スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨2日目-7 白川郷・萩町西側 2008.1.26

2008年1月26日(土) その7


萩町でひとつの記事にしたかったのですが、写真多過ぎたので西側のあたりは別枠で。
萩町の中心部を通ってる割と大きい道の西側はちょっと人も少なめでひっそりしていました。
ライトアップされる場所の中に「西側」っていうのがあったので下見兼ねて行ってみたけど
もしそれがなかったら行かなかったかも。
でも人も店も少ないのはとてもよかった。


半分ぐらい雪に埋もれててよく分からないけど、石碑か何か? とにかく3つの石柱。
道に迷いそうになったところを、これのおかげで2度ほど助けられた。




割と普通の生活の場的雰囲気も残っている感じ。




大きい家もありました。




そして、けっこう密集度も高い。
この壁沿いのすだれみたいなの、雪よけだと思ってるんだけど、夏になったら外すんですかね?
夏には見てないので分かりません…。



こういうところに住んでると、雪なんて大嫌いになるのかなとちょっと思ってたんだけど、
子供がとても楽しそうに遊んでいたのでよかったな。



そんな間にも雪はどんどん降りしきっている。



雪の降ってるこの状態もよかったんだけど、
この構図は山もよいので晴れてる状態でもちょっと見たかったなあ…。



1個前の記事でも書いたけど、少し茶色が入ったつらら。
今回の旅行では、つらら 見放題でしたねー。



建物以外の場所、何もない雪原みたいなのが多かったけど、夏はなんなんだろう?
やっぱりこの辺も田んぼ? 雪が融けてみないことには分からんです。
本当、5月の田植え直後に是非また行きたい。冬にもまた行きたいけど。
東海北陸道が開通したので、積雪期以外なら日帰りで行けないかな?と、画策中…。



本覚寺。 明善寺と比べて人もいなくてひっそりしてた。



不思議な形の柿の木。


そうこうしている間に、かなり暮れてきました。
たぶん、普段なら、17時すぎたらもっとひっそりしてるんだろうけど、
ライトアップがあるので、かなり人が多く、むしろどんどん増えてきていました。


私がライトアップを見る予定は翌日で、この日も高山で宿泊することになっていたので、
そろそろバス乗り場に戻らねばなりません。
ギリギリまで粘りたかったのですが、行きのバスの運転手さんがめちゃくちゃ怖かったので、
かなり早めに…。時間の10分前に戻るなんて、普段の私ならありえんよ。(いつもは3分前目標。)

バスは、路線バスなんですが、高山のバス乗り場でチケット買ったら(往復分)
座席指定されてしまい、
まあ、それでも2人がけで隣はいない、って状態だったので、別に文句はなかったのですが、
こんなにすいてるなら、できれば通路挟んだ向こう側にも誰もいない方がいいなーと思うわけで…。
とにかく、前の数列しかうまってなくて、後ろの方誰もいないので、後ろに移動したい…。
って思ったものの、行きのバスは怖くて実行できず…勝手に動いたら怒られそうで。

帰りは、どうしようかなと思っていたら、運転手さんの方から、
あいてる席にご自由にどうぞ~ と、声かけてくれたので、後ろの席に移動し、ゆったり帰れました。



さて、終バスが17時台 と早すぎるので、高山に戻ってもまだそんなに遅い時間じゃない、
ってことで、高山に戻ったあと、ちょっとだけうろついてみました。
まだこの日の記事は続く…。


2日目-6 白川郷・萩町集落 に戻る ←   → 2日目-8 夜の高山 へ進む
 

冬の飛騨 index 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/405-d24db92b




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。