スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の飛騨4日目-5 平湯大滝~帰途  2008.1.28

2008年1月28日(月) その5

いよいよ、飛騨旅行の最後の目的地、平湯大滝です。

事前に調べた時、なかなか行き方が分からず、車じゃないと行けないのかな と思って
あきらめかけていたのですが、バスでも何とか行けそう、
しかも、新穂高から高山に戻るバスの路線の途中 ってことで、ぜひ寄らねば、と。

新穂高から30~40分ぐらい?バスに乗って、「平湯キャンプ場前」というバス停で降りるのが1番近い。はず。
しかし、新穂高では晴れてたのに、バスに乗ってる間にどんどん曇ってきて、
平湯に着いた時は、今にも降りだしそうなかなり暗~い空に…。
急激な崩れぶりに泣ける。でもせっかく来たんだから降りますよ。


それにしても、雪、深すぎ…(笑) 奥飛騨は本当、雪が多いです。
バス停名は見えるようにしてあったものの、時刻表の部分は完全にうまっていて見えない。
時刻表はあらかじめネットで調べてプリントしてたものを持ってたから問題なかったけど、
そういうの持ってきてなかったらこれはかなり不安というか…。

で、平湯大滝 なんていう大きい看板が出てる以上は、すぐそこだろう と思ったのですが、
それが甘かった…。車だとすぐだけど、人の足だとすぐというわけではない…。


とにかく、ずーーーっと、上り坂…。クラクラ。

左手にスキー場、右手に凍てつきつつある川を見ながら、ひたすら坂を登る。

このスキー場が、また、恐ろしいほどすいていた…これ絶対採算取れてないって…。
実際にスキーする人にとっては最高だろうけど…。



本当に寒そうな場所だなあ…と、川見て思った。
私はどうもガチガチに防寒しすぎているせいか、いまいち体感として寒いとか寒くないとかが
分からない状態なのですが。(それは、白川郷でも新穂高でも思ったことだが…。)


そんな感じで、辛い坂道を、写真撮りながら何とか上り、あとちょっとで滝が見えてくる、
その時に事件は起こった。

・・・カメラが・・・突如、固まってしまって動かない・・・。

もうね、何やってもダメ。電源は入るけど、シャッターが押せない。
カメラの表示パネルには Err の文字が点滅している…。
以前調子が悪かった時は、電池抜いたら復活したこともあるので電池抜いてみたけどダメ。

なぜ!? なぜ今なんだ!?
なぜ一枚でも滝を写してからにしてくれなかったのだ!?
それか、この坂を登り始める前に壊れてくれ…。
最悪のタイミングに泣けてくる。

それにしてもなんで???別にどこにもぶつけてないし、落としてもないのに…。
新穂高で-5℃ぐらいの場所で2時間も使い続けたのがまずかったのですか???

と、いくらジタバタしてみても、動かんもんは動かん。
旅先でカメラが壊れることがとても多い私、とりあえず予備にコンデジ持ってたので、
ここからは、コンデジで撮った画像でお送りします…。


ようやく辿り着いた先に見えるのが、結氷した平湯大滝。


まだ水が流れている部分もあり、完全結氷まではあと一息って感じですが、
1月下旬でこれぐらいだと、それなりに上等ではないでしょうか。
1月上旬まで超暖冬だったんで心配してたんだけど。

凍ってる部分は、不思議と水色なんですねー。
そういや知床のフレペの滝もそうだったな。

それにしても…物足りない…一眼で撮りたかった…(泣)
私のコンデジ、望遠がすごく弱くて、いまいち使い物にならないんで
こういう自分で間近まで近づけない場所は、構図が限られてしまうわけで…。
一眼だったらもっとググッと寄ったのも撮れたのに…。



さっき道の横を流れていた川は、どうやら滝から流れてきてるような感じ。
どうりで川も凍てつき寸前のはずだよ…。
上流になるにつれて、凍てつき度も増してくる。



三脚構えてたおじさんが羨ましい…。
しかし、コンデジではもうどうしようもないので、
私にしては早めに引き返すことにしました。

この時は閑散としていたけど、引き返す途中で団体様とすれ違った。
…同時にならなくてよかった…。
まあここに来るのはツアーバスがほとんどなんですかね…。個人で行くには交通不便すぎるし、
凍結や積雪で自分で運転は怖すぎるし…。




