スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨3日目-3 飛騨古川・町並み2008.1.27

2008年1月27日(日) その3

三寺と、瀬戸川周辺以外の写真をまとめて…。


町を流れる、荒城川。

この川沿いに、真宗寺と本光寺があるのですが、川沿いの普通の家も町並み保存されてる感じで、
けっこうきれいでした。
特に、この日はどの家の屋根も雪で真っ白だったからよけいに。


本光寺の前の、霞橋。


橋のたもとにある、↑この模様、何か意味ありげだけど、なんなんだろう?と思っていたら、
すぐに謎が解けた。

これだ

これは、古川祭で使われる、起し太鼓。
まつり広場の一角で公開されてたもの。
まつり広場は↓こんな感じ。


時間はあったので、まつり会館にでも入ろうかなとも思ったが、
入場料が800円もするのでやめた…。
どんなものか分からないから妥当な金額なのか高いのかよく分からないんだけど、
どんなものか分からないものに800円は払えない…。
私、祭りにはさほど関心ないから…。
それなら、街をあてもなくさまよってる方がいいよ…。
あ、広場までは無料で入れるので、この太鼓は無料で見られますよ。


そんなわけで、時間つぶしがてら、カメラ片手に町をうろうろ。



けっこう大きくて立派な商店とかが多かった。


中でもやっぱり1番有名な店は、和ろうそくの、三嶋商店でしょう。


店の中では実際に作ってるところなども見られて、なかなかおもしろかったです。
ちょうど、他の客がいたので私も便乗して見させてもらった。
基本的に私、お土産って買わないので、
(買うとしたら食べ物だけ。残るものは後々困るしなあ…って思って…。)
さすがに、何も買わずに見学だけっていうのもアレだし、他の客がいてくれてよかった。


外灯もなんだかいい。



とにかく時間があったので、珍しくゆっくり昼食まで食べた。蕎麦。


たまにはゆっくり昼御飯食べるのもよいですね…。
蕎麦、美味しかったです。ただ、開店同時に入ったので、
客が私1人で少々落ち着きませんでしたが…。




とにかく、古い建物、路地、そして、背景に見えている山がきれいなのが印象的な街でした。


全体的に高山よりも景観が保たれてるような感じでした。
高山は「古い町並み」のとこだけって感じですからね…。
でも、とにかく小さい町だったので、ちょっと時間を持て余してしまった。
列車の本数が少ないので、効率よく動けなかったからなんだけど…。
1本早いのも無理したら乗れたんだけど、そうすると今度はバタバタになってしまうというか。

帰る頃には鬼のように晴れておりました。
マジでこの日に奥飛騨いっとくんだった…と、後悔しつつ、今更どうしようもないし、
白川郷ライトアップバスが出るまではまだ少しだけ時間があったので、
高山に戻って陣屋でも見ようということに。

ってことで続く。



3日目-2 飛騨古川・三寺巡り に戻る ←   → 3日目-4 高山陣屋 へ進む 
 

冬の飛騨 index 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/409-aadd9d4d




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。