スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の北海道・流氷3日目-2 摩周湖・第1展望台

2008年3月2日(日) その2

阿寒湖からは、またも、ひがし北海道エクスプレスバスに乗って、あちこち回りながら網走へ行きます。

このバス、各ホテルを周回して拾ってくれるんで、
予約した時にホテル名を言っとけばそこから乗れたんですが、
それだと、拾いに来てくれる時間が、8時~8時15分の間、つまり、8時にはフロントにいなければならない、
でも、阿寒湖にいられる時間がめちゃくちゃ短かったので、10分でも惜しい、
ってことで、ホテル送迎を断り、あえて、自分でバスターミナルに行くことにしました。

バスターミナルなら8時15分出発だし、ホテルからバスターミナルは5分かからないし。

が! ほんっとーーーにギリギリになってしまったので、必死に走ってバスターミナルに着くと、8時16分だった…。
そして、バスはいない…。
予約してたからそんなことはないと思いつつも、「もしや、置いてかれた!?」という気持ちが頭をよぎる。
ここで置いてかれたら肝心の流氷が…!

と、冷や汗かいた頃に、バス到着…3分ぐらい遅れてきたよ…。
まあよかった。

とりあえず、最初の目的地、摩周湖を目指すのですが、
車窓風景がこれまた文句のつけようのない美しさ。


双湖台のあたり。
ていうか、双湖台なのに、この写真では一つしか見えてないが…。
これは、ペンケトーでいいのかな?



雄阿寒岳と雌阿寒岳も、こんなに綺麗に!!

相変わらず、窓の色が強烈に映りこんでしまって写真は変だけど
目で見る分には、本当にすごかった! 
夏冬通してこのあたり通ってこんな綺麗だったの初めて。

やはりこのバスにもガイドさんが乗っていたのだけど、
「こんなにいい天気なのは本当に珍しいんですよ~」
と、何度も言ってた。まあこういう表現はけっこう眉唾ものだが、
この日はちょっと信じてしまうぐらいの素晴らしい天気でしたね。
この3年、この時期に北海道に来てるけど、晴れた日は気温がけっこう高くて
かなりイラッとしたんだけど、今年は、晴れてもそれなりに寒く、よい感じでした♪


美しい景色を見ていると、あっという間に摩周湖到着。

本当なら、駐車場や展望台の施設などの写真もバシバシ撮るところですが、
見学時間が限られているので、摩周湖が見られる場所に直行。
たしか、たぶん、20分ぐらい?だったかな?
路面状況がとてもよく早めに着いたので、25分ぐらいだったかも?

ともかく、全面結氷の、摩周湖~~。


ちょっとズーム。


更にズーム。


自分が行くちょっと前に凍った摩周湖のすごい綺麗な写真を見たんですが、
(その写真では、本当に氷で、透明だった)
残念ながらこの日は前日の雪が積もっていたため、普通に白い摩周湖で、
これじゃ雪原と変わらない…?かも…?

それでもやっぱり、湖面が隠れることなくしっかりくっきり見えると良いですねー。
このあたり、天気悪いこと多いから…。
摩周湖自体に来たのはすごい久しぶりだったけど、
去年も一昨年も、JRの摩周駅の近くを通ってるんですが、いずれも天気悪くて最悪だったし…。


しかし、展望台からの眺めってのは、撮るの難しいですね…。
誰が撮っても同じに…そして、何枚撮っても同じに…。
ちょっと場所移動しても、入る木が変わるだけ…。


数分で、どう撮ったらいいか、分からなくなりました。



それでも、20分じゃ全然足りない…。
というのもですね、写真見てお分かりの通り、なぜか、摩周湖の周辺にだけ、雲が…。
なんか、これなんてすごい天気悪そうですが、全然悪くないんですよ。
なぜか、摩周湖の部分にだけ、雲があるんです。
雲はどんどん動いているのでちょっと待てば晴れそうなんだけど、
20分やそこらじゃちょっと無理。その倍は欲しい。
ああ雪道さえ運転できれば、自由に時間配分できるのに…。
ていうか、この日は路面状態がすこぶる良かったので、
絶対に自分で運転できたと思うのが惜しい…。


展望台は2階と1階があったので、1階にもとりあえず下りてみた。



下からだと、若干、木がジャマ?

それにしても、天気がなあ…もうちょっと晴れてくれないかな。
この場所でも、摩周湖の側じゃない方はいい天気なんですよ。

ほんのちょっと、横を見ると、こんな空なのに…。


小さすぎて分かりにくいかもですが、こんなとこからも雄阿寒岳と雌阿寒岳が見えいて、
これは本当にいい天気、な、証拠なのに…。
画面中央の、他の山とは違う形の目立ってるのが雄阿寒岳、
その左奥の、べたーっとした感じの真っ白な山が雌阿寒岳です。


1階の展望台から、売店を抜けたら、バスが止まってるあたりもそんなに遠くないので、
もうこのままバスに戻るか、せっかくなので売店で何か買って食べるか、
と思っていたら、けっこう、摩周湖の当たりも晴れてきたようなので、どっちも却下、
再び、展望台に戻りました。





晴れてくると、やっぱり綺麗さが全然違う!
空の青が入れられると締まるし、湖面のコントラストもこれはこれでいい!
真っ白なのが光の当たってるところ、ちょっと暗い部分が雲の部分なのですが、
これがどんどん動いていって、見てて飽きません。

・・・が、ここで時間切れ。
出発の時間なのでバスに戻りました…。
あああー、20分でこれぐらい晴れてきたってことは、あと15分ぐらい待てばかなりいい線
いきそうなのにーーー。残念無念。後ろ髪を引かれるとはまさにこのこと。
ま、まあ、今日は、最大の目的は流氷だからいいんだけどさ…。


で、摩周湖とはお別れ、次回は硫黄山です。(なかなか流氷に着かない…。)


3日目-1 朝の阿寒湖とボッケ に戻る ←   → 3日目-3 川湯硫黄山 へ進む 


冬の北海道・流氷2008 index
 






  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/447-6951d822




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。