のぼってくる時はどうも車道をひたすらのぼってたようなので
降りる時は、平湯大滝公園とやらの中を通って帰ってみた。
遊歩道みたいになっていたので、ちょっとぐるっと歩く。
(しかし雪に埋まっているのでこれは果たして本当に遊歩道なのか否かはよく分からない。)



ここもまた、北海道並…というか、それ以上の雪でした。
ここまで雪が見られるとは出発前は思ってなかったので、嬉しい。

この平湯大滝公園、ちょっと軽く食事したりできるとかそういうことだったので、
よさそうだったら何か食べていこっかな なんて思って覗いてみたところ…。

なんかやけに閑散としてるな、と思ったら、冬季閉鎖中・・・

な、なんでや!?
ここは冬がいいと思うんだけど!!
凍ってない平湯大滝って、普通の滝だと思うんだけど、夏の方が人いっぱい来るの!?
冬以外なら絶対寄らないだろう私としては、ちょっとしたカルチャーショックというか、衝撃でした…。
(別にどうしてもここで何か食べたかったわけではないので、それについてはどうでもいい。)




結局、公園は途中までで、最終的にはのぼる時に歩いた車道に戻る。
でも帰りはまあ、ずーーーっと下りなので、つらいことはない。
悠々と写真撮りながら。
これが一眼だったらねえ…。私のコンデジ、白とびに弱いのですよ。
空は曇ってて白いし、雪も白いし、もう散々でございます…。

滝自体も、それなりにきれいだったんだけど、とにかくここでの思い出は、
カメラ故障 のインパクトが強すぎて、それを一番に思い出しますね。

カメラはその後、家に帰ってからいじってたら動くようになり、
普通に撮れてたのでそのまま使い続けた…が、
その後、時々その症状が現れるようになり、最終的にはこの3ヵ月後、完全に死亡しました…。
まさかこの時のこれが、死亡フラグだったとは…。



高山に戻って、とりあえず駅前でラーメンを食べ、赤かぶだけ買って、
いよいよ高山ともお別れ。




高山は相変わらずどんよりしていた。なのに、雪は降ってない。
高山だけは雪景色が見られなかったのは本当に残念。
冬の高山では、雪なんて珍しくもないので、
4日もいれば、1日ぐらいは雪景色も見れると思ったんですけどね。
…しかも、なんと、帰った翌日にけっこうな量の雪が降った模様…。
私が居た日までは積雪0センチだったのに、
それ以後は、いったん積もった雪が完全にとけきるまでにまた次が降り…をしながら、
3月9日まで、継続して積雪していたというアメダスの記録が残っているわけなんですが…。
どれだけ縁がないんだという…。
ま、雪はなくても、ぬるい感じではなく、寒かったのでまあいいんですけどね。


帰り、駅の構内で、水道出しっぱなし?? と思ったら、凍結防止らしい…。

夜ならともかく、昼でも凍結するのか!
改めて高山って寒いな、と、認識を新たにしました。


帰りも行きと同じく、ワイドビューひだ と 新幹線、名古屋乗継で。
冬を満喫した4日間でした。本当、日本の冬はいいなあ。
比較的近めの岐阜県で、こんなに冬が満喫できるとはちょっと新発見な旅行となりました。
いろいろと見所満載で楽しかったです。
もう1度行きたいとこばっかりなので、いつかまた行けるといいな。

そんなわけで、長々続いた飛騨旅行記、これで終わりますー。



おまけ

帰ったら、地元の駅の近くに停めていた、私の車が雪まみれ。
何で高山で降ってなくて、地元で降ってんだ!?!?
ちょっと脱力な帰宅でした。




4日目-4 しらかば平駅~新穂高駅 に戻る ←    →冬の飛騨 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

おはようございます。
飛騨の旅、やっと終わりましたね。
冬の飛騨路に行ってみたくなるような、文面、写真に魅せられて最後まで読ませて、見せていただきました。有り難うございました。
  1. 2008/10/04(土) 05:55:09 |
  2. URL |
  3. 藤本 博敏 #-
  4. [ 編集]

藤本さん、お久しぶりです~。
今回、特にスローペースな更新となってしまいましたが、
最後まで読んでくださってありがとうございます!
冬の飛騨、機会があったらぜひ行ってみてください!

あと数日で暇ができるので、またいろいろとアップしていきたいと思ってます。
よかったらまた見に来てください!
  1. 2008/10/05(日) 01:16:04 |
  2. URL |
  3. かわ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/416-11e89aba




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。