スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

播州綾部山梅林 2008.3.12 wed

北海道から帰って約1週間。
北海道では真冬だったけど、地元はもうすっかり春…。
冬好きな私にとっては、ちょっと憂鬱な気分になる季節ですが、
近場の綾部山梅林が見頃だというので行ってみました。
場所は、兵庫県たつの市御津町黒崎 →ここです

ひとめ2万本の梅林。山全体が梅でいっぱいです。
去年も一昨年も行ったのですが、去年は、ちょっと遅かったのと、曇ってた時間帯が多かった
そして、一昨年は、かなり遅い日程で行ったのに、まだ5分咲きにもなってなかった
なので、今年もまた行こうと思っていたのです。
(過去行った時の分は記事にはしてませんが。そのうち作りたいですが、たぶん無理だろう…。)

しかし。
今年はたしかに見頃ではあったし、天気も晴れてたけど、去年よりダメだった。
というのも…。

・・・すごく空気が汚れている・・・。
(この写真は特に極端なものだけど。でも、一番上の写真もけっこう…。)
黄砂? 煙霧? よく分からないけど、霞みまくり。(季節柄、黄砂ってことにしとく。)
本来見えるはずのものに、1枚薄く白いフィルターがかかってるこの感じ…。去年の春以来。
こんな汚い空気を吸うのが嫌、レベル。本当なら目も開けたくない。眼球に黄砂がつきそうで。
空気が吸いたくないのでマスクしました…マジで。
本当はゴーグルもしたかったんだけどそれはやめといた。

到着した時(昼前ぐらい)が一番ひどかったですね…。
とにかく黄砂は風景が途端に汚くなってしまう。
これなら少々曇りがちで、見頃過ぎてても、去年の方がよっぽどきれいだった。
北海道で曇り地獄に取り付かれて泣けたけど、これは曇りより嫌かも。

↓この写真もたぶんその影響ですごい変な色に…。


しかも、私にとって更に最悪なことに、この日はとても気温が高く、
最高気温はこの時期にしてはめちゃくちゃ高くて、20℃ぐらい。(3月12日の平年値は12℃です。)
ぬるい気温と、黄砂が相まって、不快指数上がりまくりでした。
こんなに気持ちが悪い天候はないと思うんだけど、なぜか暖かい方が人出が増えるマジック。
去年の数倍は人がいて、その点もちょっとなあ…って感じでした。
しかも、道行く人、口々に、「暖かくて気持ちいいねー」とか言ってる。
なんでこんな気持ち悪い空気を吸って、気持ちいいと言えるんだ!? 理解不可能。
(いや、本当は分かってますよ、変なのは私の方だって…。)


まあそれでも、方向によっては、黄砂の影響もそんなにひどくもなく、
人も入らない場所もあったので、何とか写真を撮りました。




太陽を真後ろにして、なおかつそんなに遠くないのを撮ると、そんなに影響はないようだ。



でもそれでも、普通の晴れのようないい感じの光は来ず、どうもスカッとした写真にならない…。
去年撮った写真の方が色はきれいだったです…。



そういえば、飛行機の中でカメラを落下させた件、調子悪いかも…と思いながらも
放置してたんですが、梅を撮りに来て、はっきりと、
これは使い物にならないレベルに壊れている… 
と分かりました…。
北海道ではほとんどが遠景だったので気づかないふりで何とかなりましたが、
梅はそうはいかない…。
アップで撮ろうとすると、全くピントが来てないことがはっきり分かった…。



アップもだけど、3メートル先ぐらいのもピントが全然来てなくて、全部、後ピン。
↑の2枚なども、このサイズまで縮小すると目立ちませんが、もう少し大きいサイズで見ると、
手前の木は全くのピンボケでした…。
これ以上近づいた写真はもっとピンボケが目立つので、とても載せることができません。

修理代が高価なので渋っていましたが、このまま桜のシーズンを迎えるわけにいかん…と、
観念して、翌日、修理に出しました…。
カメラ本体は大丈夫で、レンズの方の修理代が2万円強…泣けましたね…ふ…。



近くに住んでるものの、梅の見頃は、桜よりも年による時期の変動が大きく、
なかなかうまく見頃に来れなくて外してばかりだったのに、
こういう、天気が黄砂でしかもカメラ壊れてる状態の時に限って、ものすごく見頃なのが皮肉だな…。
なんだか、流氷もそんな感じだったし…。
どうもうまく噛み合ってません…。
ここもまた、リベンジしようと思う。近いので容易に可能だし。
ただ、もう、こんなに気温が高い日には行かないけどね…次は絶対寒い日に行く。
気温が高い日はこんなに不快で気持ち悪いのに、人が多いなんて、踏んだり蹴ったりもいいとこだ。



