スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪景色の京都 3日目-5 南禅寺と八坂の塔(雪はもう終わり)

2008年2月24日 その5


午前中は単独で行動していたのですが、昼食時から両親と合流しました。
両親は午前中は嵐山の方へ行っていたらしい。

とにかく、岡崎で合流、六盛って店で昼食。手をけ弁当。


京都でこんなまともに昼ごはん食べたのって何年ぶりだろう…ってことで記念に1枚。
この日も雪が降ってたら御飯なんて食べてる場合じゃなかったんだけど、
すっかり雪終了モードだったので、まあいいや、と。


昼食終えて、南禅寺でも行こうかということで、
歩けない距離ではないものの、時間かかるし、母など全く歩き慣れてないし、
行ってくれそうなら、タクシーで行くことにしようか、
もし、近くてダメって言われたらその時はその時でいいか、ってことで、
とりあえず適当に走ってきたタクシーを拾ってみたら。


うわびっくり、ヤサカの四つ葉のタクシーではないか!!
(これは降りた時に撮ったものだけど。)

ヤサカの四つ葉のタクシーはけっこう有名で、
普通のは三つ葉なんだけど、1400台のうち4台だけが四つ葉マークなんだそうで。
京都に住んでいたこともあるし、京都に何度も行ってるけど、
今まで一度も見かけたことすらなかったのに、
何の気なしにひろったら、それが四つ葉のタクシーだったのには本気でびっくりしました。
よくタクシー乗るならともかく、タクシーなんて年に1~2回しか乗らないのに。


乗車記念のカードを貰いましたよー。人数分。家には3枚ある。



裏には由来が書かれていた…。
(この2枚は、この記事書く時に撮ったんですけどね。)

このカードの裏に書かれてることが由来が元なんだろうけど、
このタクシーに乗ると幸運が訪れる などという逸話がありますが…
私はどうも今年は運勢いまいちです…。
ま、まあ、これ乗ってなかったらもっとひどかったかもしれないし…!


こういうタクシーだからなんだろうけど、運転手さんもとても感じのいい人で、
近かったら行ってくれないなどということも勿論なく(京都は基本は近くても全然OKですけどね)、
感じのよい気分で南禅寺につくことができました。
まあ、これこそが幸運ってことですか。
感じの悪いタクシーに運悪く当たってしまった時ほど最悪なことはないですからね。




南禅寺に着いたら、最後の力をふりしぼる感じで、ほんの短い間だけ雪が降っていました。



しかし、木の枝の雪はほとんど落ち…こうなるともう終了って感じ…。



辛うじて降ってはいるけど、日が差してきてしまった。



ほんの5分ほどのことで、青空が見えてきてしまいました。
もっと奥の方の水路閣まで行こうかとも思ったんだけど、この調子じゃ雪もたいしたことなさそうだし、
そもそも水路閣はここ近年、紅葉や桜の時によく見てるし、もういいかってことで、
一応、次の目的地として決めていた八坂の塔へ行ってみたわけですが…。






うわ~…完全に晴れ…。
なんだか日差しが春っぽい。最悪だ…。
塔の北側の屋根だけかすかに雪が残ってるものの、その他は全くダメ…。
木や道の雪がとけても、屋根の雪は最後まで残ってることが多いのに…。
屋根がダメだと話にならん。この日一番のがっかりスポットになってしまった。

塔自体でいえば、真如堂の塔よりも、こっちのが立派なのに…。
民家の屋根の向こうの塔、って状況で、これらの屋根が全部真っ白だったら っていうのを
想像してきたので、とにかくかなり残念。




すっかりあきらめて、甘味処に入ってところてんとか食べていたのですが、
この期に及んでもまたパラパラと雪が来ました。
降り方はしょぼいんだけど、意外と粘るなあ…。



お店を出てから、またちょっとその辺の界隈を歩いてみたりして。
(雪が積もっていたらもっとよかっただろうな…。)



舞妓さんぽい人がいたけど、日曜の真昼間だし、たぶん、なんちゃって だろうな…。
いつも思うけど、舞子さんの扮装をさせてくれる商売があるけど、
実際に舞妓さんに変身して街を歩く人って勇気あるなあ…って思うよ。
一応、けっこう注目されるわけじゃないですか。
私には絶対に無理だ…。
あ、好きでやってる人については、別に否定派ではありませんよ。



立ち去る間際に、また少し雪、の八坂の塔でした。


次は…あと1箇所どこ行こう、っていうことで、
もうダメだろうと思いつつも、また今いる位置からめちゃくちゃ遠い、金閣寺へ行ってみました。
一応2008年の雪の京都の締めくくりです。
次記事で最後です。



3日目-4 哲学の道~安楽寺~法然院 に戻る ←   → 3日目-6 金閣寺(鹿苑寺) へ進む 
 
雪景色の京都2008 index








  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/435-dab9039e




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。