スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨2日目-4 白川郷・展望台から 2008.1.26

2008年1月26日(土) その4

白川郷に来たからには、やっぱり展望台から全体も見ておかねば!
ってことで行ってみました。
集落の一番奥まったあたりに登り口があり、歩いて登ることも可能なものの、
シャトルバスがあるというので、体力に自信のない私はもちろんそれに乗っていくことに。
↓これは、登り口。

普段ならシャトルバスは夕方まであるはずですが、
この日は夜のライトアップの準備のため、なんと!昼過ぎまで終了というではないか!
なんだか動きに無駄があったものの、しょうがないので時間合わすしかない・・・。
集落の一番奥にいたので、歩いて登る道のすぐそばだったのに、
わざわざシャトルバス乗り場まで延々歩いて戻る…。

今思うと自分で登った方が効率よかったけど、初めての場所なので、
この上り坂がどんなにきついか想像もできなかったんで…。

シャトルバスは最終の1本前のに乗ったのですが、シャトルバス運転してたおじさんによると、

下りのバスの最終は20分後 と、ちょっとバタバタしますが、
展望台は、皆さん10分もいれば飽きますので、十分間に合いますよ

とのことだったものの…。
分かってたことだけど、私には20分じゃ足りん…。
ってことで、心行くまで見て、歩いて下りることに決定。



土曜日だったし、夜はライトアップがある日だし、下はけっこう団体客で混んでいたので
展望台も混んでるかも?と、少し心配したけど、とりあえずそんなことはなくて一安心。
これぐらいなら全然余裕。
シャトルバスが昼過ぎで終わりっていうのも、人が増えなかった原因かも?
でも、歩いて登ってきてる人もそれなりにはいましたが。



展望台から見ると、白川郷が、山に囲まれた本当に小さな集落だということがよく分かります。

手前の木の枝の雪がきれいなので、是非とも一緒に入れたいわけだけど、
そうすると、集落がちょっと遠すぎて、合掌造りなんだか何なんだか分からない状態、
っていうのがちょっと残念…。




これぐらいの大きさだと、合掌造りな感じも分かりやすいかと…。
画面中央いちばん手前の大きめの家が、和田家。




和田家のアップ。



えっと、だいたい想像つくかと思いますが、
展望台からの眺めって、割と単調です…だからまあシャトルバスのおじさんも
10分も見れば飽きるとか言ったんだろうけど…。
私は飽きはしなかったものの、撮った写真はきわめて単調なので、
この後、同じような写真が続きますが、ご容赦くださいませ。
実際にその場にいると、刻々と天候が変化していって、けっこうおもしろかったんですがね。

ってことで、展望台からの眺め、今度は縦で。

雪が降っていない時の状態。



少し雪が降ってるところ。



雪がものすっごく降ってるところ。



降ってる時は、かなりの勢いで降ってました。
これぐらいの勢いで降ると、けっこう撮影はしづらいんですが(カメラが壊れそうで…)
それでもやっぱり雪がいっぱい降ってれば降ってるほど、感激しましたよー。
やっぱり豪雪で有名な場所には豪雪の時期にくるのが絶対いいと確信…。
合掌造りはそもそも雪のための造りだし。

雪そのものも結晶になってるサラサラの雪で、服をはたけばすぐ落ちたので、
雪まみれになりながらも、傘は不要だったのもよかった。
北海道では結晶の雪も見たことあるけど、本州でも行くとこいけばあるものなんだなと
初めて知りました。



雪で真っ白にけむってる様子は本当に幻想的。


翌日に行く予定のライトアップで、なんでも噂によると、ここの展望台は人であふれかえり、
場所取りの整理券が必要だのなんだの、すっごいやる気がなくなる情報を聞いてたので
展望台に登るのはやめようかなーと思ってたんですが、
ここにいると、やっぱりライトアップもここから見たいなと思う…。

途中、休憩がてら、売店で牛串買って食べたのですが、
売店のおじさんが、「そんな恐れるほど混まないと思うよ」と言ってくれたので、
やっぱり明日も登ろうと決意。(まあ私が行く予定だった火は、全日程中1~2番目に人が少ないと
予想される日だったからかもしれないけど…。)


結局、なんだかんだ、うだうだと1時間以上展望台で滞在…。
よく考えたら時間的に、そんなにゆっくりしてられない事に気づき、ようやく下ることに。

帰りはシャトルバスが終わっているので、徒歩で。
途中、木の隙間からは、展望台から見るよりも大きく集落が見える。




ライトアップに備えてだと思うのですが、除雪作業がされていて、とても歩きやすかった!



このあたりは、まだ作業前の状態かな…いったんはしたけどまた積もってきてしまったのかも?

とにかくよく降るので、除雪は本当に大変だと思います…。頭下がります。


この道ですが、今年はそんなに雪の多くない年だったので、普通に歩いて行けましたが、
雪の多い年だと、歩行者も通行止めになってしまうらしい。
(ライトアップの時間帯だけかも? 昼間もなのか、それは未確認。)
その辺は現地で確認した方がいいかと思います。


展望台から下りると、和田家の近くに出るので、次は和田家へ。



2日目-3 白川郷・明善寺周辺 に戻る ←   → 2日目-5 白川郷・和田家周辺 へ進む 


冬の飛騨 index 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/402-b9259689




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。