下界に見えてる黄色い部分は菜の花畑。
これもまた今年は山の上からは霞んでしまって、見づらかったです。

更に上に登る絶景ポイントというのもあるんですが、そこは遠景が見所で、
海がきれいに見えたりするものの、この日は霞んでるので全然ダメだろう、ってのと、
去年、寒かった日に登っても少し汗ばんだので、今年だったら本格的に汗をかきそうで
それが嫌でやめときました。
北海道ではもっときついところをいろいろ歩き回ったんですけどね…。
気温が高くなってくると途端にいろいろとやる気がなくなる…今年もまたそういう季節が来てしまった
と、季節の流れを実感しました…。





でも、天気やカメラの調子を差し引いても、梅の撮影って難しいですね…。
木が高くないのでいまいち存在感も出ないし、育ちすぎると枝だけが異様にビニョ~ンと延びるし、
密集して植わっていても、なんだかこう、圧倒される感がないので、どう撮ればいいのか…
色も、濃いのはやたら濃いし、白い梅はピンクでもなく真っ白でもなく、うまく色が出ないし。
桜の淡いピンクってよく考えたら絶妙だなって思う。





人が多いとか書きましたが、ここは、梅林の中にどんどん入っていけるので、
人のいないポイントも探せばけっこう撮れます。それはいいです。
しかし、土日の昼前後についてはどの程度混雑するかは分からないので、なんともいえませんが。

      *   *   *

さて、ここで、いったん裏口から一時出場して、隣にある、世界の梅公園にも行ってみました。
そっちは次の記事で紹介しますのでこの記事内には載せませんが、
ここから下は、世界の梅公演を見てから戻ってきた後の分。


ここが裏口。一番南側(海側)の片隅にある。
一時的に出て、再入場可です。


世界の梅公園で、1時間半ほど潰してきたんだけど、
戻ってきたら、さっきより黄砂がかなりマシになってきてるような??
これぐらいならかなり許せるかも。
というか、一時出場前も、時間の経過と共にだんだんマシになってきてる気はしてたんですが
やっぱりそれは気のせいじゃなかったと思う。



これは、ミツバチの巣。
あちこちにあって、けっこうハチが飛んでます。刺されたりしないのかな?
皆あまり気にしてないようなので私も気にしないことにしてますが。







それにしても、最初に着いた時と比べたら、本当に、かなりいい感じになってきた。
黄砂自体が少し収まったのか、気温が少し下がってきたからなのか、
それとも、太陽の高さが、南中前後の時間よりも、少し傾いたぐらいの方が黄砂が目立たないのか、
その辺はよく分からないんだけど、
せめて最初からこれぐらいだったらもうちょっとやる気出たのにねえ。
この日はもう梅撮りにも飽きつつあったし、カメラも調子が悪かったので、
これから更に粘る気にはならなかったけど…。

人も、昼頃はけっこう混んでたのに、いつの間にかすごくすいてました…。
…次来る時は、昼時は避けよう…。
昼頃に来て、お弁当広げてる人が多かったですね…。





ま、そんな感じで、なかなかいろいろとかみ合わなかった梅林ですが、
またいつか、納得行く感じの日に行き当たるまで、挑戦しようと思います。
駐車場500円、入場料500円、計1000円ってのが痛いんですけどね…。
駐車場さえ無料なら、1シーズンに何回か来てみようかなって気にもなるし、
そしたら、そのうち当たる日もあると思うんですが…。


さて、上から見えていた菜の花畑ですが、駐車場のすぐ側なので、
いつも帰りに撮ります。近くで見ると、↓こんなのです。

梅よりも、更に苦戦…な、なんで? なんだか色がとてつもなく変。
…もっと何枚か撮ったのですが、あまりにひどくて他はもう載せません…。
遠景がダメな時はアップでごまかすっていう手もあるのですが、今回はカメラ故障につき、
アップで撮るとピントが来ない状態だったので、その道も絶たれ…。

2月に琵琶湖で菜の花撮った時はもう少しマシだったと思うので、
やっぱりカメラが壊れているせいかも…と思うことにして、修理を急ぐことにしました…。


→ 世界の梅公園 へ続く

花風景 index





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/469-6a82755d




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。