に高山到着~。

道中はけっこう雪あったのに、高山にはほとんどなかったです…しょぼん…。
意外と降りた乗客が多い。ガラガラにすいていると思っていたけど、
もしかしたら指定席の方が混んでいたのかも???

さて、私、ここで到着するなり失敗してしまいました。

電車の網棚に、三脚置き忘れ・・・(´A`)

昨夜は睡眠2時間だったし、早朝から京都に寄ったりしてたので、既にけっこう疲れていたようだ…。
すごいしょぼい安物三脚だし、正直、あきらめてもよかったんだけど…。
でも今回どうしても三脚使って撮影したかったので、駅員さんに聞いてみたら、
私の乗っていた車両は高山止まりの車両だったので、切り離されて高山に残ってるらしく、
車庫に入ってしまってるけど、30分もあれば取ってきてもらえるとのことで。
とても親切に対応してもらいましたよ…高山駅の駅員さん方、本当にありがとうございます。
迷惑かけてしまって心苦しい…。

ちょうどその間に、ホテルのチェックインだけ済ませておこう と、ホテルに向かう。

この日の宿泊は、駅前のワシントンホテルプラザにしてたんで、
あとで三脚取りに戻ることになった以上、駅前にしておいて本当によかったと思いました…。
正直、「高山を」観光するなら駅前周辺には見所は少なくちょっと不便ですが、
高山以外の飛騨路を巡るなら駅近くで本当便利でした。
JRの駅だけじゃなくて、バスセンターもすぐそこなので。
宿泊代も安かったし、部屋も快適だったし、PCも使えるってことで、ここで3連泊して正解だったと思う。
といっても、朝から夜まで出歩いてるので、寝に帰るだけなんですけどね。

ホテルの部屋から見た高山駅。

こうして見るとけっこう雪多いですが…。
でも、地上から見ると少ないんですよ…。

とにかくチェックインして、身支度整えて、再び駅に行ってみたら、
たぶんまだ30分経ってないけど、もう三脚は戻ってきていました。


ってことで、まずは高山の古い町並みを見に行ってみることに。



冬の飛騨 index ←   → 1日目-2 夕方の古い町並 へ進む 
 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/396-c918990c




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。