スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨3日目-1 飛騨古川・瀬戸川付近2008.1.27

2008年1月27日(日) 晴れ時々曇り

この日は、白川郷のライトアップに行くために、15時に高山駅にいなければならなかったものの、
それまではどうするか決めてないまま朝。
残る日程、この日か、翌日か、どっちかに奥飛騨に行きたいと思っていて、
この日のうちに行っておこうかと思ったんですが、
翌日の方が天気予報がよかったので、翌日にすることにしました。
まあその方が時間的にもゆっくりするし、と思って。
(が、実際は、結局、この日の方が天気がよく、この判断は誤りだったのだが…。)

朝の高山はこんな感じの天気。

雪がうっすらとつもった?程度。空はどんよりしているような、でも日がさしてるような
微妙な感じ…まさかこのあとあんなに晴れるとはねえ…。

奥飛騨はやめたので、それならば、と、飛騨古川に行ってみることにしました。
本数は少ないけど、JRの普通列車で15~20分程度でいけるので、けっこう便利。
まあ普通に払っても運賃安いけど、今回は周遊きっぷでそのまま行けたので交通費もかからず。

高山では雪はほとんどなかったのに、電車が少し北に走り始めると、
途端にけっこうな雪景色になって驚いた。
ちょっとの位置の違いでこんなに違うものなのか。

これは、途中で止まった 上枝(ほずえ)駅。(高山から5分。)


車窓からの風景も、きれいに雪景色。



で、飛騨古川駅。(これは帰りに撮った写真ですが。)

バックに雪化粧の山が迫っていて、きれいです…。
駅の周辺も、高山と比べてかなり雪が残ってた。


とりあえず、まず、割と写真などでよく見る、瀬戸川のあたりを見に行ってみることに。


どうも昨夜に、少し雪が降ったようで、足あとはまだ少ない。
高山では全然だったので、雪があるか不安だったんだけど、あってよかった!
なかったらどうしようと思ってたんだよ…。
アメダスでも降雪量が出ない場所なので、行く前に調べようがないんですよねー…。
(白川郷や高山は事前にアメダスで調べてるので何センチ積もってるか確認済みの状態で臨んでたんですが。)


このあたりが、たぶんガイドブックなどで見かける場所。




この川には、冬以外は鯉が泳いでるらしいのですが、冬にはいません。
冬は雪を流す水路として使ってるらしい。
たしかに、けっこう飛騨古川って雪多そうだし、納得。


↓この辺は、ぐるっと町を一周してからもう1回戻って撮ったもの。


朝、着いてすぐ来た時は、

飛騨古川って、人が少なくて落ち着いて見られていい場所だな~。

なんて思ってたのですが、それは間違いだった…。
その時はまだ、朝8時頃だったから少なかっただけのようで…。
10時ぐらいになると、団体ツアーがちらほらと…orz
もちろん、白川郷に来てるツアーと比べたら圧倒的な少なさなんだけど、
このあたり、路地で、狭いので、1組来るだけで道いっぱいになってしまい…。

まあ、団体ツアーのいいとこは、一気にわーっと来る代わりに、
すぐにわーっと去って行ってくれることなので、すぐ静かになるんですけどね。
でもま、安全なのは朝9時半までと、昼12時~13時(昼食時) ですね…。



ここのつららは、白川郷のよりすごかった。

いやこれ、1mぐらいあった気がしますよ…。



これもつららの一種?え?違う?



土蔵のあるあたりだけじゃなくて、普通の商店や住宅のあるあたりにも、
この川は続いていました。



普通の商店や家って言っても、古い建物が圧倒的に多かったです。




ちょっとこの写真じゃ分かりづらいけど、こんなところにも鯉の絵が。
鯉が川に放されてる時期にも見てみたいです。
でも、やっぱり飛騨には冬に来たいと思ってしまうので、機会はなさそうだけど…。



飛騨古川の記事は、たぶんあと2回ほど続きます。




2日目-8 夜の高山 に戻る ←   → 3日目-2 飛騨古川・三寺 へ進む 
 
冬の飛騨 index  





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/407-756eb169




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。