スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪景色の京都 3日目-4 哲学の道~安楽寺~法然院

2008年2月24日 その4

真如堂の次は、真如堂から歩いて行ける、安楽寺と法然院に行ってみる事にしました。


途中、哲学の道を横切る形になるので、そのあたりでもちょっと撮影。
春には桜のトンネルになる場所。



道端の、雪をかぶった椿…。
ていうか、私、椿と山茶花の区別がつきません。花の時期的に椿だと思うことにしますが…。
散り方が決定的に違うようなのですが、如何せん、蕾じゃさっぱり分からん。



枯れてるから分かりにくいけど…三椏(ミツマタ)だと思う…。
これが、あと1ヵ月ちょっとで花が咲くなんて、信じられないです。
春の生命力の強さはどうも私は苦手なので、こういう枯れた状態の方が心が落ち着きます…。


・・・とか言ってたら、日が差してきてしまいました。

まだ小雪は舞っているものの、
今日のパターンなら、このあとまた雪がやんで晴れてきそう。



そろそろ安楽寺に向かおうかな、と思ったら、
なんだかとてつもなく大人数の団体がやってきた!
先に行ってもらって待っていよう、と、待ってたんだけど、
いつまでたっても列が途切れなくてどうしようかと思いました。
数百人はいたのではなかろうか?? ハイキングか何かの会?
事前に日程決まってたんだろうけど、雪の中大変そうだ。

これから私が向かおうとしている方向に歩いて行ったので、行った先でこの団体が場所陣取って
休憩してるんじゃないかとかなり不安だったんですが、
全く追いつかない、どころか、どこへ消えたのか、このあと全く姿を見ることはありませんでした。
なんだか歩き慣れてる人が多いっぽくて、歩くスピードもすごい早かったですからね・・・。


      *   *   *


で、次に行ったのが、安楽寺。
すっかり雪はやんでしまった。






ここは、紅葉の時期には、タチの悪い三脚軍団が場所を陣取っていて、
うっかり階段でものぼろうものなら、何言われるかわからない、という
とても現場の雰囲気の悪い場所なのですが、
(三脚の人って、感じのいい人と、感じの悪い人がすごい極端だといつも思う…。
でも、一眼レフ持ってると、こういう人らと同じ目で見られてるんだろうなと思い、ちょっと鬱です…。)
この日は誰もいなくてひっそりとしていてとてもよかった…。

日曜だったので、少しは人いるかな?と思ったんですけどね。
ここ以外の場所も、日曜にしては本当に人が少なくてびっくりしましたよ。
日曜、しかも雪、となると、もっと観光客が大挙して押し寄せてきてると思ってたから…。
どうもその辺の感覚は世の中とかなりずれているようだ。
何にしろ、ゆっくり見られるのはよいことです。やっぱり京を満喫するなら冬っすね。



誰もいないので気兼ねなく階段を上まで上がって、門の入口から庭を覗いたりしてみました。
この時期は拝観できないのが残念です。


      *   *   *


安楽寺は、中に入れないから、外から見るしかできず、構図も限られてくるので早めに撤退。
次は法然院へ。




木がうっそうと生い茂った先にある門。




正直、ここは、あんまり雪って期待してなかったんだけど、行ってみると意外とよさそう??



門をくぐって中に入ります。門の上の枝がきれいだった。




偶然、僧侶の方が通りがかりましたー。



外から見て想像していたよりも、中の雪は更に本格的でした。
狭い庭なので、尚更、雪の密度が高く感じるのかもしれない。







門以外の部分も。
本当、ここに着いたのはもう昼頃になっていたので、雪はとけているだろうとあきらめてたんだけど、
なんだかんだいいながらここがいちばん雪が豊富だったかもしれない。



門と砂盛り。
砂盛りには模様が描かれているらしいが、思い切り雪がかぶっているので全く見えん(笑)。




庭にいる間は晴れ間も出ていたんだけど、帰り際になって、また暗くなってきて、
雪がちらちらと降り始める。
本当にちらちら程度だったので、ただ単に薄暗い写真になってしまいましたが。



帰り、通りに出るまでの道。ここも静かでけっこう好き。


せっかくまた雪が降ってきたので、移動する前に、もう1回安楽寺を見ておこうと寄ってみました。

・・・あんまりうまく撮れず…。
ここは止んでる状態の時の方がうまく撮れたかも…。



ここまでは単独行動でしたが、同じく京都に来ていた両親と、昼食時から合流することになっていたので、
この後、岡崎へ向かいました。

朝から何度も何度も降ったりやんだりを繰り返していた雪ですが、
本格的に降ったのは、ここまでで、今度こそ本当に終了でした。
これよりあとは、雪だとはとても言い難い、チラチラと舞ってる程度ののみとなりました。
まあ、午前中いっぱい、これだけ降ってくれれば御の字ですけどね。

あとで知ったのですが、春頃から銀閣寺が改修に入ったらしく…。
この時はまだ見られたはずなので、ここまで来てたんなら行っておくんだった、とちょっと後悔。
行こうか迷ってたんですが、歩きすぎて足疲れてたので休みたくなってやめてしまったのが…。


とりあえず、あと少し、続く。


3日目-3 真如堂 に戻る ←    → 3日目-5 南禅寺と八坂の塔(雪はもう終わり) へ進む 
 
雪景色の京都2008 index







  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/434-e196371a




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。