スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪景色の京都 3日目-6 金閣寺(鹿苑寺)

2008年2月24日 その6


八坂の塔あたりで15時になっていた。
あと1箇所ぐらい行けそうだけど、どこ行こう? といろいろ考えたものの…。
この周辺は、もう雪はほとんどなく、そのくせやたら人は多く、
なんだかいまいちだなあ…な感じで。

雪が見たいなら、京都市内でも、北の方に行った方が可能性はあるだろう、と考えた末、
ベタベタだけど、金閣寺を見て帰ろうということになりました。
いや、金閣寺も雪は微妙だろうなとは思っていたんですけどね。
でも、東山界隈よりはまだ可能性として残ってそうな気がしたんで。

なんだかんだ言いつつ、移動に1時間ぐらいかかる(笑) そりゃそうだろう、遠いしね…。

本当はこの時期、金閣寺方丈の特別公開をやっていて(ちょうど前日から始まったばかりだった)
よかったら見たいと思ってたんだけど、受付が16時終了で間に合わなかった…残念…。

金閣寺そのものは、拝観時間は17時までだったので大丈夫です。
しかし…雪の金閣寺はやっぱり人気だ…。16時過ぎてもどんどん人が…。
京都に雪が積もったら、近畿版の新聞に雪の金閣の写真が載ったりしますからねえ…。
傘さしてる人がいますが、ほんのかすかに雪が舞ってる、程度でした。


金閣の屋根に雪はあるか!?ないか!?
ドキドキしながら入ったのですが…。



・・・・・・えっと・・・・・・
これはあるって言っていいの? それともないって部類に入ります?

一応屋根には雪あるんだけど…。
木には全然ない…。
池の中の島の部分にだけでも雪が残ってればかなり違うんだろうけど…。
でも、とりあえず、屋根は白い…という、
あたりなんだか外れなんだかよく分からない微妙な状態でした…。



池のこっち側(この部分は影になる)には、雪が残っていたので、
それを入れて、雪景色っぽく。
建物の後ろの木が真っ白だったらきれいだろうなあ…。
学生だった頃、そういう状態の時に来たことがあるはずなんだけど、全然覚えてない…。
やっぱりちゃんと写真撮らねばダメだ…。
当時は今ほど1ヶ所に人が集中する風潮もなく、拝観時間始まってすぐの雪の金閣は
とても空いていて、私以外数人しかいず、のんびりゆっくり雪の金閣が見られてよかった
という記憶だけはあるんですけどね・・・。






少しずつ道を進みながら、少しずつ角度を変えて撮影。
それにしてもこんな夕方の、しかも曇天なのに、さすが金閣寺は輝きが違うな、とちょっと感心した。




それにしても、遠くからじゃ見えないような部分まで、金なんだ…と、初めて知った。



特に意図はないんだけど、アップで。




これは裏側から見たところなのですが、この角度が特に、異様なまでに輝いてましたね…。
正直、こんなにきれいな金色だと思ってなかった。



林の向こうに金閣。これもまた良い。
しかし、順路を行くたびに金閣は遠ざかってゆく…。



ちょっと上から見たところ。
こんな角度で見れるようになってたっけ?さっぱり覚えてない…。大丈夫か私…。




奥の方の池で鴨が眠っていたのがなんだか不思議な感じだったので1枚。
ぶれてるので小さめ…。



このあたりも、もっと雪まみれなら、風情があったんでしょうけども…。
屋根の雪を見る限り、けっこう降ったんだとは思うんだけど…。


なんだかもう、最後の方はかなり薄暗くなり、これでこの日は終了。
金閣寺のあたり、西に山があるので暗くなるの早いかもしれません。

まあとりあえず屋根が白くてよかったけど、
かなり時間を使ってきた割には…な、雪の量だったので、どうかな?という感じでした。
でも、ここは参拝時間も遅くまで設定してあるし、そういう点ではいいかなー。
16時に閉めてしまうところもけっこうありますからね…。


      *   *   *


こうして、2008年、3回にわたる雪の京都へのトライは終了しました。
本当は、2月9日や13日などはもっと降ってたようで、その日を外してしまったのは
かなり痛かったですが、それでもなんとか、とりあえず思い描いていた雪景色を
この日の午前中は見ることができたのはよかったです。

2009年の冬はどうなるんでしょうか。
どうか、また雪景色が見られますように。
たのむから、2007年のような最悪な暖冬にだけはなりませんように…と願いつつ、
雪景色の京都編を終わります。



3日目-5 南禅寺と八坂の塔 に戻る ←    →雪景色の京都2008 index








  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/436-f6e1b933




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。