スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の東京~山梨~長野 3日目-3 妻籠宿

2008年2月12日(火) その3


信濃境から、塩尻に出て、そこで名古屋方面行きに乗り換え、南木曽へ行こうと思ったのですが、
塩尻までは時刻どおりに着いたものの、乗り換えの列車がどうも遅れているらしい…。
というか、私が乗る予定よりも、前の列車がまだ来てない状況。
まだ大雪で…ってならしょうがないなーって感じですが、原因が信号機の故障 っていうのが…。
ここで、予定よりも30分以上遅れ、かなり予定が狂ってしまった…。
元々さほど長い時間、妻籠にはいられないと思っていたけど、ますます短くなること確定…orz

ようやく来た列車に乗り込み、進んでいくと、またこれがすごい雪…。

このブレブレ写真は列車の中から撮ったものだけど、とにかく、山が真っ白。
これは妻籠も期待できる…この時は本当にそう思った。

が。

なぜか、妻籠のある、南木曽駅の、3駅手前ぐらいから、急激に雪がやんできた…orz
なんで…? 泣
雪の妻籠宿をみるためにここまで来たのに…。
それなら、もっと塩尻寄りの奈良井宿にしておくんだった…。
どっちも行ったことないし、どっちも木曽路の宿場町ってことで似てそうだし。


妻籠に行くにはけっこう不便で、JR南木曽駅を降りたあと、バスに乗らねば行けません。
まあバスといっても、7分で着くんですが、問題は本数で、1日5便ぐらいしかなく、
しかも、そのバスが、いまいち列車との接続がよくなく、
現地での滞在時間はバスの時間の都合上、1時間弱、というところ…。
やっぱり車じゃないとこのあたりはきびしいなあ…。
他の季節は、まだもう少し本数多いみたいだけど、12月~2月の平日は運休の便があったり。
なんで…? 泣
私は夏にこんな暑そうなとこ来る方が理解できんのだが、世の中はそうではないらしい…。

場合によっては、行きだけ、駅からタクシー乗ろうかと思ったのですが、
列車が遅れたため、タクシーに乗ったとしてもせいぜいバスで行くよりも10分ぐらいしか
早く着かないということになってしまったので、バス待ちました。

あ、私が行った時は、タクシーは常に駅前にいる状態だったんで、
タクシーで行かれる方はそれなりに便利そうです。

バス降りて、よく分からないまま、細い道をたぶんこっちかなと思う方向に歩いてみると、
奥の方にそれらしきものが見えてきました。






しかしながら…どうも店とか閉まってるところが多数…。
なんで…? 泣
冬だから?連休明けだから??
いや、まあ店開いてても、滞在1時間弱だから、入ってる暇ないんだけどさ…。


でも、本当ーーに人がいないのはよかった。情緒があって。

正直これが、もし、人でごった返していたら、作り物感が増してしまって、興醒めしたかもしれない。
人が少ないと、かなり雰囲気満点です。
これで雪だったらもっと最高だったのが残念。
ただ、いる間中、しょぼしょぼと時雨れていて、それはそれでよかったですけどね。
普通に曇りってよりは、時雨の方がまだいいと思う。



あ、一応開いてる店もあったし、観光客の人も他にもいましたよ。
ただ、その数がものすごく少ないだけで…。



雪かきの道具が表に出てたところも数箇所見かけたんですが、やっぱり今朝は雪だったんですかね?
雪のタイミングがもう少しずれてたらなあ…。残念。



妻籠で目に付いたことのひとつが、表に花を飾ってるところをけっこう見かけたこと。



写真は2個しか載せてませんが、もっといろいろありました。






滞在中に、だんだん、降ってる時雨の雪混じり率が上がってきた気がする。
夕方近くなって気温が下がってきたからですかね?








もう少しゆっくり撮りたかったものの、如何せん迫ってくる帰りのバスの時間。
バスの不便なところって、へたにギリギリに行くと、既に出てしまってるんじゃないか?と
不安になるところで、時間の10分前ぐらいにはバス停にいないと落ち着かないことだ。
特に、乗ろうとしてたの、終バスだったので…。


ってことで、早めにバス停に着き、バスを待つ。







でも、バス停付近の雰囲気もなかなかよかったので、写真撮ってたらすぐでした。
この写真はちょっとお気に入りなので、バス待ちもこの時ばかりは悪くなかったです。




そんなこんなで、南木曽駅に戻ってきたわけですが…。

よく見ると、山の上の方だけ白くなってる…。
ほんの数十メートル高い位置では、この時雨は雪だったのか!?
雪と雨の境目がこんなにはっきり、しかもこんなに近かったとは…。
なんだかますます残念な気分に…。



駅の向かい側もこんなに、雪と雨の境目がくっきりと…orz
しかも、今頃になって晴れてきつつあるし…。


バス連絡が悪かったので、南木曽の駅でまた数十分待ち、ようやく名古屋行きの特急に乗ります。

向かいのホームの、しかも、自由席は端っこの方で、けっこうしんどかった…。


列車の中から見た、夕日がまたきれいだったことってば。



天候の動きが、あと半日早かったら、千畳敷カール、絶対行けてたな…。
どうもこの時期は天気の巡りあわせが悪かった…。




妻籠からの帰りのバスがもう少し遅いのがあったら、もう少しゆっくりして、
名古屋行きの特急ももう1本遅いのでも十分だったわけで、
予定よりも早くに名古屋に着いてしまい、母と合流するまでにかなり時間があったので
味噌煮込みうどんを食べて時間つぶしたりしました。


      *   *   *


こうして、3日間のよく分からない旅行は終了…。

ま、富士山はバッチリ見えたし、3日目もなんだかんだ言いつつ、こういう時でもなきゃ
行かないような場所に行けたし、よかったかな、ってことにしておきます。
とりあえず、雪もたっぷり見られたし、たまにはこういうのもよいでしょう。

おわり。



3日目-2 信濃境 に戻る ←     冬の東京~山梨~長野 index 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/428-40a56955




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。