スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨4日目-1 新穂高ロープウェイへ 2008.1.28

2008年1月28日(月) 曇り時々晴れ

冬の飛騨旅行も最終日です。
この日は、白川郷のライトアップと並ぶ、この旅行の大きな目的地、奥飛騨へ行きます。
本当は、高山で3泊なんてせずに、1泊ぐらいは新穂高温泉か平湯温泉で泊まりたかったのですが、
この場所、天候にものすごーーーく左右されるので、現地に入ってから天候の動きを見ながら
行く日を決めることにしたかったので、結局温泉はあきらめました。
予約入れてたら、その日が悪天候だったら取り返しがつかないから…。

が、天気予報では、この日が一番いい天気の予報だったはずなのに、朝起きてみるとこの天気…。

なんじゃいこのどんより具合は…。
こんなだったら山が見えないんじゃないの???
直前の天気予報を見て動きを決めてるはずなのに、なぜこんなに外してしまうの…?
半分涙目な私。
しかし、今日は最終日だし、1日ぐらいなら延泊できないでもないが、翌日の予報は雪。
もう、今日行くしかないのだ。
ってことで、始発(といっても7時)の、新穂高温泉行きのバスに乗り込む。

ところで、JRの周遊きっぷの飛騨・奥飛騨ゾーン券、なんと、この新穂高行きの濃飛バスにも使えるんですよ。
ゾーン券持ってれば、乗り放題なのです!
高山から新穂高温泉まで、片道で2000円ぐらいするので、これは大きい!
ある意味、行っても行かなくてもお金かからないし、じゃあ行ってみよう、
って気持ちがあったから行けたというのもある…。
この天気だったらバス代往復考えただけで行かなかったかもしれない…。


な感じで出発したのですが、これもまたびっくり。
高山には全然雪がないのに、10分ぐらい走るとそこはもう深く雪に覆われた風景が。

この写真は20分ぐらい走ったあたりですが、もう、ずっとこんな状態。真っ白。
今回の旅行ではとにかく、高山だけが雪がなかった。
でも、高山以外ではかなり雪に恵まれました。


更に道を進んでいくと、だんだん山道になってきました。
道路際には時々、温度計が設置してあり、なんだかすごい数字が…。

走ってるバスの中から撮ってるので、なかなかうまく撮れなくて、
-14℃のしか出せませんが、私が見た中で1番低いのは、-18℃だった。

私、無知だったよ…本州で、普通にバス路線があるような場所でもこんなに寒くなるんだね…。
北海道に行った時でさえ、私は-10℃以下を体験したことがないので、
そうそう簡単に-10℃以下になどなるわけがないって思ってたので、
最初は普通に-4℃とか、-8℃とかだと思ってたのですが…。
なかなかいい感じに想像を絶してきました。ちょっとわくわく。



更に進むにつれ、なんだか天気がぐんぐんよくなってきた。
ついさっきまで、低い雲に覆われていたはずの空が、いつの間にか真っ青に。

いやー、これには驚きましたよ。
普通、山の方が天気悪いもんだと思ってたから。
これなら、ロープウェイからの眺めも望めるかもしれない!
と、ようやく期待感が増してくる。


途中、なにが素晴らしかったって、霧氷!

本物の霧氷見たの、たぶん初めて。ずっと見たかったんです。
途中からはかなりの量、見ることができました。
こんなに大量の霧氷を見ることは生涯ないかもしれないってぐらい。
バスの窓からなので、色は変だわ、ブレまくりだわなのが悲しいけども…。
これが…これがマイカーなら…絶対どこかに停めてゆっくり写真撮ったのに…。
公共交通はこの辺の融通がきかないから、やっぱりマイカーはやめられん…。


そんなこんなで、長いだろうなと思っていた90分のバスの旅、
車窓の景色が素晴らしすぎて、あっという間!でした。
(夏だったらちょっと退屈な道かもしれない…。)

で、終点の、新穂高温泉で降り、2~3分歩いて、ロープウェイ乗り場へ。

まだロープウェイには乗ってないのに、既に十分素晴らしい!!!!
雪をかぶった真っ白な山の、なんと美しいこと!!!
空の青さが更に引き立てている!!!
朝、高山で曇天を見上げた時には、想像もしてなかったよ!!!



で、ロープウェイに乗るわけですが…。
さっきのバス、終点まで乗った乗客は、5人。
私は飛騨は冬こそが旬だと思っていたが、世の中的にはどうも違うようだし、
さぞや、ロープウェイもガラガラで快適だろう、と、タカをくくっていたのだが…
…甘かった…。

団体様が既に陣取っておられ…。
いや、まあ、すぐの便には乗れたけど、ギュウギュウ…。
冬の新穂高、個人客はめちゃくちゃ少ないけど、団体はかなり多いです…。
冬に雪国に旅行してこんな混んでる思いをしたのは初めてですよ…。

ただ、積み残しがあればどんどん臨時便出してるようなので、
そんなに待つってことにはなりそうもなかったですが。

とりあえず、ギュウギュウ詰めのロープウェイに乗り込みます。

う、美しい…!
でも美しいんだけど、身動き取れないので、同じ方向しか撮れないストレス…。

ここのロープウェイは、第1ロープウェイと第2ロープウェイがあって、
途中で乗り換えます。1分ほど外を歩いて、乗換駅へ。


↑こっちは第1ロープウェイの駅。



↑第2ロープウェイの待合室?



第2ロープウェイは2階建て。
2階建てであることにどういう意味があるのかは知らないが、とりあえず珍しいので撮っとく。
見える景色は1階でも2階でも同じとのこと。まあそりゃそうだろう。


第1ロープウェイが混んでたら、そのまま同じ客が、第2ロープウェイに向かうわけで、
もちろん第2ロープウェイも混んでいた…。


絶景なのだが、人多すぎて、窓が曇ってしまい、写真としてはとても残念な状態に…orz

↓こっちは帰りに撮ったもの。帰りの方がすいてたので、窓はくもってはいないが、
私自身の位置取りが悪く、窓枠を入れずにとるのは無理だった…うまく行かんもんだね…。


まあ、あくまでもロープウェイからの景色は序章のはず。
ってことで、期待しながらロープウェイを降り、
ロープウェイ駅の上にある展望台へ向かいます。

次記事へ続く。



3日目-5 白川郷ライトアップ に戻る ←   → 4日目-2 新穂高・展望台 へ進む 
 

冬の飛騨 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/412-8f0f0c63




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。