スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨2日目-3 白川郷・明善寺周辺 2008.1.26

2008年1月26日(土) その3


白川郷に着いて、最初に向かってみたのは明善寺の方向。
たしか、年末の、ゆく年くる年でも中継してたのは明善寺だった気がするし。

着いた時はとにかく晴れていて、けっこう日差しが…。
↓これは向かってる途中の道から見た風景。

白川郷ですら、晴れていると雪がポタポタ融け始めるので、これぐらい積もっていても、不安になってきた…。
(ただし積雪量は、例年より少ない。まあ例年も雪の本番は1月よりは2月ですが。)

であい橋を渡ってからまっすぐ東に向かって歩くと突き当りが明善寺でした。
もう少し距離あるかと思ったらけっこう近かった。

けっこういい感じに積もってる!
やっぱり雪そのものが目当てなら北海道より本州の豪雪地帯だなー。
ただ、本州の場合当たり外れのムラがあるのがきびしいんですけどね…。
確実に雪が見たいならやっぱり北海道の圧勝。
白川郷も、本当はその前の週に行きたかったのに、その頃は壊滅的に雪が少なくて延期したぐらいだし…。



壁の周りを、布で囲んでいるのは、何らかの意味があるのかな???
他の場所の寺社でもこういうの見かけたし…。
無知なので分からん…。


境内から見た他の合掌造りの住宅。



見る方向によって恐ろしく天気が違う…。
最初は日差しがそこそこきびしいので雪が融けるのを心配しましたが、
正直、晴れていたのは最初の1時間弱でした…。



この鐘楼撮ったのが、たぶんこの日最後の青空が入った写真。



寺を出て、ちょっと歩いた先から。
一番奥に見えてるのが明善寺。(のはず。)
あまり詳しく情報を知らないまま行ったので、
合掌造りっていっても有名なの数軒があるぐらいだろう と思い込んでいたのですが、
けっこうな数の合掌造りの住宅がありました。


で、この後は、ちょっと萩町をうろうろしたものの、
展望台行きのシャトルバスが12時30分だか13時だかまでで終わりだというので、
よく考えたらあんまり時間がないではないかってことで、バタバタと展望台に向かいました。
なので、次記事は展望台の様子を…。

萩町の写真は展望台から降りてきた後の分と併せて、もう少し後で載せます。




2日目-2 白川郷・であい橋周辺 に戻る ←   → 2日目-4 白川郷・展望台から へ進む 


冬の飛騨 index ← 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/401-62f4a2e5




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。