スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の東京~山梨~長野 1日目-2 バタバタと神楽坂

2008年2月10日(日) その2

いつも1人で行動する時は、乗る電車は始発!が鉄則なのですが、
両親と一緒だと出発からして朝8時台とかそういうのんびりしたことになるわけで。
更に言うと、いつもなら昼御飯抜きが当たり前なんですが、
両親と一緒だと「ちゃんとしたものを食べよう」とするわけで、1日が短い短い。

結局写真撮れそうな時間は夕方以降ちょっとだけになってしまった。
まあ、別に東京ではさほど撮ろうと思ってなかったのでいいんですけどね。

途中で父とは別行動になり、母と一緒にとりあえず神楽坂でもぶらぶらしようということになりました。

しかし、着いた時にはすでに16時を過ぎており、こんな状態…。そりゃ冬の16時じゃね…。



毘沙門天も薄暗いです。








狭い路地が多いので、余計に暗くなるのが早い気がします。
あ、地元よりも東だから日没が早いっていうのもあるのかも。



ほんの少しだけ路地をさまよってみました。







とはいえ、母もなんだか退屈気味のようだし、如何せん、ますます日は暮れてきて、
あまりうまく写真も撮れなくなってきたし、お茶でもして帰ろうってことに。
あああー中途半端な。でも私自身、なんかもういいかなって思ってしまったわけで。
私はどうも連れがいると粘りがなくなるのだ…。

CANAL CAFE ってとこに入りました。




暮れゆく町を眺めながらのんびりとお茶。



店を出る頃にはほぼ完全に暮れていました。



おまけ

その後、夕食食べた後、1人で東京タワーを撮りに行ってみました。

いろいろ時間の都合上(翌朝が早いので)、真下までは行けなかったけど…。
東京タワーは機会を改めてちゃんと撮りたいな、と思います。
この日は三脚もなかったし、とにかく時間が足りなかった。

なんていうか、東京って交通網は充実しているものの、町が大きすぎて、
私が思っているよりもいちいち移動に時間がかかり、全然思ったように動けなかった。
乗り換えひとつにしても、駅の中をかなり歩くので、そこでまた時間を取ってしまうし。
翌日乗る予定のバス乗り場を新宿で捜し歩いたんだけど、これがまたけっこう遠いし。
かなりストレスたまる…。

そのような感じでちょっと不完全燃焼な東京での撮影でした。
まあ、元々、東京は目的地ではなかったですからね。

ってことで、翌日は家族とは別れ、単独で富士山を見に行きます。


1日目-1 新幹線の雪の車窓風景 に戻る ←   → 2日目-1 河口湖 午前編 へ進む 


冬の東京~山梨~長野 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/420-f3b70f31




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。