スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪の余呉湖 2008.2.19 tue

今回の記事、写真多めです…ダラダラ長くてすみません…と、あらかじめ言っときます…。
2つに分けるのもまたダラダラする気がしたもんで…。

      *   *   *


そんなわけで、冬ももうすぐ終わり。
この日に近畿で雪景色を見られるならここかな、と、琵琶湖の北にある余呉湖へ行ってみました。

本当は余呉は、地元から新快速で行った方が便利なんですが、
(乗り換えなし1本で行けるのです。まあ途中から各駅停車になってしまいますがね。)
ここ以外にも行きたい場所がもう1箇所あり、そっちが車じゃないと無理そうなので、
結局車で行きました…が、ノーマルタイヤだし、現地まで車で…っていうのは無理かなとびびり、
彦根の駐車場に預け、そこからJR…という中途半端なことをしまして…。
そしたら、米原駅で30分以上乗り換え待ちをすることになり、かなり時間がかかってしまった。
余呉だけ行くならやっぱりJRが絶対に便利だと思います。
余呉湖自体が駅からすぐですからね…。


とにかく、家を出てから約4時間もかかり…なんとか余呉駅到着…。
(彦根からでも1時間半近くかかってる…。)

しかし、ホームから見るだけで、この雪景色!!
正直、もっとしょぼいと思ってたんだけど、これだけの雪があるなら大満足!!
米原駅も雪いっぱいあったし、ここまでの車窓もずっと雪景色だったけど、
ここは一段階上です!!


余呉湖は余呉駅からすぐ(駅からも見えてるし、湖畔まで歩いても5分ほど?)なのですが、
周囲を1周できるようなので、せっかくだから歩いてみることにしました。
とりあえず、時計回りで。
その時は深く考えてなかったんだけど、余呉湖の周囲は約6.4kmだそうで…。
写真撮りながらだと想像してたより時間がかかり、後半大変でした…。
ただ、ずっと平坦な道なので、全くきつくはないです。



これは湖じゃなく、川ですが(笑)
川沿いに並んでいるのは桜の木だと思われます。余呉湖は画面奥の位置にあるはず。




しばらく行くと、湖畔に出てきましたー。
岸の近くはこうやって薄く凍ってるところも。
にしても、この、氷の中から生えてる木、大丈夫なのか?枯れないの?
それ以前に、この木、普段から水の中から生えてるの?




なんかやたら所狭しと車が停められてるな、と思ったら、人いっぱい。
ワカサギ釣りをしてる人たち。
余呉湖はワカサギ釣りで有名らしい。
私は、ワカサギって、氷の上に座って、氷に丸く穴あけて釣るものだと思ってたから、
この光景はけっこう意外でした。
まあ、余呉湖は氷が張ってる場所も薄いので絶対に上になんて乗れませんがね。

人が多かったのは、ここだけです。
この先、全然人と会わなくなります。


しばらく歩くと、対岸の雪景色が湖面に映る、美しい風景が!!


ちょいとズーム。


縦でも1枚。


これ、湖面が波立ってたら、映らないんですよねー。
まあ、この時は微妙に波もあるけど、映ってるのが見られてよかった!
水墨画の世界のようでとてもきれいでした!!

しばらくは、こういう風景が見え隠れするのを眺めながら歩きます。



道はこんな感じで、全て舗装されていて、ぬかるみもなく、除雪もしてあり、
とても歩きやすかったです。歩きにくい雪靴で出動した私は一体…。
この写真ではけっこう湖から離れた場所を道が通ってますが、
もっと湖のすぐそばを通ってる場所もあります。



湖の東岸部分の方はなんだか山です。(民家は西岸の方に集中してました。)
ていうか、これって、杉林?? 花粉症の人、危ないかも???




余呉駅があるのが、余呉駅の北端なんですが、南の方へ行くほど、どんどん自然系の風景になっていきます。
湖面に映るのも、家などはなくなり、自然物に。
この辺は水鳥も多くいました。




今回歩いたのは、舗装された、車も走る道(といっても、車はほとんど通らなかったけど)なのですが、
どうも、遊歩道みたいなのもあるらしい…。
↑この写真の看板にはその案内図みたいなのが出ていた。
が、雪深すぎて、その位置に辿り着けない…ていうか、遊歩道は雪に埋もれてて通行不可能だと思うが。




湖の南端近くに来ました。国民宿舎 余呉荘のあたり。
天気がいまいちなのではっきり見えないけど、向こうの方の山がきれい・・・。

このあたりから、雪まじりの雨?時雨?みたいのが降ってきて、どうしようと焦る焦る。
いや、傘持ってなかったから…。
どうも最近傘持ち歩かないのが癖になってるようで…。
カッパは持ってたので、上からはおったけど、カメラがぬれそうで、気を使うのだ。




