スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪景色の京都 3日目-3 真如堂

2008年2月24日 その3

下鴨神社から、河原町今出川まで歩き、そこからバスに乗って真如堂へ向かいました。
真如堂は、過去、紅葉の時期にしか来たことがありませんが、きっと雪もよいだろう、
あと、塔の雪景色も見たいと思って。

河原町今出川からはバス一本で行けるから便利なはずなのですが、
バスって普段滅多に乗らないから感覚的に分かってなくて、予定の3倍ぐらい時間がかかってしまった。
桜の時にもバスに乗って全く同じことを思ったのに、全く学習してない…。

とにかく、予定よりかなり遅めに到着し、錦林車庫前で降りて、東側の参道から入ったのですが、
せっかく降っていた雪もなんだか弱まり、晴れ間が出てきてしまった。
(傘買ったの、失敗?って気持ちが脳裏をよぎる。)



これは参道をのぼって、上から振り返って撮った状態。
この参道は本当に細くて地味だ…。


東側から入ると、裏口から入ったような形になるのですが、
↓これは、本堂を裏から見たところ。

・・・一気に晴れです・・・。
さすがにもう雪は終了か…まあ、下鴨神社であれだけ雪まみれになれればそれなりに満足だし、
これでいいことにするか…。
晴れの雪も悪くはないんですよ。むしろきれいなのです。白が引き締まって。
正直、この写真撮った時は本当にきれいだった。
ただ、京阪神レベルの雪は、晴れると一気にとけてしまうのが残念なだけで。

まあ、いくらなんでも、一気にとけるって言っても、私が真如堂にいる間ぐらいは
とけずに残ってくれてると思うから、ここを全力で?楽しもうじゃないか。
と、思いながらのんびりと撮影開始。



枝の雪が落ちてしまうと残念な感じになるのですが、まだまだ残っているので大丈夫。



晴れてくると、雪にうつる影がまたいいんですよね~。



とにかくこの、真如堂の、本堂東側の庭は、木が多いので、なかなかに見応えあります。
紅葉の時とは本当に対照的。どっちも素晴らしいです。


などと、堪能しながら雪を楽しんでいたんですが、なんだか様子が変わってきた。






・・・なんか、急激に、曇ってきてない???
ああー、しまった。
このままずっと晴れが続くんだと思っていたよ。なんなんだこのどんよりぶりは。
特に、空見上げた枝の写真は青空バックに撮りたかったよ…。
曇りって最悪じゃないか…。

と、がっくりしていたら、

ふたたび、ぶわ~っと降雪開始。
チラチラではなく、かなり降ってきました。
な…なんて天候の変化の激しい日なんだ…。
まだ到着して15分ほどしか経ってないのに…。
でも、曇りならがっかりだけど、雪ならまた話は別。
しかも、降ってるからにはその間はとけないだろう、っていうのがいい。



とりあえず、表に回ろう。と、移動。
ここ、秋は、紅葉のトンネルでとても見事だった場所。




斜め前から見た本堂。




雪の境内と塔。
ていうか、晴れてきてたせいなのか?地面が白くないのがちょっと残念。
木の枝の雪が残ってたからきれいだったけど、
これで枝の雪も落ちてたらちょっと微妙だったかも。




塔のアップ。
これはちょっとお気に入りの1枚。



なぜかこっちの写真ではあまり降っていないように見えますが、けっこう降ってるんですよ。
うまく降ってる感じに撮れれば、この写真もお気に入りになるはずだったんだけど…未熟。


とりあえず、いったん、表側の門のところまで出てみて、参道を見ることにしました。


よく考えたら真如堂で、唯一はっきりした色があったのは、この門だけだったかも。
あとは無彩色の世界です。
紅葉の時の、境内が紅で埋め尽くされているのとは対照的…。



そして、参道。





道自体に雪が少ないってことを除けば、ほぼ理想通りの参道が見られた!!
いや本当、来てよかったよ…。
ここは紅葉でもお気に入りの場所なので、ぜひ雪の時も見たかったんですよ…。
参道の雪は、もしかしたら掃かれていたりするんですかね?
まあ、もしかしたらとけてしまったのかもしれないけど。
どっちにしても、地面にも雪 が楽しみたかったら、朝一が勝負だな…。




再び塔を見る。
なんだかますます雪が激しさを増してきているような。
到着した時にはこの光景は想像もできなかったよ…。



ここでは、やっぱり、雪景色を狙うなら、落葉樹が多い場所がいいな、と、改めて思いました。
枝だけになった木に積もった雪が、繊細でとてもきれいでした。
真如堂は紅葉する木の率が高いので、枝だけになってる木が多く、見応えありました。
まあ、その分、ちょっと晴れてきて、枝の雪が落ちてしまった時は、どんな雰囲気になるのか…
それはちょっと微妙そうな気もしますが…。



名残惜しいけどそろそろ次へ向かうことにします。




帰り道に出て、すぐのところで見かけた、満開の蝋梅。
蝋梅は普通の梅よりも早いようですね。1~2月が見頃らしい。
これを見た時は、雪なんてかぶって大丈夫なのか!?と思ったけど、
元々が1~2月の花なんだったら、たぶん問題はないんだろう。と、勝手に納得。



参道を降りて、平地に出てきました。
まだまだいっぱい降っています。


参考までに、紅葉の真如堂は↓こんな感じです。よければ参照してください。
 2007.11.30 真如堂・参道と塔
 2007.11.30 真如堂・本堂と東庭
 2006.12.1  真如堂


このあと、2006年の紅葉の時と同じく、法然院と安楽寺あたりに行ってみようと思います。


3日目-2 下鴨神社 に戻る ←   → 3日目-4 哲学の道~安楽寺~法然院 へ進む  
 
雪景色の京都2008 index







  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/433-9c02e6cc




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。