スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の北海道・流氷5日目-4 流氷・能取岬

2008年3月4日(火) その4

結局、ついに晴れることのないまま、時間切れで、不本意だけど曇り空の中、
この日の最大の目的地、能取岬へ行きました。


この日のこれまでの動きだと、鉄道かバス+歩き で、何とか行ける場所ばかりでしたが、
ここには、公共の交通では行けない。
去年までは、割と安価な半日観光バスが出ていて、その中に能取岬も入ってたので
それで妥協しようかと思っていた時期もあったものの、
なんと!その観光バス、どうやら今年は廃止されてしまったらしい…orz

タクシーだと、情報に幅があるものの、往復5千円~8千円ぐらいかかるらしい。
私、値切り下手だし、2年前網走のタクシーにぼったくられたので信用できん。
距離もそこそこあるので、道中、間が持たない感じもツライ。
そして現地で観光している間にもメーターが…と思うと、落ち着いて見ることも出ない。
ただでさえタクシー嫌いなのに冗談じゃないにも程がある。

残る手段はただ一つ。そう、レンタカーしかない。ってことで、
能取岬に行きたいがために、レンタカーを借りたのです。



しかし、まあ、大変でしたよ…。
この日、これまではどこも除雪完璧で余裕で鼻歌でも歌いながら走れる状況でしたが、
ここに行く道だけは違った。
数センチ程度の雪が残っていて、それがけっこう凍っている…。
そして時には、わだちが凍った感じに残っていて、ハンドルを取られそうになる…。
とにかく、ひとつ間違ったらスリップしかねん! っていう道が延々と…。

いや、大丈夫よ? 大丈夫なんです、30km/hぐらいで走ってれば、普通に走行可能です。
スタッドレスタイヤは思ったよりも優秀です。
が、しかし。
そんなノロノロ走ってたら、後ろから、早い地元車がやって来て、ピターっとつけられる…。
追い抜いてほしいので路肩に寄って止まりたくても、路肩は雪が深くて、停められる状態じゃない。
怖かった、怖かったよ…。
慣れた道をトロい車が走ってたらイラつくその気持ちが、分かりすぎるほど分かるだけにツラい。
私がそっち側の人間になってしまうとは。

雪道不慣れな者が行くには何が必要か? それは技術ではなく、忍耐力です。
たとえ、後ろから追い立てられても、辛抱に辛抱を重ね、ゆっくり走る忍耐力…。
上の写真の道は、その怖い部分を過ぎた後の写真なので、あまり関係ないですが…。
(怖かった部分は当然写真撮る余裕などなかった…。)



まあ、でもそんな大変な思いをしなければ辿り着けない場所だけあって、
なかなかの絶景でした。



プユニ岬も良かったけど、視界の広がり度はこっちの方がはるかに大きい。
プユニ岬は背後に山が迫っていたし、目の前も木があったりしたけど、とにかくここには
何もない、平らな土地が海に突き出ている感じなので。

とにかく、これだけ流氷が豊富な時期なら、晴れてたらかなり大満足な場所だったんではないかと思う。
晴れてればね…。
こんなに苦労して辿り着いても、やっぱり空と海の境目が曖昧なのはもうどうにもこうにも。
切ない…。





それでも、やっぱり、右向いても左向いてもひたすら水平線まで流氷びっしりなのは見事で、
パノラマ合成したいぐらいですねえ。(それ用には撮ってないからやらないけど。)
本当に海が広い。そして全てが流氷。
この日から帰るまで、もう、一切、流氷情報を見なくなりました。
ここまで安定して接岸していたら、、私が帰るまで、このままずっと接岸してるだろうって普通に思えてきたので。
過去の流氷の旅でこんな心境は初めてです。
その代わり、天気予報が気になって気になって、そっちのチェックが忙しかったですが…。
流氷が接岸するよりも晴れることの方がよっぽど簡単だと思うのですが、
この日からの3日間については全くの逆でしたね。



岬の上から見た流氷(けっこう位置的に遠い)でも、かなりがっちり接岸してる感じがする。
あ、もちろん、「近年にしては」であって、もっと流氷が勢いあった時期と比べると
別に普通レベルかもしれませんが。




この能取岬ですが、後ろを振り返るとこんな感じ。
岬なんだけど、平原って感じの場所です。
荒涼とした感じの風景が広がっています。





驚いたのは雪の少なさ。
何これ? 地面見えてる!? どういうこと!? と、びっくりしました。
吹きっさらしになりそうな場所だから、雪が飛ばされるんでしょうか?
こんなに雪が少ないなら、道中の道ももっと走りやすいといいのに…。






網走での流氷の名所というと、必ず入っている能取岬ですが、
交通の便の悪さゆえか、この天気のせいか、人は少なかったです。
とはいっても、この日はどこに行っても人が少なかったので、
特別ここだけが人が少ないってわけでもないんですが。

1日数本でいいからバスが走ってたらいいのにな…と思う。
私のように、行きたいけど交通がないから行けない って人はけっこういるはずだ。
私も、また網走に行く機会があれば、交通便さえあればぜひ行きたいし。
網走周辺ではいちばん見晴らしいいと思うんで。

とにかくタクシーのみっていう状況はなんとかしてほしいなあ。
特に料金以前にタクシーには多大な不信感がある私にはきびしい場所ですよ…。
いいタクシーもいるけど、全く知らない人と会話しながらの旅ってのは私にはとにかく疲れるので…。

もちろん、団体ツアーは論外にも程があるし、
少人数でのネイチャーガイドのようなものは、タクシーと全く同種の意味で疲れるし…。
穴場とか連れてってもらってもね…気疲れしながらだと楽しめないのね…。
とにかく頑張れ路線バス!! 

・・・ただ、バスがあっても、流氷が接岸してなかったら、絶対行かないけど・・・。
(それ考えるとやはり路線バス走らせるのは無理か…。)






ここでもとうとう最後まで晴れませんでしたが、
ここ数年、行きたいと思いつつ、行けなかった能取岬に、
流氷がしっかり接岸している状態の時に行けたのはとりあえず満足。
きっといつか、晴れてて流氷がある時に行くぞ!!



5日目-3 天都山 に戻る ←   → 5日目-5 流氷・二ツ岩 へ進む 

冬の北海道・流氷2008 index
 



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/460-f82b40b5




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。