スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の北海道・流氷5日目-2 浜小清水~白鳥公園~北浜

2008年3月4日(火) その2

斜里からレンタカーに乗って、とりあえずどんどん北へ向かって走ります。
まずは、浜小清水から流氷を見ようってことで、行ってみました。
JRで行ける場所ですが、とにかく本数が少ないから、なかなか行けるようで行けないんですよね。
浜小清水の駅の前には駐車場があったので、そこから駅を越え、更に向こうの浜辺へ歩いて出ました。
(浜小清水駅では、ホームの裏手からすぐに海に出る道があるので、
ある意味、北浜より手軽に浜辺に出られます。)

一瞬、立ち入り禁止かと焦りましたが、
自動車・バイク スノーモービル等 乗り入れ規制地域 って書いてあったので一安心…。



浜小清水の海岸から見た流氷。もちろんここも、水平線まで全て真っ白。
晴れてたらきっと素晴らしいんだろうな ということは容易に想像できる。



所々、氷の上に水面が見えているところが。
海の色は深く、流氷は薄い水色できれいです。
そう、空さえ入れなきゃきれいなんですよ…。


浜小清水には、ちょっと小高い丘の上に展望台があるので、登ってみました。


途中の道の脇の草には、霜がついていた。
よく考えたら私、本格的な霜って見たのはこの日が初めてかもしれない。



フレトイ展望台。
足元に気をつけましょう。私はこの展望台の真下で、すべってこけました…。
しかも、人なんて、滅多に会わないのに、その時に限って人がいて、
こけた瞬間を思い切り見られました…。



展望台から見た、流氷の海。
・・・空と海の境目が分かりにくくて、残念でしょうがない状態です…。泣ける。
流氷は本当に素晴らしいのに、天気がだめだと話にならん。
毎日毎日流氷情報ばっかりチェックしてきたけど、それだけじゃダメなのね…難しい…。
予報では、昼前から晴れ ってなってたけど、そろそろ少しは雲が薄くなってきてもよくない?
この段階で10時30分なんですが、まだですか???



展望台の高さから見た、流氷の海と、浜小清水駅周辺。



海辺に小さな小屋がひとつ。
これも晴れてたら、かなりお気に入りの1枚になってたと思うんですよ…。


浜小清水にいる間ぐらいに晴れてくる予定だったのに、一向に晴れてこない。
さて、どうしたものか。
困ったので、あんまり天気が関係なさそうな、北浜の白鳥公園に行ってみることにしました。
北浜駅からなら歩いて10分程度かかりますが、車だとホントすぐですねえ…。



この日はどこに行っても人がありえない少なさだったのですが、
白鳥公園だけは、多少ですが賑わっていました。
そういうもんなのか? まあこの天気じゃ流氷もね…。
いや、それ以前に、この程度の人出で賑わっていると表現してしまうあたり、
既に感覚が麻痺してきている…。

せっかく来たのでとりあえず白鳥の写真でも撮りましょう。

しまった、縦写真なのに前後の写真と横のサイズで合わせてしまったので馬鹿でかくなっちゃった。
しかも、よりによって、そんな写真に限ってアップで撮った写真という…。
直すのめんどくさいのですみませんそのままで。


わくわくしながら餌をくれる人の方を注目する白鳥。



餌が投げられたので首をのばす白鳥。



カモメに餌を取られる白鳥。

なんかね…カモメの方が眼光が鋭いというか、そりゃ負けるわな…な雰囲気だったよ。うん。


首だらけでちょっと目がおかしくなりそう…。



こっちは子供?


まあ、でも、撮ってたら、時間は潰せますが、
なんというか、ちょっと動物園的?っていうの?
野生っぽさには欠ける気がしますね…売店で餌とか売ってるし。
最初から動物園が目的でならいいんだけど、
大自然が目的の場合ちょっと物足りなさを覚えざるをえないかも…です。


さて、白鳥公園まできたら、見ておきたかった、鉄橋。



流氷の海と、トウフツ湖の間にかかる鉄橋…これはぜひ見たかった…んだけど、
肝心の、流氷の海が、いまいち目立たなくて…。


くそう、ここは、晴れてた日に見逃したポイントの中で最も見ておきたい場所だったので、
明日にでもまたリベンジするぞ!

で、せっかくなので、この鉄橋を高いところから見ることができるポイントへも
ついでに下見に行っときました。


しかし…やっぱり、どの位置から見ても、空と海の境目がきびしいなあ…。
前々日に北浜まで来た時に、こっちまで足をのばしとくべきだったよ…。


前々日に、晴れ渡った状態で見た、北浜の海岸は、今日はもういいかなって思ったのですが、
まあせっかくなので見ておくことに。
というか、なかなか晴れてこないので、天気待ちの時間の潰し方に困っているわけで…。


うーん…晴れたのと比べるとやっぱりどうしても…。
まあ、晴れた日のは、きれいだってばっかりになってしまうので、
こういう曇りの日の流氷もまた、荒涼とした雰囲気が出てて、北の冬の厳しさも垣間見ることができ、
目で見る分にはそんなに悪くもない気もするんですけどね…でも写真はね…。



北浜の海岸もまた、浜小清水と似たような感じになってて、水面が少し見えていました。
決して、流氷が離岸しそう、とか、隙間ができかけてるって感じではなく、
海はやっぱり止まっているし、流氷が離れて行きそうな気配も全くないのですが、
海面が見えたり見えなかったり、ってのは不思議です。



海の中からは、泡がでてきてました。
一体何の泡???
分からないことだらけ。
流氷が融解してるのかな?いや、そんなふうでもないんですけどね…。
別にこの日の気温は特に高いわけではないです。普通に真冬日だし。



砂浜の雪は、前々日よりかなりとけていて、黒い部分も目立ちましたね。


ところで、12時を過ぎても全然晴れてきません。
気象庁の天気予報は、5時・11時・17時 の、1日3回発表されるのですが、
11時発表の天気予報を177に電話して聞いてみたら、「曇り」に変更されていた!!!
ちょ!?どうしてくれるんだ!?
5時発表の予報で、「昼前から晴れ」って言うから、延泊することにしたし
レンタカーも借りたんだけど!!! 当日の予報ぐらい当ててくれ!!!
まあ、明日の予報は「晴れ時々曇り」って言ってるからそれだけは救いだが…。

それにしても、今日これからどうしよう…。
曇り の予報が外れることを祈りつつ、とりあえず、いちばん行きたい場所は後回しにし、
その前に天都山にのぼってみることにしました。

それは次回に。


5日目-1 曇りの中…ウトロ~斜里 に戻る ←   → 5日目-3 天都山 へ進む 


冬の北海道・流氷2008 index
 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/458-cac568fe




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。