スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨1日目-2 高山・夕方の古い町並 2008.1.25 fri

2008年1月25日(金) その2

高山に着いて、三脚の忘れ物を取りに行った後、まあ何とか辛うじて時間があるだろうってことで
古い町並 へ 行ってみることにする。
本当はねー、雪が積もってない状態のは私としては価値が低いんだけど…。
でもいろいろ考えてると、夕方に見られるのはこの日しかなさそうだったので。
よく考えたら辛うじて店などが開いてる時間に行けそうなのもこの日だけだったな…。


途中に見える、中橋。

JR東海のCMではもっと雪だらけの状態だったのでそういうのを期待してたのですが、
まあ当然無理です…。
屋根だけじゃなくて、やっぱり川沿いの木に雪がかぶってるか否かが見栄え的に重要だと思う…。
まあ滞在中、まだまだこの川・橋に関してはチャンスがあるだろうし、ってことで流しましたが、
振り返ればこの時がまだ1番雪が多かったような…。




道の日当たりが悪い辺りでは、数日前に降った雪が何とか残っていました。
まあでも数日前に降ってくれて本当によかったけど…。
白川郷もその数日前の雪のおかげで屋根に雪がかぶってくれたわけで…。



そんなこんなで到着。

それにしても、この「古い町並」ってネーミングはもう少し何とか工夫できなかったのか!?
そのものズバリすぎてなんだか違和感というか…。



でもまあなんだかんだ言いつつ、それなりにいい雰囲気。
もっともっと俗化されていると思ってたんで。
それにしても、日が短いです。↑の写真で16時15分頃。

元々、この、古い町並は、電灯がともり始める夕方の雰囲気がいいとかガイドブックに出てたので、
もう少し暮れるのを待ちながら、
でも一応辛うじて明るさの残ってる時間帯のも撮りたいので慌てて撮影。


日没が早いから暗くなるのも早いのはともかくとして、なぜか人もやけに少ない…。
いやまあ少ないのは歓迎なんだけど。
でもここは人の多いイメージだったのでちょっと意外。



飛騨牛串を食べたかったのに、もう今日は終わった と言われて泣けたので、
しょうがないからみたらし団子にした…。
いや、みたらしも美味しいんですけどね。
結局、その後、なぜかみたらしを食べる機会がなかったので、この時食べておいてよかったです。



雪はほとんど残ってないんだけど、それでも時々ちらちらと雪が舞ってて
それはよかったです…いいなあ雪…。


うだうだ歩いているうちに古い町並も端まで歩いたようで。
これは到達した辺りにあった鍛冶橋からの眺め。

この橋からの眺めは、ライブカメラで配信されていて、
私は行く前、ネットで何度も何度も何度も積雪状況チェックのため
そのライブ映像を見ていたので、初めて来た場所とは思えない(笑)不思議な感じでした。
妙に懐かしいよ…。(ライブカメラ映像は、ちょっと角度が違います。)


しかし、ライブカメラを毎日見ていたとはいえ、橋の欄干にこんな不思議なオブジェがあるのは
この時初めて知りました。 一体何のいわくがあるんだろう? 手の長い人と足の長い人…。


このあたりから、猛烈に寒くなってくる。
日没すぎると、一気に冷えますね…。
来るまで知らなかったのですが、高山ってかなり寒いです…。ちょっとびっくり。
ここ数年、流氷を見に北海道に行ってますが、まあ流氷っていうのは春先ってこともあるだろうけど、
とにかく2月下旬の北海道よりは、1月の高山のが寒いと思った。新たな発見。
勿論冬を満喫しにやって来ているので、寒いのは大いにOKです。
が、寒いのが苦手な人にはちょっときついかも。


さっきはまだ古い町並も、灯りが目立たない感じだったので、そろそろいい感じになってるかな?
と、再び古い町並に戻ってみました。

まだもうちょっとかな?って感じだったのと、想定外の寒さだったのとで、
珍しくコーヒー飲んで暖まってみました。


コーヒー飲んで出てくると、それなりの雰囲気に。



しかしまあ、写真は、ぶれるぶれる。
三脚を持ち歩いていたくせに、使わないからそうなるわけだけど…。
でも、暗くなりかけてから、完全に暗くなってしまう間の、短い時間帯にいろいろ撮りたい
って思ったら、いちいち三脚構えてる時間がなくて…。
とにかく、気合で? 何とかぶれないように手持ち撮影続行…。



それにしても、いったん暗くなりかけたら、暮れるのは早いですね…。
1番いい感じの時間帯は、↓の3枚ぐらいだけど、あっという間でした。




ただし、この時間帯、写真撮りたい人にはいいと思うんだけど、
そうじゃない人については、どうかな?と思う。
店はほとんど閉まってしまっていて、買い物や飲食は無理ですので注意…。


ってことで、完全に暮れてきたことだし、高山駅に戻って、
次は、飛騨の里のライトアップを見に行きます。
これは、白川郷の撮影の練習として、重要な位置を占めているので必須なのだ。



1日目-1 高山へ に戻る←   → 1日目-3 飛騨の里ライトアップ へ進む 
 


冬の飛騨 index 



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/397-64bdc401




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。