スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の北海道・流氷4日目-5 流氷・ウトロの夕日編

2008年3月3日(月)その5

この記事、いつにも増して同じような写真が延々続きますが、ご勘弁…。


この日は夕日も見られそうだったので、気合入れてプユニ岬まで行こうかとも思ったのですが、
プユニ岬に行くには、自然センターまでバスで行き、それから約1km歩かないと着かない。
そこまではいいんだけど、16時30分のバスが最終なので、夕日を見た後は歩いてウトロまで戻らねばならない。
プユニ岬からウトロは、約3.5km。
…既に電池切れ寸前の私は、ちょっと無理 と判断、結局去年と同じく幌別あたりから見ることにしました。
芸がないですが…。

オシンコシンの滝から、自然センター行きのバスに乗り、ウトロを越えてしばらくすると幌別です。





16時30分。まだまだ夕日という感じではありません。
でもこの時間帯の流氷も、柔らかい色彩できれいです。



こんな時間でもまだ流氷ウォークやってるんだ、と、ちょっと驚き。
途中で日が暮れないのだろうか? いや、あえて夕日狙いか?
それにしても、絶対寒いと思うんだけど…。



海に突き出ているのがプユニ岬。
上の方を道路が走っていますが、朝はあのあたりから流氷を見ました。



とりあえずどのあたりがベストか分からないので、ちょっとずつ歩きながら夕日を迎える場所を探します。
それにしても、びっくりするほど誰もいない…こんなに絶景なのに。
去年の方がまだ人がいたよ…。
網走でも流氷が見られると、わざわざウトロまで来る人は少ないんでしょうか?
それとも、私、動き方が何か間違ってるのか??



16時45分。だんだん夕方な感じになってきました。



流氷と、その隙間の海が凍ってるのと、その上に雪がかぶさっているのとで、
全然海に見えないのですが、この写真の部分は全面的に海の場所。




かなり静寂なのですが、後ろで物音がした気がして、振り返ると、斜面に鹿がいっぱい…。
いっぱいいすぎて、もはや珍しくもなんともないが…。



いや、この場では人間の方が少ないので私の方が珍しい?
なんだかめっちゃ見られてるし…。



16時53分。だんだん夕日っぽくなってきました。
建物と電柱が入らない場所まで移動して、そこでゆっくり撮ることにしよう。






流氷もいいけど、陸の部分の雪がピンクに染まってるのがまたきれい。




17時2分。
17時を過ぎると突然きました。ここまではなかなか進まなかったのに、
ここからはどんどん明るさや色が変わりました。





17時4分。ようやく夕日!
…とはいえ、とても難しい…今更だけど、特に夕日に関しては、びっしりと流氷があるよりも
隙間があるほうが圧倒的にきれいなのかも…と、思った…。
っていうか、何も説明しなかったらこれが流氷って分からないような…。





このあたり、1分単位で流氷の色がどんどん変わっていきます。
いい瞬間を見逃さないように、息つく暇もありません。



しかし、水平線のちょっと上に、今年も雲が…。
海に沈む夕日は見られませんでした。



17時11分、夕日は終了。

まあ、まだ明るさは残っているので、もうちょっと粘りますが。


ところで、途中から、なんだか沖の方、流氷じゃないような気がして、
どういうこと?あの辺は海が見えてるの? と思っていたのですが、
どうも、なんかよく分からないけど、海面に霧が発生していて、それだったのかもと…。
最初は近くの海では霧はなかったのですが、太陽がが落ちると同時にこっちにも広がってきました。




こんな感じ。
ますます沖の方、流氷なんだかそうじゃないんだか分からない状態です。
もっと暮れてくると、この霧は消えました。



17時32分。
さすがにそろそろ流氷なんて判別できない状態になってきたので、この辺で切り上げ、
ホテルに戻ります…。


戻りながらちょこちょこ撮影。



それにしてもいい天気。明日から数日間、全く晴れ間が見られなくなるなんて
この段階じゃ信じられませんね…。



こうして、長かった1日、終了。
グダグダと何泊もしましたが、結局夕暮れの流氷を見られたのはこの日だけ。
でも、ウトロが夕日の名所とはいえ、この時期に2年続けて見ららたのはラッキーだったと思う。
次こそは、プユニ岬から見てみたいですね。

今回特に写真多かったですが、全部見られた方、お疲れ様でした。
これでも泣く泣く取捨選択した結果です…。捨てるのは苦手だ…。


      *   *   *


この日は今年も去年と同じ、知床グランドホテル・北こぶし に宿泊。交通が便利だし、きれいだし。

すごい疲れてたので、夜のオーロラファンタジーはやめときました。
オーロラファンタジーや、この日泊まったホテルについては、去年の記事で書いたので、
よければそっちをどうぞ…。 →去年の記事


オーロラファンタジーの時間が近づいたら夕食の会場もすいてくるかな
って狙って行ってみたら、想像以上にめちゃくちゃすいてました。
最後は自分ひとりに…。いくらなんでも空きすぎ。さすがに気まずい。

そして、前日と同じく、夕食後に猛烈に疲れが押し寄せてきた…なんでだ!?
1日食べずに走り回り、そのあと急に食べる って、やっぱり体に良くないのかな…。
オーロラファンタジーは、行くのやめといてよかったです。

実はこの段階で迷っていて、明日が最終日の予定だったんですが、
そうなると朝から寸暇を惜しんでひたすら動き回らねばならず、それ、かなりきつそう…と。
しかも、明日の天気予報見たら、「曇り、昼前から晴れ」だった。
帰る直前から晴れるパターン…?
そして、明後日の天気予報は、「晴れ、時々曇り」。
1日延ばしたら、晴れの中流氷がもっと見られる上、体力的にも楽。

びっしり接岸していたら行きたい場所もあるし、いっそ延泊しない??
と、この時決めました。よりによって、変更可能な飛行機チケットだったもんで…。
まさかそれが徒労感いっぱい、グダグダ旅行の始まりとも知らずに…。


4日目-4 流氷・ウトロ編 に戻る ←   → 5日目-1 曇りの中…朝のウトロ~斜里 へ進む 

冬の北海道・流氷2008 index
 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/456-306cabaa




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。