湖に流れ込む小川。




南岸にもけっこう広く氷の張っているスペースが。
画面奥の方、氷と水の境目辺りに点々とあるのは、鳥です。

↓その辺をズーム。




そ、それにしても、ここで既に軽く1時間を越えている…。
1周約1時間のハイキングコース とか、何かで見たはずなのだが…まだ半分きてないよ!?
でもよく考えたら、6.4kmが、こんなにのんびり歩いて1時間でいけるわけがないじゃないか!?
しまった、もっとちゃんと考えておくんだった。
電車が1時間1本しかないので(泣)ちょっとの遅れが1時間の遅れになってしまうのだ。
ちょっとこのあたりから、写真を撮る→早足で歩く のパターンに…。(これけっこうしんどい。)

湖の南西端あたりでは、唯一、なんだかけっこう木がうっそうとした感じの道を通ったりしたんだけど、
そういう写真が残ってないのが、慌ててた故でしょう。
いや、まあ、たぶんそのあたりがいちばん時雨れてた時間帯だったからってのもあるんだけど。
ちょうど木の下を歩く感じだったので、傘持ってない私は助かりました。




この木もえらいことになってるな…。
凍ってない時期はどんな感じなんだろう?いまいち想像がつかない。



そうこうしているうちに、だんだんひらけてきました。民家のある場所にさしかかってきました。



このあたりで、たぶん、全行程の7割ぐらいは来てると思うんだけど、
この辺で、同じ電車で到着した年配女性グループの方々とすれ違う。

ああ、誰にも会わないと思ったら逆回りで行ってる人がいたんだね…と思ったものの、
これだけ時間経っててまだここ、って、大丈夫!? この人たちは夕方までに帰れるのか!?
と、余計な心配をしてしまったよ…ほんとに余計なお世話だが…。




さっきまでの時雨はやみ、なんだか明るくなってきました。


と思ったら、急激に晴れてきました。極端やな…。

晴れてきたと同時に、人里に戻ります。



なんだかよく分からない、不思議な棒が並んでましたが…なんなんだ?これは。






南の端ほどではないけど、北の方も鳥はいますよー。



この辺から、北岸。


晴れてくると、こんなに景色がくっきりはっきりする。
この辺でもワカサギ釣りができるようで、湖の中にあるのはその釣り場だと思う。
でもなぜかこっちは人が少なかった。



凍ってるところと凍ってないところの対比が美しい…。




雪原なのか、氷なのか、けっこう分からないんですが…。
これは氷…なのかな?




こっちは雪原っぽい。
天気の変化が早く、曇っては晴れ、晴れては曇る。
この、曇ってるところからさーーーっと晴れに動く瞬間がとてもきれいだった。
JRに近い北岸は、こういう広々とした風景がとてもよかった。



こういう小屋があるのは、夏は田んぼなんでしょうかね?



天女の衣掛柳
天女の羽衣伝説の、天女が羽衣をかけたという木。
こういう伝説って日本中にあるような気がしますが…。
それにしてもいい天気…あと15分ほどで帰りの電車の時間なのだが…。

ていうか、道路、思いっきり乾いてるし…。これだったら、ここまで車で来れてたよ…。



珍しくJRが通っていった。これは私が乗るやつじゃなく、特急のはずです。(しかも逆向き。)
雪原の中を走りぬける電車はいいなあ。



ていうか!そう! あともう10分もありません!!
なのに、なんだか素敵な雪の田園風景!!
しかも、なんだかとても素晴らしい天気!!





最後の方、走っては写真撮ってまた走る の繰り返しで、すごい辛かった…。
しかも、とにかく天気がよくなってきただけに名残惜しくて名残惜しくて…。
よっぽど1時間後の電車にしようかと迷ったんだけど、
1時間延ばしてしまうと、もう1箇所行きたかった場所は絶対に行けなくなってしまうので
やっぱり予定通りの電車で帰ることにしましたよ…。
(結果的にはこっちで粘った方がよかったかな…と思いましたが…っていうより行く順序間違えた。)
いや、それ以前に、車で来てさえいれば…。




駅に着いたら1分前ぐらいで、駅員さんにきっぷなしで改札通してもらって(電車内で買いました)
何とか間に合いました。本当、心臓発作になるかと思ったよ。

それにしても、余呉湖は想像以上の雪で、大満足でしたー。
近畿でもここまでの雪が見られるとは!
十分日帰りで行ける場所なので、また機会があったらゆっくりと行きたいです。

とはいえ、いつ行っても雪がいっぱいあるわけではなく…調べてから行かないと雪なしってことも。
実際、本当は、青春18きっぷ の期間の1月中旬までに行きたかったんですが、
その頃は雪なくてあきらめたし…。
まあ、それでも今年は、雪がある日もそれなりにあっただけマシですが。
2007年はここも全然ダメでしたからね…。

あと、今回私は湖を1周しましたが、あまり雪が多い時は、東側の道路は閉鎖されてる日もあるようです。
まあ、滅多にないとは思うけど…。


このあと、彦根まで戻り、そこからは車で、守山市のなぎさ公園の菜の花を見に行きました。
よかったらそちらもどうぞー。(日当たりの向き最悪で写真はしょぼいですが…。)



雪景色 index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/429-94a0892f




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。